混ぜて固めるだけ!コクあり「ドライフルーツバター」の作り方&アレンジレシピ

栄養満点ドライフルーツをぎっしり使った、簡単フルーツバターのレシピ手順!トーストやおつまみ、料理にもアレンジがききます。

執筆者: Lilico(大本紀子) 職業:会社員、家庭料理研究家
はじめに

ドライフルーツとは、天日や砂糖漬けで乾燥させた保存食です。

フリーズドライ製法などもあり、保存性の高さだけではなく、その栄養価にも注目が集まっています。


ドライフルーツはそのまま食べるだけでなく、料理やカクテル、パンや製菓の材料としても幅広く使われているのですよ。

 

ドライフルーツに適した果物と呼び名
  • ブドウ(干しブドウ、レーズン、カレンツ)
  • いちじく(ドライフィグ)
  • 西洋すもも、プラム(プルーン)
  • 柿(干し柿)
  • 杏(アプリコット)
  • カーラント(赤スグリ)
  • オレンジの皮(オレンジピール)
  • レモンの皮(レモンピール)
  • クコ(クコの実)
  • リンゴ(ドライアップル)
  • ナツメヤシ(デーツ)
  • ブルーベリー
  • クランベリー
  • マンゴー
  • パイナップル
  • パパイヤ
  • バナナ など

 

女子に嬉しいダイエット食品

ドライフルーツは、美肌やダイエットにも良いとされています。
その理由は、一番は食物繊維の多さでしょう。
ビタミン量ではフレッシュフルーツに劣りますが、皮ごと食べるドライフルーツは、食物繊維の宝庫です。


また、フレッシュな物に比べて良く噛むため、満腹中枢が刺激されて満腹感が得られやすく、甘味も凝縮されているので満足感も高いのです。
水溶性の食物繊維は消化に時間が掛かるので、腹持ちも良いと言われています。

おうち飲み会や朝食にもお勧めのフルーツバター

ドライフルーツをカットして、チーズと一緒におつまみとしてお出しするのも良いのですが、時には趣向を変えて、写真のようなおつまみはいかがですか?

 

 

無塩バターにドライフルーツを混ぜ込んだフルーツバターです。
こんな風にクラッカーに乗せたり、薄くスライスしたパンに乗せて食べると美味しいですよ。
朝食では厚切りトーストに乗せたり、切り込みを入れてポケットを作り、そこへバターを差し込むポケットパンもお勧めです。

 

 

他にも、ステーキや甘辛く味付けをしたお肉の上にトッピングするのも楽しいですよ。

 

 

フルーツバターのレシピ

フルーツバターは、とても簡単に作ることが出来ます。

 

材料
  • 無塩バター…100g
  • 好みのドライフルーツ(いちじくなどの場合は小さくカットする)…70g

 

作り方
  1. 無塩バターは、室温に出して柔らかくしておきます。


  2. 柔らかくなったら、好みのドライフルーツを入れて混ぜ合わせます。


  3. ラップを広げた上に②を乗せ、棒状にまとめて冷蔵庫で冷やし固めます。


  4. 固まったら、好きな厚さに切ってお楽しみ下さい。

 

おわりに

ドライフルーツはダイエットだけでなく、心筋梗塞や糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果があるそうです。


女性だけでなく、男性の方も、大人のおやつタイムやおつまみに、ぜひドライフルーツを取り入れてみて下さいね。

 
 コラムニスト情報
Lilico(大本紀子)
性別:女性  |   現在地:広島県  |   職業:会社員、家庭料理研究家

平日はフルタイムの会社員。フードの仕事は主に休日に行っております。

3人のわんぱくキッズとともに、簡単おうちごはんと焼きっぱなしのおやつを愉しんでいます。
夢はカメラとお気に入りの本を持って、世界中へ食べ歩き旅行に行くこと。


おうちごはん&おやつ「Picnic」主宰。※不定期
第3代レシピの女王としても活動中☆

ブログ:「ハレの日ごはん」http://ameblo.jp/petitcocotte/


2014年7月新刊『大本さんちのハレの日おやつ』が発売されました!
2013年12月発行の『まいにちがハレの日ごはん』も絶賛発売中です!

 

 グルメ・レストランのコラム