PCのネットワークトラブルを回避!IPアドレス・DHCP・DNSの基礎知識 (2/3)

執筆者: 矢野勇雄 職業:パソコンサポーター
DHCPの基礎知識

それではIPアドレスは、どのようにして設定されるのでしょうか。
通常この役割を担っているのは、「DHCP(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル)」という仕組みです。


パソコンを起動した直後や、ブロードバンドルータ、無線LANルータなどに接続したときに、IPアドレスを含めたインターネット通信の基本設定が、自動的に設定されます。

 

この作業を行っているのが、ブロードバンドルータなどに組み込まれている「DHCPサーバー」と呼ばれる機能です。

 

DHCPによって設定されるもの
  • IPアドレスとその有効期間
  • デフォルトゲートウエイのアドレス
  • DHCPサーバーのアドレス
  • DNSサーバーのアドレス

 

この設定を確認するには?

「ネットワークと共有センター」を開いて、「アダプターの設定の変更」をクリックしてアダプタアイコンをダブルクリックします。

開いた画面にある詳細をクリックすると、DHCPで設定された情報が分かります。

 
 コラムニスト情報
矢野勇雄
性別:男性  |   職業:パソコンサポーター

福岡市とその近郊でパソコンの出張サポートをやっています。パソコンを使っていて困った際のサポートを行っています。具体的にはパソコンの初期設定、インターネットへの接続、ウイルスなど迷惑ソフトの削除、旧パソコンから新規パソコンへの各種設定・データの引っ越しなどをやっています。

 おすすめ新着コラム
     

     インターネットのコラム