インスタントコーヒーをもっとおいしく淹れる方法!粉末の量やカップの温度、粉末製法を調整しよう

コーヒーソムリエ直伝!インスタントコーヒーの美味しい淹れ方を紹介。「インスタントはまずい」と思っている人は、フリーズドライか、スプレードライか、そして入れ方をチェックしてみて。

執筆者: 鍋谷萌子
粉末インスタントコーヒーの味を落とすNG行動してない?

インスタントコーヒーの良いところは、とても手軽に飲めること。

一般的なコーヒーのように豆をひき、水を入れて落とす…という必要がありません。

便利だからと、常備している人も多いのではないでしょうか。

「お湯を入れてまぜるだけ」と思われているインスタントコーヒーは、実は奥が深いのです。
今回は、コーヒーソムリエの資格を持つ私が、インスタントコーヒーの正しい入れ方についてお話していきます。

 

 

インスタントコーヒーを美味しく淹れる方法
まず、コーヒーのカップをお湯で温めておく

インスタントコーヒーに限ったことではありませんが、温かい飲み物をいれるときは、カップも温めておいた方がおいしく仕上がります。

この時に使うお湯は、ごく一般的なもので構いません。

 

事前にカップをしっかり温めることで、インスタントコーヒーの味は良くなります。
ここまですれば、インスタントコーヒーが、一般的な豆と似たところまで味が高まると言われています。

「この人の淹れたコーヒーは美味しい」ということで、社内での評判も上がるかもしれませんね。

 

適量を守って、コーヒーをカップに入れる

カップが温まったら、インスタントコーヒーを入れます。

カップ1杯につき、1袋が目安として、メーカーの推奨量をチェックしましょう。

 

ティースプーンを使って入れる形式の場合は、スプーン1杯が目安です。

多くの人は、「これくらいで足りるのだろうか」と不安に思うでしょうが、これで十分事足ります。

 

熱く沸騰させたお湯を注ぐ

ここに、しっかり熱く沸騰させたお湯を注ぎこみ、混ぜましょう。

砂糖やミルクは、この後に入れるものです。

 

美味しさにこだわるなら、製法もチェック!
インスタントコーヒーには、2種類の製法がある

また、インスタントコーヒーは大きく2種類に分けられます。

抽出したコーヒー液を一気に凍らせて作る「フリーズドライ製法」、コーヒー液から水分を蒸発させて作る「スプレードライ製法」の2通りです。

 

「フリーズドライ製法」の方が風味や香りが良い

コーヒー本来のおいしさを追及するのであれば、前者の「フリーズドライ製法」が、手軽さを重要視するならば後者の「スプレードライ製法」方が良いとされています。

 

見分け方は?

この2つは、外見上ではなかなか見分けがつきませんが、粉に注目してみてください。

「スプレードライ製法」が完全な粉であるのに対し、「フリーズドライ製法」はやや粒状です。

使い方が異なるので、買う前には必ず確認をしましょう。

 

 

「インスタントコーヒーなのに、なかなか粉がとけない」と悩んでいる人は、スプレードライコーヒー(水にも溶けやすい)でなく、フリーズドライ製法の粉を使っているのかもしれません。

 

おわりに

インスタントコーヒーは、その手軽さから、非常に人気の高いもの。

「仕事のお供だ」という人も多いのではないでしょうか。

 

毎日飲むものだからこそ、入れ方に一工夫したいものですね。

 
 コラムニスト情報
鍋谷萌子

フードコーディネーター・フードアナリスト・コムラードオブチーズの資格を持ち、200件を超える食事系記事を手掛けてきました。
「速い・安い・おいしい」の料理記事、お任せください。
また、美容関係の記事も4000記事以上、福祉・医療・健康の分野でも各500記事以上のライティング経験を誇ります。
IT・骨董品・不動産(建築)・葬儀にも明るく、さまざまな質問にお答えすることができます。


ブログ:【記事屋】猫の手も借りたい
http://nabemoe-witer2012.seesaa.net/

 

 グルメ・レストランのコラム

 生活のコラム

 ビジネス・経済のコラム