オリゴ糖の種類と健康効能!便秘解消やダイエットに効果大♪

白砂糖より低カロリーで健康的な「オリゴ糖」。便秘を治す、ダイエットで飲み物やヨーグルトに入れるなど、使い方はたくさん!

執筆者: Latte Columnist
オリゴ糖の種類と効果効能

健康によい成分ということでよく知られている「オリゴ糖」。

このオリゴ糖は現在ではとてもメジャーなものであり、数多くのオリゴ糖が販売されています。

実は、「オリゴ糖」と一口に言っても、その種類はたくさんあるのです。
今回はオリゴ糖の種類と、それぞれの効果と効能について見ていきます。

 

 

オリゴ糖の主な種類
イソマルトオリゴ糖

オリゴ糖はたくさんの種類がありますが、そのなかでもよく知られているのが「イソマルトオリゴ糖」と呼ばれるものです。

甘味が濃厚で、熱を加えてもあまり変化しません。

そのため、熱を加えて作る料理にも気軽に利用ができます。


味と特性を踏まえて考えれば、煮物などがおすすめでしょうか。

値段も比較的安価です。
際立った効果や効能は見られませんが、オリゴ糖の特徴である「ビフィズス菌のサポート」などは問題なく行えます。

 

ラフィノース(ビート糖、甜菜オリゴ)

「ラフィノース」は、「ビート糖」「甜菜オリゴ」の名前の方がよく知られているかもしれません。

こちらも熱に強いオリゴ糖です。
肝臓機能やアトピーの改善に役に立つと言われているのですが、比較的低カロリーであるためダイエットにも向いています。

キシロオリゴ糖もまた、ラフィノースと同じように天然成分から取られます。

高い整腸効果が見込めるため、便秘や下痢に悩んでいる人におすすめです。

 

フラクトオリゴ糖

ミネラル分を効率よく吸収させてくれるということで着目されているのが、フラクトオリゴ糖です。

値段は高いものの、整腸効果や骨粗しょう症対策にも使えるオリゴ糖であり、健康と美容を第一に考えたい人に向いています。

 

乳果オリゴ糖

「オリゴ糖は確かに体にいいんだろうけれど、砂糖と比べて甘味が少ないのがちょっと……」という人は、乳果オリゴ糖をおすすめします。

 

オリゴ糖のなかでも甘味が強いもので、砂糖の代用品として利用できます。

それなのにカロリーが低いため、ダイエットにも効果的に使うことができます。


カルシウムの吸収を助け、胃腸の調子を整えてくれる効果があります。

 

まだまだある!オリゴ糖の種類と効果

これ以外にも、「ガラクトオリゴ糖」などのようにたくさんのオリゴ糖があります。
その一つ一つを自分の舌だけで味分けをするのは極めて困難ではあります。

 

また、どのオリゴ糖にもきちんとした有用な「効果」があります。

ただ、「骨粗しょう症対策をしたい」「砂糖の代用品として利用したい」「便秘を解消したい」という確固たる目的があるのなら、それにあったオリゴ糖を選ぶとよいでしょう。

 
 

 健康・医療のコラム