肉 or 魚どちらが効果的?たんぱく質の働きと高タンパクな食材5選 (1/2)

健康、美容、ダイエットに効果的な栄養素「タンパク質」。不足しない食事方法を学びましょう。肉と魚、どちらがよいのでしょうか?

執筆者: 鍋谷萌子
タンパク質の効率的な摂り方

タンパク質は、非常に重要な栄養素です。

このことを知らない人は、いないのではないでしょうか。

今回は、このタンパク質の働きに着目していきます。

 

 

タンパク質不足は、なぜNG?
タンパク質は、筋肉の源

タンパク質は、人間の体を形作るために必要不可欠なものです。

私たちを構成している肌や筋肉、髪の毛や爪にいたるまで、このタンパク質が関わっているのです。

 

アンチエイジングにも欠かせない!

また、タンパク質は、体だけでなく各種ホルモンにも関係しています。

タンパク質が足りないと、新陳代謝が衰えて老け込んでしまいますし、内臓にも悪影響が及びます。

 

ダイエットにも必須

加えて、タンパク質が足りないと、どれだけ運動しても筋肉がつかないため、ダイエットを成功させることが難しくなります。

ダイエットのときは「高タンパク質・低カロリーがよい」と言われるのはこのためです。

 

タンパク質の含有量が多いのは、肉より海産物!

「タンパク質を摂るためには、肉類を摂るのがよい」と言われています。
これは間違いではないのですが、実は、肉類よりももっとタンパク質の含有量が多いものがあります。

 

「しらす干し、イワシ、いくら、すじこ」は、タンパク質たっぷり

それが、しらす干しやイワシ、いくら、すじこなどの海産物です。


特にしらす干しは、非常にタンパク質の含有量が多い食べ物として知られています。

これを毎日150グラム食べれば、男性が1日に摂取するべきタンパク質量をクリアすることができます。

 

イワシも、200グラムも食べればOKです。

 

「タンパク質を摂るなら肉類」と言われているのは、なぜ?

ただ、「タンパク質を摂るには肉類が良い」と言われるのには、理由があります。

 

大量に食べやすく、料理のバリエーションも豊富

それは、肉類は比較的加工が容易で、摂取することが簡単だからです。

タンパク質の含有量を、「肉」というカテゴリーにおいてランキング式で表した場合、次のようになります。

 

1位 牛肉の腱
2位 生ハム(長期にわたって熟成したもの)
3位 牛肉のミノ
4位 生ハム(促成)
5位 鶏ささみ

 

安価な「鶏ささみ」は、格闘家やスポーツ選手にも人気!

この中で、格闘家やスポーツ選手に特に愛されているのが、5位の「鶏ささみ」です。

 

これは安価であり、調理にも手間がかからず、かつ料理のバリエーションをもたせられるものだからでしょう。

そのタンパク質の含有量は、しらす干しの約58%にとどまりますが、「大量に食べられる」という点で優れています。

蒸して手で割いてサラダに乗せてよし、炒めてメインディッシュにしてよし、茶碗蒸しの具材として利用してもよしと、さまざまな使い方ができます。

 

 
 コラムニスト情報
鍋谷萌子

フードコーディネーター・フードアナリスト・コムラードオブチーズの資格を持ち、200件を超える食事系記事を手掛けてきました。
「速い・安い・おいしい」の料理記事、お任せください。
また、美容関係の記事も4000記事以上、福祉・医療・健康の分野でも各500記事以上のライティング経験を誇ります。
IT・骨董品・不動産(建築)・葬儀にも明るく、さまざまな質問にお答えすることができます。


ブログ:【記事屋】猫の手も借りたい
http://nabemoe-witer2012.seesaa.net/

 おすすめ新着コラム
     

     健康・医療のコラム

     美容のコラム

     趣味のコラム