「今は彼女いらない」という男性の心理とアプローチ方法 [臨床心理士が解説]

臨床心理士が解説!「今は彼女はいらない」という男性の本音を知りたい!男性心理に基づいたアプローチの仕方を伝授します。

執筆者: 石割美奈子 職業:臨床心理士 メンタルコーチ プロ家庭教師
「今は彼女はいらない」という男性の心理とアプローチ術

こんにちは、 えむ心理研究室の石割美奈子です。

「今は彼女はいらない」

 

そう言って恋人を作らない男性、いますよね。

そんな男性を好きになってしまった方は、どうアプローチしたら良いのか迷われることでしょう。


今回は、「今は彼女はいらない」という人の心理とアプローチ術に迫ります。

その男性は、恋愛に苦手意識があるタイプかも?

恋愛に苦手意識がある人は、「今は彼女はいらない」といって恋愛を回避することが多々あります。

あなたの好きな人がこのタイプかどうか判別する方法

「恋愛に苦手意識がある」というよりは「女性恐怖症のケがある」というほうが正確かもしれません。

あなたの好きな人が女性に対してトラウマや不信感があるかどうか、チェックすると良いでしょう。


つまづいたフリをしてグッと近くに寄って反応を見るとか、女性と話しているときの言動や仕草をチェックしてみてください。


また、恋愛系のトークになった時、やけにはしゃいだり無口になったりなど過剰な言動を取るのは恋愛に苦手意識がある人の特徴です。

 

 

このタイプの男性に効果的な恋愛アプローチ術

このタイプの人は、女性とのお付き合いや姉妹関係でトラウマがあることが多いようです。

そして「男たるもの弱みを見せちゃいけない」と思い込んで、余計に自分を追い詰めて恋愛から遠ざかりがち。


ただ茶化しあうだけの恋バナは逆効果。

異性関係における問題点を真面目に語り合うことをお勧めします。


また、このタイプの人はメンタル面で共感できる人を強く信頼します。

「メンタルが参っちゃったことがあってさ」など、あなたから弱音っぽい過去話をすると吉。

相手も自分のことを話し始めてくれたらこの恋は勝ったも同然です。


ただし、現在形の弱音吐きだと重すぎて面倒と思われることがあるので注意が必要です。

その男性は、特殊な美意識を持つナルシストかも

「今は彼女はいらない」と公言する自分って格好いい…

そんなエッジの効いた美意識を持つナルシストさんもいます。

あなたの好きな人がこのタイプかどうか判別する方法

このタイプかどうかチェックするには、この人の発言内容に注意してみてください。


特殊な美意識を誇るナルシスト男子は、「男>女」という図式が基本です。
男尊女卑的な発言をすることがあるなら、このタイプに当てはまる可能性が大きいでしょう。


また、ファッションや日常生活で使うアイテムにこだわる傾向もあります。

特に車やバイクに対して「今は愛車が彼女だから本物の彼女はいらない」なんて言う場合は、確実にナルシスト系男子です。

 

 

このタイプの男性に効果的な恋愛アプローチ術

正直、あまり彼氏にはお勧めしないタイプなのですが…惚れてしまったものは仕方ありませんものね。

このタイプの男性に効果的なアプローチを考えてみたいと思います。


基本的にナルシスト属性の人は賛美を求めます。
軽いニュアンスの「いいね!」では気が済みません。

 

「すっごーい!」

「マジヤバイ!」

 

このレベルの褒め言葉を求めています。

大げさなくらいに褒めてあげてOKです。
褒められれば褒められるほど、褒めてくれる人に懐いていきます。


ナルシストな人は気持ちがとても幼いことが多いので、彼についていく振りをしながら、あなたが主導権を握ると良いですよ。

 

その男性は、単に女性を寄せ付けたくないだけかも
「今は彼女はいらない」…


このセリフ、女性を寄せ付けないための口実で使う人がかなりいます。

 

あなたの好きな人がこのタイプかどうか判別する方法

寄せ付けない口実で「今は彼女はいらない」と言われてしまったらショックですが、とりあえずは本当に口実用の台詞だったのか確認しましょう。

 

何度か話しかけてみましょう。

嫌がったり無愛想になったりするようなら女性を寄せ付けない口実である可能性が高いです。


何か、今は本当に女性に近づいて欲しくない理由があるのでしょう。

 

このタイプの男性効果的な恋愛アプローチ術

このタイプの男性には、とにかく決してしつこくしないことです。
本気で彼をオトしたいなら、しつこくしない。

ここはぜひ守ってください。


しつこくなく印象に残す…そんなアプローチが最適なのですが、恋愛テクの手腕が問われるので恋愛駆け引き初心者さんには難しいかもしれません。


押して引いて、また引いて。

しばらくして、相手が「あれ?最近アイツから連絡来ないな」と思った頃に再び押す。
そんなタイミングでアプローチできれば最高ですが、とりあえず目指すべきは「私はめんどくさくない女だよ」ということを時間をかけて印象づけることです。

 

 

しばらくの間、気長にかつ途絶えずにコミュニケーションをとっていけば、おそらく相手の方から「今、彼女がいらない理由」を言ってくるでしょう。

 

そうしたら、まずは肯定して受け入れてあげて。

相手は批判や説得など求めていません。

共感を求めているのです。


そう、おそらく彼は「文句ばかりで自分のペースを乱してくるうるさい女性はいらない!」と思っているのでしょう。
彼のストライクゾーンを気長に探すことです。

「共感」と「駆け引き」を基本にアプローチをすること

ちょっと攻めづらいタイプもいたかもしれませんが、基本的に大事なのは相手への「共感」と適度な「駆け引き」です。

女性を本気で嫌がっているのでなければ、ほとんどの男性は共感されれば好印象を持ちますし、恋愛の駆け引きでは必ずドキドキします。


あなたの優しさから生まれる共感と、野性の本能による恋愛的駆け引きで、意中のお相手をオトせるよう祈っております。

 
 コラムニスト情報
石割美奈子
性別:女性  |   職業:臨床心理士 メンタルコーチ プロ家庭教師

えむ心理研究室室長、臨床心理士の石割美奈子と申します!よろしくお願い致します。

スポーツトレーナー、メンタルコーチ、心理相談員の経験を経てさらに心理学を深く学ぶ必要性を感じ、東京国際大学大学院臨床心理学研究科(博士課程前期)を修了。
臨床心理士の資格を得て、心理カウンセラー、メンタルコーチ、スポーツメンタルトレーナー(テニス・バレーボール等)、およびプロ家庭教師として活動しております。

2013年、心理学・教育学・スポーツ科学の統合的な研究と専門性を活かしたメンタルサポートをポリシーとする「えむ心理研究室」を立ち上げました。


【臨床心理士および「家庭教師カウンセラー」として】
心理カウンセラーとしては、精神分析を専門としており、主にカフェにてカジュアルなかカウンセリングを提供しています。
訪問心理療法、オンライン相談も承っております。

また、全国でも珍しい【臨床心理士でありプロ家庭教師でもある「家庭教師カウンセラー」】として、ご近所から遠方にお住いの方まで、幅広く学習支援と心理的な支援を同時にさせて頂いております。

得意な相談内容は以下のとおりです。

・不登校・ひきこもりの方と親御さんの支援
・発達の特性を持つ方と親御さんの支援
・夫婦関係の改善支援
・親子関係の改善支援
・精神分析的リワーク(復職支援)
・職場の人間関係の改善支援

日常生活ではなかなか得られない、心理的な洞察を深める和やかな相談時間をお約束します。

日本では「カウンセリング」というとまだまだ抵抗のある方も多いかと存じますが、より充実した日々を送るためのツールのひとつととらえて頂ければ光栄です。
どうぞお気軽にご相談ください。


【メンタルコーチとして】
スポーツ選手の方、
難関校合格を目指す大学受験生さん、
コミュニケーションに課題を感じる方を対象に、
メンタルコーチングをさせて頂いております。

勝利のために、夢を叶えるために、より良い対人関係のために。

精神分析を主軸とした自己洞察やイメージトレーニング、ロールプレイングなどを通じて一緒にがんばってまいります




コラムlatteでは心理学関連の記事を担当させていただきます。
ご覧くださった皆様にひとつでも参考にしていただける部分があるような、皆様の役に立つ記事を書き続けてまいります!


【石割美奈子の活動をお伝えする各サイトのご案内】

■カウンセリング・心理療法 えむ心理研究室
 http://ameblo.jp/m-f-culture

■スポーツメンタル強化コーチング
 http://tennis-mental.net

■臨床心理士×プロ家庭教師の学習支援
 http://ameblo.jp/m-freeproject

■えむ心理研究室 家庭教師カウンセラーのサイト
 https://m-shinri.jimdo.com/