職場(会社)やオフィスでのアロマ活用術!デスク仕事中におすすめの精油も紹介 (1/2)

執筆者: 市井 真太郎 職業:アロマセラピスト AEAJ認定アロマテラピー検定資格講師・アロマテラピーアドバイザー講師
はじめに

こんにちは、オーガニックアロマギフトのアロマセラピスト蒼太です。

オフィスで仕事に集中していると、PC作業による肩こり、眼精疲労やストレスがたくさん溜まります。
アロマには精神的にリラックスをもたらす作用がありますが、あなたが精油の香りが好きだからと言っても、大部屋で老若男女様々な嗜好の人がいるので、周りにも気を使う必要があります。

まわりに気を使いすぎると、アロマを楽しめなくなります。
オフィスでもせっかくのアロマを楽しみたいという方のために、リラックスしたり、集中力を高めたり自分の気持ちを盛り上げてくれる”精油と使用方法を紹介します。

 

 

嗅覚について

大前提は、「他人に香りという面で迷惑をかけない」ということ。

嗅覚は、人間の五感の中でも最も古い機能のひとつです。


さらに、女性の嗅覚は男性よりもよっぽど鋭く、そのため、複雑なニオイ成分を配合するお花の香りを女性は分析できるので、ローズなどを女性が好む傾向にあるのです。

逆に、男性は複雑な化学構造をしたニオイを「悪臭」と認識するので、女性が好きな香りと男性のそれとは相違するケースが少なくありません。

自分のスペースだけに芳香させる

たくさんの人と共同で仕事や生活をする以上、周りの嗜好や事前に同意を得ておくことがとても大切かと思います。

なかなか聞きづらいですよね。

そんなときは、少スペースしか拡散しない機器ややり方を工夫すればアロマを十分楽しむことができます。

 

 

オフィスでおすすめの芳香浴方法

噴射型ではなく、ほのかに香るタイプを選びます。

 

アロマペンダント

首から提げるタイプのペンダントは、自分にしかわからない微量の香りですから周りにも迷惑はかからず楽しめます。

また、デザインでも楽しむことができます。

 

 

USBアロマディフューザー「超音波式&ファン式」

大きなディフューザーだと、お部屋中(6畳~8畳)の人まで香りが飛んででしまいます。

ですから、自分のPCのUSB端子に接続するタイプのディフューザーを利用してみましょう。
省スペースですし、自分の周り+α程度の芳香力があります。


隣や、正面に座っている同僚の方に了解を得るなどをしておけば十分楽しめます。
また、オフィスの隅の席であれば、「ファン型」のアロマディフューザーもあります。
角度や強さを調節すれば楽しめそうです。

紙・ガラス・陶器に垂らす

机の隅に精油を垂らすだけでも十分。熱や風や超音波で拡散するわけではないので、周りにも気づかれない香りです。

ただし、そもそも自分でも香りを楽しめない可能性があるのでご注意ください。

 

 

マスクにアロマスプレー

アロマスプレーを自作して、マスクにシュッとひとふき。

マスクの周りが香るので自分だけ楽しめます。
ただし、息苦しいのとスプレーを正しく作る必要があります。

 

 

オリジナルブレンドオイルで、ハンドマッサージ

植物油に精油をブレンドしたものを自作し、休憩中に手やふくらはぎや首筋に塗ります。

同時に軽くマッサージしてあげるとより集中力が出ると思います。

 

 
 コラムニスト情報
市井 真太郎
性別:男性  |   現在地:東京都  |   職業:アロマセラピスト AEAJ認定アロマテラピー検定資格講師・アロマテラピーアドバイザー講師

《経歴》
  ▽男性ならでは目線で、アロマと美容を語る。
   メディア出演・執筆・webコラムなど多数

《公式ページ》
▼ブログ http://ameblo.jp/nortice/
▼HP http://lotus-aroma.com/
▼Facebook https://www.facebook.com/OganicAromaOgaaro
▼Twitter https://twitter.com/no1111111111