可愛くて華やかなチョークアート看板の魅力!必要な道具・材料や作品を紹介 (2/2)

執筆者: 大地 由希子 職業:建築士・チョークアーティスト

チョークアートを始めよう

道具を揃えて、チョークアートを始めてみてください。


黒い板

チョークアートを描くには、黒く塗装した板が必要です。

プロは、切り出した板に下地材を塗って自ら作りますが、初心者は既製品を購入すると良いでしょう。


オイルパステル

画材はオイルパステルで、初心者~初級向けには、ぺんてる「専門家用パス」が最適です。

油と顔料を多く含有するため、粘着性に優れ、発色が鮮明。

ブレンディング(指で混色して馴染ませる作業)が容易に行えます。

 

もし手に入らなければ、学童向けオイルパステル(クレパス)で代用も可能。

ただし、発色と伸びはかなり劣るとお考え下さい。


同系色がある程度揃っていないとグラデーションが作れないため、36色以上のセットををお勧めします。

 

おわりに

いかがでしょうか、チョークアートに興味を持って頂けたでしょうか。

次回は、説明に沿って実際にチョークアートを描いてみましょう。

季節に合ったモチーフをご用意いたします。

 

Join us !!チョークアートでつながろう!

 
 コラムニスト情報
大地 由希子
性別:女性  |   職業:建築士・チョークアーティスト

建築士。
プロチョークアーティスト。チョークアートインストラクター。

水彩画で培った知識と技術を活かし、日々チョークアート制作に意欲的に取り組んでいます。
雑貨店、飲食店等の店舗看板を多数手がけ、「笑顔で働きたいママのフェスタ 」「アートマルシェ新宿」「犬展2014」「チョークアートの織りなすイタリアの世界展」など、展示会やイベントへの出展も精力的にこなしています。

インストラクターとして、埼玉県志木市の自宅教室、「SDカルチャー新所沢パルコ」「読売カルチャーセンター浦和」「浦和トレノーヴェ・カフェスクール」にてチョークアート講座を開講中。
出来るまで根気よく教える丁寧な指導がモットーです。
子供会や老人施設への派遣ボランティア講師としても、積極的に活動中です。

建築士の資格を活かし、チョークアートを用いた内装インテリアを手がけるのが、当面の目標です。

【ホームページ】 http://tinygaia.wix.com/yukiko-chalkart
  【ブログ】  http://ameblo.jp/hiiragi1710

 

 趣味のコラム

  このコラムに関するタグ