自宅で作る本格プリンレシピ♪なめらかカスタードプリンの作り方

執筆者: 久保田 晴子 職業:フードプランナー
はじめに

こんにちは、フードプランナーの久保田聖子です。

 

今回は、オーソドックスにして濃厚な味わいの「牛乳100%で作るカスタードプリン」のレシピをご紹介します。
材料もほぼ冷蔵庫にある物でOKなのに、まるでお店の物のようにとても美味しく仕上がります。

 

材料

仕上がり量は、180mlのプリンカップ約6個分になります。

キャラメルソース
  • 砂糖:100g
  • 水①:大さじ1
  • 水②:大さじ2(レンジでしっかりと熱くしておく)

 

プリン地
  • 全卵:4個
  • 卵黄:2個
  • 牛乳:500ml
  • 砂糖①:40g
  • 砂糖②:60g
  • バニラエッセンス:適量(バニラビーンズなら1/2本程度)

 

作り方
カラメルソース作り
  1. 砂糖と水①を鍋に入れ中火にかける。
  2. たまに揺すりながら底にある砂糖を溶かし、好みのこげ具合になったら鍋を火から下ろす。
  3. 温めておいた水②をいれ、しっかりと混ぜ合わせる。
  4. カラメルソースが熱いうちに、プリンの容器の底に等分に注いでおく。

 

最後に水を入れる際、大変はねやすいですので十分ご注意下さい。

 

 

プリン地作り

1. 小さな鍋に牛乳と砂糖①、バニラエッセンスを入れ、60度程度(触って熱いと思うくらいの温度)まで温める。
2. ボウルに卵黄、全卵を入れて軽くほぐす。

3. ボウルに砂糖②を加え、泡があまり立たないようにボウルを斜めにして、直線的な軌跡を描くよう丁寧に混ぜる。

 

卵は泡立てて気泡を入れてしまうと、焼き上がりの口当たりが滑らかになりません。卵をかき混ぜる際は、なるべく泡だて器を直線で動かして、泡を立て過ぎないようにすることをお勧めします

 

 

4.2のボウルに、温めた牛乳を3回に分けて入れ、その都度しっかりと混ぜ合わせる。

 


5.できるだけ目の細かい万能こし器で生地を裏ごしする。

 

オーブンで焼く
  1. カラメルソースが入っているプリンカップを、キッチンペーパー(もしくは布巾やタオル等でもOK)を敷いた天板に載せる。
  2. プリン液を、泡を立てないようにしながら等分に注ぐ。
  3. 天板にプリンカップの半分が漬かる位までの60度のお湯(分量外)を加え、170度に予熱したオーブンで15~20分焼く。

 

天板とプリンカップの間に、必ず厚手のキッチンペーパーやタオル、布等を敷きましょう。これにより、天板から直接熱が伝わるのを防ぎ「す」が入りにくくなります。

 

 

仕上げ
  1. プリンの表面が固まっていつつ、カップを揺らすと波打つくらいがベストな焼き具合(逆に、全く揺れないのは焼き過ぎです)。
  2. 丁度良い焼き加減になったら、オーブンから取り出して常温まで冷まし、冷蔵庫で5時間以上冷やします。
  3. 冷やしたカップのふちから細身のナイフを入れ、そのまま皿の上に少し勢いをつけてひっくり返します。型から抜けたらお好みの盛り付けをしてでき上がり。

 

牛乳100%ならではの美味しさ

ご紹介したレシピは、生クリーム等は入れず牛乳100%で作りました。
そのため、とろけるタイプの食感、と言うよりも、卵の力でゆっくりと固めた、滑らかで優しい味わいのぷるるん食感なプリンに仕上がっています。


また、素材がシンプルなので、プリンの味密度と風味がしっかりしており、食べ応えも抜群です。

 

 

おわりに

今回のレシピはいかがでしたか?

オーソドックスかつ濃厚なプリンが食べたい方には、お勧めの一品です。

この食感、ぜひ一度お試し下さいね。

 
 コラムニスト情報
久保田 晴子
性別:女性  |   現在地:関東  |   職業:フードプランナー

小学生から料理を始め、企業勤務を経て、現在、和洋のおかずレシピと
製菓(主に焼き菓子)のレシピのご提案を書籍・webで行っています。
また、「食/レシピ」とあわせて、食器、テーブル周り等も含めた、
「ストーリー性のある食の空間作り」の情報も発信していきたいと
思います。

【自身のブログ】
☆(ブログ)Vege&Soup
☆(URL)http://vege-and-soup.com/
お料理のレシピと日々の暮らしを中心に綴っています。
ぜひお気軽に遊びにいらしてください。

 

 グルメ・レストランのコラム