クレープみたい!トルコの朝食メニュー「ギョズレメ」の作り方レシピ

執筆者: Miiko
はじめに

今回はトルコの軽食、ギョズレメをご紹介します。

 

ギョズレメは朝ごはんとしても良く食べられるメニューです。
クレープのような感覚で、小麦粉を練った生地を薄く伸ばしたものに、色々な具材を挟んで焼いたものです。
メジャーなのはチーズとサラミ、チーズとほうれん草、トマト味のポテトペーストなどがあります。
自分で作るときは、好きなもの何でも良いのですが、その中でも私が一番好きな具材で紹介します。 

 

 

ギョズレメのレシピ
材料: 1枚分
  • ギョズレメの生地 1枚 (春巻きの皮で代用可)
  • バター      好みの量で(現地はたっぷり使います)
  • チーズ      粉チーズなら大匙3-4杯分、スライスチーズなら4枚ほど
  • 青唐辛子     1本(ピーマンでも代用可)
  • トマト      1個 

 

 

作り方

1.

トマト・青唐辛子は細かく切ります。

 

2.

フライパンを熱しバターをひきます。

 

3.
フライパンに生地を広げチーズ・トマト・青唐辛子を乗せ、四角に折り畳みます。

 

4.
裏表ひっくり返しながらこんがり焼き色が付いたら出来上がり。

 

ひっくり返すたびに、バターを表面に塗るとより現地風に。

カロリーが気にならない方は是非お試し下さい!

 

 

ギョズレメの食べ方

食べやすい大きさに切って、くるっと巻いて食べるのがトルコ風です。
バターをたっぷり含んでいるので、生地もしっとりしていて巻きやすいのです。

 

私が作るのはバターが少ないので、パリパリで巻きやすくないのですが…。 

 

 

生地から手作りされたギョズレメ

本当はこんな風に、生地からアンネ(お母さん)が手作りし、サチと呼ばれる大きな鉄板で焼きます。
お店によっては目の前で焼いてくれたものを食べれるところもあります。

焼き立ては本当に美味しいですが、冷めても美味しいのがギョズレメの良いところです。 

 

 

おわりに

トルコ風クレープギョズレメ。
トルコに来たらスーパーで簡単に生地は手に入ります。

日持ちはあまりしないので、日本お持ち帰りの際は急いで食べて下さいね。


日本では春巻きの皮などで代用出来ます。
日本風ギョズレメのアレンジのお勧めは、ポテトサラダなどが余った場合具材にして焼くと美味しかったですよ。
好きな具で楽しんでみて下さい。  

 
 

 グルメ・レストランのコラム