初心者の一人Bar探し!プロが教える「居心地がいい行きつけのバー」の作り方 (1/2)

執筆者: 村田紘子 職業:カクテル案内人
行きつけにしたい「良いBar」の見分け方

こんにちは、カクテル案内人の村田紘子です。


今回は、行きつけのバーを作りたい方のために、良いバーかどうかの見極めチェックポイントについて、お教えします。

 

 

「テーブルチャージ」がある

以前の記事でも書きましたが、ある程度のテーブルチャージを設定しているお店を「行きつけ」にはお勧めします。

 

テーブルチャージを設定しているということは、「サービスに自信がある」ということです。
お酒は出てくるものの、店員さんの態度が悪いなどといったお店には、行きたくないですよね。

 

 

バーのテーブルチャージの平均は、500~1,000円程度でしょうか。

もちろん、ノーチャージのお店で、素晴らしい接客をしてくれるバーもあります。
そのようなお店を見つけた方はラッキーですね。

カクテルの価格が適正

バーに行ったはいいけれど、バー初心者は「お会計、いくらになるんだろう」と不安に思いますよね。

ここで1つの目安になるのが「カクテルの価格」です。

 

 

カクテルは、使う材料が決まっていますので、どこのお店に行っても、そんなに差が出るものではありません。

だいたい下記のような料金設定であれば、良心的なお店と考えて良いでしょう。

 

ロングカクテル(ジントニックなど)

800~1000円

 

シェイクをするショートカクテル(ギムレットなど)

800~1,500円

 

シャンパンやフレッシュフルーツなどを使ったカクテル

1,000~2,000円


もちろん、カクテルの素材にかなりこだわった結果、ジントニックが3,000円するお店があるかもしれません。

 

しかし、そのような場合は、バーテンダーが作る前に、一言お客様に説明と了解を取るのが良いバーです。

何の説明も無しに3,000円のジントニックが出てきたら、それはボッタクリバーですね。

 コラムニスト情報
村田紘子
性別:女性  |   現在地:東京都  |   職業:カクテル案内人

ミクソロジーの名店、西麻布Bar『amber』にて店長を務めた後、独立しフリーのバーテンダーに。
「カクテルをもっと身近に!」をモットーに、バーに来店しない方にもカクテルやお酒の楽しさを知ってもらいたくカクテル案内人として活動中。
フルーツ&ハーブコーディネーター、ミクソロジストとしても活動。
JADP認定メディカルハーブセラピスト取得。
旬のフレッシュフルーツやハーブを活かしたオリジナルカクテルやコンフィチュールが好評で、飲食店・バーやイベント等へ出張しカクテルを振る舞う他、自身のイベント主催、レッスン講師や執筆活動も行っている。
各種メディアへの出演、企業様へのレシピ監修も行い、2011年には書籍「 女の子のためのかわいいカクテル」を出版。


Official website http://www.cocktailconcierge.info
Blog http://ameblo.jp/fruits-harbs
facebook http://www.facebook.com/hiroko.murata.37
Twitter https://twitter.com/HIROKO__MURATA