発酵なしで本格手作りピザが焼ける!薄力粉を使ったサクサク生地の作り方レシピ

執筆者: 小山有希 職業:料理研究家・パン教室主宰・薬膳アドバイザー・ハーブコーディネーター・食育アドバイザー
はじめに

こんにちは、料理研究家の小山有希です。

 

今回は、パパッと作れる簡単な手作りピザをご紹介します。
イーストを使っている本格派の生地なのに、1次発酵も2次発酵もなしで焼けるのです。


この生地さえ覚えておけば、急な来客の咄嗟のおもてなしや、ホームパーティーにもぴったり。
それでは、とても便利な手作りピザ生地のレシピをご紹介をしましょう。

 

 

手作りピザ生地のレシピ(3枚分)
材料
  • 強力粉       200g
  • 薄力粉       100g
  • ドライイースト   小さじ2
  • ぬるま湯(約38度)  180ml
  • 塩         小さじ1
  • 砂糖        大さじ1
  • オリーブ油     大さじ1
  • ※薄力粉      大さじ4
  • ※熱湯       大さじ2
  • ピザソース     適量
  • その他お好きなトッピング 好きなだけ

 

作り方

1.湯だねを作る

※の薄力粉に、※の熱湯を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

軽く手で丸め、冷ましておく。

 

 

 

 

2.イースト水を作る

ぬるま湯に、分量の砂糖の一部少々とドライイーストを加え、溶かす。

 

 

3.材料を3分くらい混ぜる

ボールに粉、塩、砂糖、オリーブ油、湯だねを入れ、イースト水を砂糖目掛けて加える。
粉と湯だねが均一になるまで良く混ぜ、手で軽く押し混ぜたり、両手で揉み混ぜたりする。

 

 

 

4.分割(普通は一次発酵ですが、湯だねパンは一次発酵不要!)

生地を混ぜたら一つに丸めて、うち粉をしてまな板に移し、包丁またはスケッパーで3等分にする。

 

5.丸める

分割した生地を手で軽く包み、まな板の上で円を描くように丸める。
閉じ目は下にする。

 

6.ベンチタイム

5.の生地に、乾燥させないように固く絞った濡れ布巾をかけて、生地を10分休ませる。

 

7.円形に伸ばす

生地を丸め直し、めん棒で30cm×30cmくらいの円に伸ばす。
めん棒が無ければ、手で伸ばしても良い。

 

 

8.トッピングする

生地をオーブンペーパーに乗せ、ピザソースを塗り、バジル、チーズ、トマト、コーンなどお好みの具材をトッピングする。

 

9.焼成

2次発酵させずに、オーブンで熱しておいた天板に、オーブンシートごと移し、220℃のオーブンで約7~13分焼く。


オーブンの癖があるので、お好みの焼き色が付くまで加減して下さい。

 

 

おわりに

友達が来た時には生地を予め用意しておくだけで、好きなトッピングを乗せて、各々オリジナルのピザを作ったりすると、パーティも一層盛り上がります。


前日に生地だけを焼いておくと便利ですよ。
200度で約5分焼くと、発酵が止まり、冷蔵庫や冷凍庫にて保存が出来ます。
ぜひ、色々なアレンジをして、様々なシーンでお楽しみ下さいね。

 
 コラムニスト情報
小山有希
性別:女性  |   職業:料理研究家・パン教室主宰・薬膳アドバイザー・ハーブコーディネーター・食育アドバイザー

料理研究家。パン教室を主宰。薬膳アドバイザー・ハーブコーディネーター・食育アドバイザー。 雑誌・企業のレシピ考案、テレビ出演、商品開発、記事執筆など幅広く活躍中。 『医食同源』『予防医学は食卓から』をコンセプトに、体に良い食べ合わせや食材の持つ効能・効用を効率的に摂れる簡単アレンジレシピを得意とする。
公式ブログ:料理研究家小山有希の健康レシピ
http://ameblo.jp/nei3recipe/
『美味しく食べて、健康に美しく!』をモットーに、簡単にできて、身体に良いレシピをご紹介しています。

 

 グルメ・レストランのコラム