開運アドバイザー直伝!不安・不満・憎しみ…負の思考癖に気づいたら、解消する癖をつけよう

不安・不満・憎しみなど、自分を苦しめている思考を解消する方法を紹介。これが精神の自己成長を促し、ひいては幸運体質に繋がります。

執筆者: いずみえむ 職業:開運アドバイザー、神秘研究家
不安・不満・憎しみ…。自己成長を妨げる思考を解消する方法

こんにちは。開運アドバイザーのいずみえむです。


幸運体質に近づくためには、今の自分を成長させることが何より効果的です。
そこで今回は、「不安・不満・憎しみなど、自己成長を妨げる思考を処分する方法」をご紹介したいと思います。

 

「不要思考」を処分する

今回の自己成長テーマは、「不要思考を処分する」です。

年末大掃除の時期でもありますから、頭の中の不要な考えも処分していきましょう。

 

まずは、頭の中に居座っている、邪魔な不安思考を片付けましょう。

 

まずは「不要思考」を書き出してみよう

今、自分が何を不安に思っているのか、改めて書き出してみてください。

 

書き出したものを客観的に見てみると、そのほとんどは取り越し苦労であることが分かります。

もやもやとした不安を、具体的な言葉にし、安心できるような策をいくつか考えてみるだけでも、かなりスッキリしてくるはずです。

 

 

感謝によって「不満」を消す

次には、今自分がなにを不満に思っているかを考え、改めて言葉にして書き出してみてください。

 

「もっとお金があったら」とか「もっとスタイルがよかったら」とか、「もっと人間関係に恵まれていたら」といったことなど、出てくる人は多いかもしれませんね。

 

続いては、今の自分でも十分恵まれている点を見つけ出し、感謝していることを書き出してみましょう。

とりあえず衣食住には困っていなかったら、多少スタイルは悪くても健康であれば、職場の人間関係は悪くても、家族や友人に恵まれていたら、それだけでも十分感謝すべき立場にいるはずです。

 

感謝すべきことをたくさん見つけ出すことは、不満思考を減らすことに直結します。

 

 

思考によって「憎しみ」を消す

続いては自分の中にある、誰かを憎む考えにスポットを当ててみます。

 

憎むというのは思考というより、感情的なものですが、その感情をずっと引き起こしているのは、「あの人は私を裏切った!」というような、ある考えによるところは大きいものです。

 

憎しみの感情はそう簡単には消せないものですが、「あの人にも、このような良いところもあった」「そろそろあの人を許してあげよう」という考えを頭の中に上書きすることで、少しずつ感情もそれに釣られてくるものです。

 

 

おわりに

自分を苦しめているこだわり、偏見、完全主義など、こまごまとした思考のガラクタには、気づいた時点で「これは要らない!」と思う癖をつけていきましょう。

一気に片付けるのは難しいものの、まめに繰り返していくうちに、少しずつガラクタは排除されていくはず。

 

ガラクタ思考は家の中のガラクタ同様、「一朝一夕には片付かないもの」という心積もりではいたほうがいいかもしれません。

 コラムニスト情報
いずみえむ
性別:女性  |   現在地:東京都  |   職業:開運アドバイザー、神秘研究家

西洋占星術、心理学等を学び、占い師、占いライターを経て、現在は占いの範囲を超え、幅広い分野から開運や自己認識を研究。誰もが本来持っている「自己開運パワー」( 自らを幸せに導く力) を呼び起こすことに重点を置いた、ポジティブな生き方&生活術を提案。雑誌やWeb サイトなどで、執筆を中心に活動。

著書には、「星と月が導く幸運の法則 ~宇宙と同化して幸せを呼び込む魔法の習慣」毎日コミュニケーションズ 等。

*****ブログ*****

「開運スピリチュアル暮らし」
http://blog.goo.ne.jp/pagura85

「今あるモノで楽しく暮らす」
http://ameblo.jp/emu-izumi

「シンプル幸せライフ」
http://izumiemu.7narabe.net/