簡単ワンプレート朝ごはん!おうちカフェを彩る盛り付けのコツ&レシピ画像集

執筆者: Lilico(大本紀子) 職業:会社員、家庭料理研究家
はじめに

カフェご飯の定番「ワンプレート」。

ワンプレートに盛り付けると、自宅でも簡単にカフェご飯を楽しむことが出来ます。

 

「おうちカフェ」初心者の方でも、今すぐ出来るワンプレートご飯。

まずは朝食から始めてみませんか?

 

ワンプレートとは

ワンプレートとは、その名の通り1つのお皿に、主菜からデザートまで全てを乗せたものです。


しかし、全部乗せないといけないかというと、そうではありません。
パンと野菜サラダとフルーツの3つを乗せただけでも、立派なワンプレートご飯なのです。


1つのお皿にいくつかをまとめると思えば、難しく考える必要はありません。

ルールはありません。

自分好みに色々とアレンジして楽しみましょう。

 

 

盛り付けのコツ

もしも、盛り付けに困ったら「色」で決めてしまいます。


赤、黄、緑、この3色があれば、どんなプレートも映えるはずです。
全てを料理したものでカバーすることは、時間もかかるし難しいので、切ってそのまま出せるものや、レンジ加熱で簡単に作れる野菜や果物を上手に利用しましょう。


赤はプチトマトやパプリカ、いちごなど。

黄色は卵。

緑はブロッコリーやレタス、アスパラなどがお勧めです。

 

 

ご飯メニューも楽しめる

パンにするとメニューが決まりやすく、カフェっぽい雰囲気が出せます。

また、朝食にも出しやすいですよね。

しかし、パンだけにこだわらなくても、ご飯メニューでも大丈夫です。


少し変わったおにぎりを作ってみたり、雑穀米を使った稲荷寿司なども、良いかもしれません。

 

 

プレート選びのポイント

大きめのお皿を大胆に使うことも、お洒落に見せる1つのポイントです。

大きさだけでなく、素材、色、ツヤなど、プレート選びは迷ってしまいます。


もし最初の1枚として買うなら、木製プレートが断然お勧めです。
どんな料理でも、カフェの雰囲気を出すことが出来ます。

また、プレートの上に食器を重ねる場合も、クリアなもの、白いもの、マットなもの、どんな素材とも相性が良いという点でも使いやすいのです。

 

 

メニュー例

  • 自家製スコーン
  • 目玉焼き&ベーコン
  • レタス&プチトマト
  • フルーツ乗せヨーグルト


おわりに

1つのお皿に色々入っていることで、わくわく楽しくなるワンプレートご飯。
素敵なプレートが1枚あるだけで、誰でも簡単に自宅でカフェ気分が味わえます。

 

 

昨夜の残り物を少しずつ並べるだけでも良し、料理が苦手な人は買ってきたものを並べても良し、とにかく1つのお皿にまとめて並べてみましょう。

お気に入りのワンプレートが、きっと増えていくはずです。

 
 コラムニスト情報
Lilico(大本紀子)
性別:女性  |   現在地:広島県  |   職業:会社員、家庭料理研究家

平日はフルタイムの会社員。フードの仕事は主に休日に行っております。

3人のわんぱくキッズとともに、簡単おうちごはんと焼きっぱなしのおやつを愉しんでいます。
夢はカメラとお気に入りの本を持って、世界中へ食べ歩き旅行に行くこと。


おうちごはん&おやつ「Picnic」主宰。※不定期
第3代レシピの女王としても活動中☆

ブログ:「ハレの日ごはん」http://ameblo.jp/petitcocotte/


2014年7月新刊『大本さんちのハレの日おやつ』が発売されました!
2013年12月発行の『まいにちがハレの日ごはん』も絶賛発売中です!

 

 グルメ・レストランのコラム