秋から初冬がシーズン!カワハギ釣りの魅力と竿道具 -準備編-

執筆者: 房総釣り師
カワハギ釣りにハマろう

 

私は、カワハギ釣りに熱くなります。

 「面白い、悔しい、あの手この手、道具は増える、美味しい!」で、どっぷりハマってしまいました。

 

カワハギ釣りのお勧めは船釣り

今は船ではなく、主にボートからカワハギを狙っていますが、数を釣るならやはり船ですね。

カワハギのポイントを知っている船長が、あちこちを探ってくれます。

 

ボート(手漕ぎ)ですと、どうしても機動力がなく、ポイント移動があまり(殆ど)出来ません。

 

ボート釣りでは他の種類も釣れる

最近では浅場(10m位)専門で狙っています。

私のカワハギ釣りが船からボートに移ったのは、同時にアオリイカやアジ、運が良ければヒラメやショゴ(カンパチの子)、ワカシ(イナダの子)が狙える面白さの方にハマったからです。

 

「おのれ、カワハギ!」と、目を吊り上げて熱くなることはないでしょうね。

ゲーム性よりも、のんびりとした釣趣の方に好みが移ったからでしょう。

 

カワハギ釣りにハマってしまう理由

自分の事はさて置き、ある程度、船釣りに慣れて、更なる釣りものを楽しみたいと思われたら、ぜひ、東京湾の人気釣りもの、カワハギ釣りをしてみましょう。

 

ハマると「カワハギ地獄」という言葉もあるくらいで、思い切り熱中出来ます。

個人的な余談ですが、あまりにも釣れないことに悔し涙を滲ませたのは、このカワハギ釣りだけです。

しかし、そのような経験がある人は、たくさんいると思われます。

 

餌取りの名人、カワハギ

いずれにしても、カワハギは「餌取りの名人」と呼ばれるほど、アタリも何もないのに餌をアッという間に喰っていきます。

針には全く触れずにです。

 

初めての人は、必ずビックリします。

釣れないので竿を上げてみると、針の餌はどこにもありません。

活性が高い時には、底に錘が付いた瞬間に、餌がなくなります。

まさに秒殺です。

 

しかし、餌が取られるという事は、そこにカワハギがいるという事です。

そこから、熱いゲームが始まります。

 

カワハギ釣りは道具が大切
カワハギ釣りは道具の感度がモノを言う

私自身は、竿やリールの機能性に拘らない方なのですが、カワハギだけは違います。

 

なぜなら、カワハギと闘うではなくて、遊ぶためには、道具の絶対的な感度が物を言うからです。

それは、穂先の感度と巻き上げが容易なベイトリールです。

 

頻繁に底を取りなおしますから、リールのクラッチは横ではなく真ん中に付いている方が良いでしょう。

私はABUファンなので、リールの巻き上げがしやすいように、他社製のハンドルに変えてカワハギ釣りに臨んでいます。

 

 

和竿に良く似たグラス素材の竿

私のカワハギ竿は、今流行っているような新素材の物とは違って、良く「和竿」に間違えられるような、少々レトロな感じのヘビー目の竿です。

 

和竿に間違えられるのは、その色と質感、仕上げ、そして穂先が「クジラのひげ」に見えるためです。

実はグラス素材の竿です。

和竿では、布袋竹のグリップに竹の胴、穂先の感度を出すのに「クジラのひげ」を使います。

セミクジラの物が最高とされています。

 

これは好みですが、軽い竿の方が釣りをしていて楽なのですが、私は「見た目」で選びます。


カワハギ竿は、他にも何本か持っていますが、その中で一番重いこの「夫婦橋」という名の竿がメインの竿です。

穂先の感度が最高なのです。

 

夫婦橋という竿の名前の由来

ところで、どうしてカワハギ竿で「夫婦橋」という名前なのでしょう。

カワハギ釣り好きには、まさにメッカと呼ばれる三浦半島の久比里という漁港の近くに「夫婦橋」という橋があり、それが由来です。

 

カワハギ竿造りでは名の売れたお店の製品です。

「ハギの心」という名の竿もあります。


 

久比里の船宿

この久比里にある船宿は、知る人ぞ知る老舗で、年中カワハギ船を出しています。

恐らく「夏カワハギ」をやるのは、ここくらいではないかと思います。

ここには「カワハギ命」の方たちが、平日・休日を問わず集まってきます。

 

必ずカワハギ用の竿で釣ること

カワハギは俗に九一といわれる、かなり「先調子」の竿を使います。

これでないと、あのカワハギが餌を口に入れた時のアタリを取って、その硬いオチョボグチに針を掛けられないのです。

 

私は一度、タックルを忘れて、適当にアオリイカの竿でカワハギを狙ったことがありました。

全くの釣れませんでした。

生まれて初めて、カワハギでボウズ(一匹も釣れない事)を喰らいました。

カワハギに関しては、必ずカワハギ用の竿で臨んで下さい。

 

もちろん、船宿の貸し竿で大丈夫です。 

 

おわりに

さて、カワハギ釣りの魅力と準備についてお伝えしました。

次回は実際の、カワハギ釣りのやり方やコツなどをご紹介してまいります。

 
 コラムニスト情報
房総釣り師
性別:男性  |  

サラリーマン経験もありますが、殆どフリーランスで仕事をしてきました。何でもやるプランナーで、けっこう以前ですけど、数年某商業誌で連載を持っていたこともあります。企画書書き、マニュアル書き、テキトー広告コピー、パンフレットのコピー書き、サイト制作、ゴーストライター、何でも仕事に飛びつく、魚のカサゴの様なものです。実はこのカサゴ、オニカサゴにハチカサゴ、ウッカリカサゴ、本カサゴと多種ですが、好きな釣りものです。今は「釣りをするため」に働いています。

 

 趣味のコラム