日本語で言えよ!と思ってしまう、ウザイ「ビジネス用語」12選

「コミットメント」「アジェンダ」「スキーム」「リスケ」など…カタカナのビジネス用語(IT用語)に混乱。「日本語で言えば?」「ウザイ」と思われがちな用語をまとめました。

執筆者: 釘崎アンナ 職業:サブカル研究家

 

「コミットメント」「アジェンダ」「スキーム」「リスケ」…

 

日本語で言えばよくない!? 」と思いつつ、

知らないとなんだか恥ずかしいような気がして、知ったかぶりしたりしてしまうカタカナビジネス用語

みんなが使うから仕方なく使ってる人も多いはず。

 

「日本語でよくない?」「ウザイ!」「分かりづらい!」と思われがちな、意識高い系ビジネス用語(IT用語)をまとめてみました。

 

乱用注意な「ビジネス用語一覧」

 

 

コミットメント(コミット)

(コミットメント/commitment)

目標を約束する、公約する、確約する、それに対して集中するなど、色々な意味で使われている言葉。

意外と間違って使っちゃってる人も多そう。

 

アジェンダ

(アジェンダ/agenda)

議題、課題項目、計画、予定表など。

「本日の会議のアジェンダを共有しておきます。」など、簡単にいえば概要のようなものです。

日本語で言った方が絶対にわかりやすいのでは…と、みんなこっそり思ってたりします。

 

ASAP(エーエスエーピー、アサップ)

(ASAP/as soon as possible)

つまり「できるだけ早く」「なる早で」っていうこと。

「この案件、ASAPでよろしく。」って、知らないと「は?」ですよね。普通になる早と言ってくれればわかるのに…。

 

イニシアチブ

(イニシアチブ/initiative)

主導権を握る、率先して動くこと。

「この件は、君がイニシアチブを取って動いて。」などと使われるけど、一発で理解しづらい…。しかも言いにくい…。

 

コンセンサス

(コンセンサス/consensus)

合意。相手の了承を得ること。

長くない?「了承」でよくない?と思いつつも、使いがち。

 

リスケ

(リスケジュール/reschedule)

つまり、予定を組み直すこと。予定が合わなくなってしまった時とかに「リスケしましょう」とか。

これ、プライベートの約束でもガンガン使う人多くないですか?「リスケしよ!」って。

使い慣れない人からすると「?」です。

 

ウィンウィン

(ウィンウィン/Win-Win)

お互いに得をすること。

「ウィンウィンの関係を築く」など。ビジネス以外でも割と使われています。

 

スキーム

(スキーム/scheme)

「枠組みのある計画」や「計画のある枠組み」のこと。

企業の事業計画のことを事業スキームと呼ぶことも。なんとなくの意味で聞き流しちゃってる人も多い用語の一つ。

 

デフォルト(デフォ)

(デフォルト/default)

初期設定、最初から決められているもののこと。

「デフォルトはこの仕様です。」元々〇〇だったということを話す時によく使います。

 

プライオリティ

(プライオリティ/priority)

優先度のこと。「このタスクは、プライオリティ高めで。」って…

「優先度高め」のが言いやすいし、伝わりやすくない?なんて、思いつつみんな使っているのです…。

 

アナウンス

(アナウンス/announce)

知らせること。意味自体はすぐ理解できますが、「この件、みんなにアナウンスしといて」って、「知らせといて」じゃだめなの?と、突っ込みたくなる。

 

モアベター

(モアベター/more better)

「より良い」「ずっといい」の意味です。

普通にそのまま日本語でいえば?って思うシリーズ。

また、英語としては間違いな言葉のようなので、外国人との会話では使わない方が無難かも。

 

適度に使うのが◎かも。

 

仕事をしていると、避けては通れない「カタカナビジネス用語」。

 

仕事上使うのは仕方ない。でもプライベートで、つい使ってしまうと「意識高すぎ」「かっこつけてる」「意味わからない」と批判される原因になるかもしれないので要注意…!

 

覚えておいて損はないですが、乱用はせずに適度に使うのをおすすめします。

 

 
 

 趣味のコラム

 ビジネス・経済のコラム