「いつまでに〇円貯める!」を決めよう。貯金を増やす「納期&貯め癖」のすすめ

執筆者: 荒川雄一 職業:国際フィナンシャルコンサルタント
「いつまでに」の意識をきちんとさせよう!

国際フィナンシャルコンサルタントの荒川雄一です。

さて、ステップ1で、ある程度自分の「人生設計」が描け、お金を貯める「目的」が明確になってきたら、次に考えることは、「いつまでに」という“納期”です。

納期を決める重要性

やりたいことはたくさんあっても、“納期”を決めなければ人間なかなか動くことができません。


「いつかは、英語を話せるように」とか、「今度こそ、5キロダイエットする」など、様々なやりたいことを決めたとしても、そこで“明確な納期”を決めないと、ほとんどの場合、失敗に終わります。
あなたも、そんな経験はありませんか?


とにかく「やりたいこと」が決まったら、必ず“納期”を決め、達成している自分のイメージを明確に持つようにしましょう。


それができれば、まず半分は成功したと言ってもよいでしょう。

無理のない納期(計画)を設定する
無謀な貯蓄計画はNG

「いつまでに」というゴールを決めることによって、よりあなたの達成意欲も湧いてきます。
ただし、無謀な設定はしても意味がありません。

 

仮にあなたが、現金で積立をして1000万円を貯めようと決めたとしましょう。
月5万円を積み立てたとして、年間で60万円です。
とすると、1000万円貯めるには、1000万円÷60万円=約17年という計算になります。


もし、あなたが5年で1000万円貯めようと思ったら、年間200万円、月約17万円の積み立てが必要になるということです。

 

月17万の貯金は厳しい…

それ相応の所得がある人なら可能かもしれませんが、なかなか簡単に継続できる金額ではありません。
したがって、まずは無理せず出来る範囲で、たとえ相当な時間がかかったとしても、“着実に実行できる計画”を立てることが大切です。


そして、いまは単純に「現金で積立」という例で話をしましたが、「投資」によって、その期間を短くできるチャンスも十分あります。

 

 

さて、ここで質問です
問「あなたはいつまでに1000万円貯めたいですか?」
答「                      」

 

「お金」は貯めだすと加速度的に増える?

ここでは、わたしのケースでお話をしましょう。

 

毎月5万を貯蓄

私の場合、22歳で社会人になったときの初任給は138,000円でした。
そのうち、毎月5万円を天引きで貯蓄しました。
幸い、親元から通勤していたため、「お金」が余りかからなかったからです。

 

ボーナスも貯蓄

また、初年度のボーナスも、周りの友人達は海外旅行などに使っていましたが、わたしは一切手をつけず、そのまま貯金をしました。
結果、社会人1年目で、100万円を貯めることができました。

 

まず100万円から貯めろ!

当時、ある先輩から、

 

「お金を貯めたいならまず100万円貯めろ。そうすれば、今度は、それより早く200万円になり、500万円にすることができる。まず、100万円貯めることができない奴は、いつまでたってもお金を貯めることはできない」

 

と言われたことがありました。


実際に、自分自身が100万円を貯めてみて、それを“実感”しました。
そのあと、200万、500万円と自然と貯まっていったからです。

まとめ

何故、加速度的に「お金」が貯まっていったのかについては、後のステップで改めて解説したいと思います。


ここで重要なことは、ステップ1で「目的」を明確にできたら、

 

無理のない計画を立てる → 納期を決める → まずは実行に移す


ということです。
「貯め癖をつける」、これが非常に重要なことなのです。

 
 コラムニスト情報
荒川雄一
性別:男性  |   職業:国際フィナンシャルコンサルタント

投資顧問会社IFA JAPAN®株式会社ほか、リンクスグループ3社の代表を務める。現在、経営コンサルタントのほか、金融機関に影響を受けない独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)として、国内外の金融商品を用いた「ポートフォリオ・マネジメント・サービス(PMS)®」の評価は高い。
また教育にも力を入れており、講演回数は800回以上。その他、日本経済新聞社、各マネー誌、フジTVなど執筆、出演も多数。

■ライセンス
経済産業省登録 中小企業診断士
国土交通省登録 公認 不動産コンサルティングマスター
日本FP協会認定CFP® 他

■メディア実績(執筆、取材など)
 ・日本経済新聞 、日経ヴェリタス 
 ・納税通信、税理士新聞
 ・富裕層向け雑誌「ミリオネア」「NILE’S NILE」
 ・フジテレビ「とくダネ!」、テレビ朝日「やじうまテレビ!」など

■著書
「海外分散投資入門 ―日本が財政破たんしても生き抜くためのノウハウ―」
(Pan Rolling社)
「海外ファンドのポートフォリオ」(Pan Rolling社)
「着実に年10%儲ける海外分散投資入門」(実業之日本社)
「投資のプロが教える初心者でも失敗しないお金のふやし方」(IFAメディア出版)

 

 お金・資産運用のコラム