自宅で劇的に美味しいパスタを作る方法!茹で方や手順のコツ5つ

自宅で美味しいパスタを作るコツを紹介。簡単なようで奥が深いパスタのゆで方、塩、ソースの作り方などポイントを押さえてプロ並みに作れるようになりましょう!

執筆者: 雨宮あすか
自宅で美味しいパスタを作るコツ

パスタを作るのは簡単に思えますが、やってみると意外と難しいもの。

ちょっとしたさじ加減で、パスタは美味しくも不味くもなります。

 

美味しく作るには、どのような点に気をつければいいのでしょうか?

 

 

強火で茹でる

パスタは強火で茹でたほうが、美味しくなります。

よく耳にする節約術で、「お湯が沸騰したら火を止め、パスタを入れて放置しておくだけで茹で上がる」というものがあります。

 

確かに、この方法だとガス代・電気代を節約することができますが、パスタは残念な味になります。

パスタを茹でるときは、強火で、内側と外側が同時に茹で上がるようにしましょう。

塩をたくさん入れる

パスタを茹でるときは、質のいい塩をふんだんに使いましょう。

 

適切な分量は、パスタの種類によって異なります。

少し多いと感じるくらいでちょうどいいですが、茹でる時間が長いパスタは、少なめにしてください。

ソースの塩味が薄くても大丈夫なくらい、麺に塩味を染み込ませるといいでしょう。

 

茹でる時間はきっちり計る

パスタを茹でる時間は、「大体このくらい」といい加減に計るのではなく、タイマーを使用してきっちりと計りましょう。

適切な茹で時間は、パスタの種類やガスコンロの種類によって異なります。

何度か試してみて、適切な茹で時間は何分なのか、探ってみてくださいね。

ソースと同時に仕上げようとしない

初心者がいきなりソースとパスタを同時に仕上げようとしても、失敗するだけです。

慣れていない間は、先にソースを作ってから、パスタに取り掛かるようにしましょう。

茹で汁をソースに足す

茹で汁は捨てずに、ソースに足しましょう。

 

ソースは、そのままだと油っぽかったり、水っぽかったりします。

ですが、茹で汁を加えて乳化*させると、舌触りのいいソースに仕上がります。

 

*乳化とは … 本来混ざり合うことのない水と油を、混ざり合った状態にすること。

おわりに

パスタを美味しく作るルールについて、ご説明しました。

些細なことばかりですが、これらを守るだけで劇的に美味しいパスタが出来上がります。

パスタを作る機会があれば、ぜひ取り入れてみてください。

 
 コラムニスト情報
 おすすめ新着コラム
     

     グルメ・レストランのコラム

     生活のコラム

     趣味のコラム