剥がれる、でこぼこ、線…爪の病気から分かる健康状態。主な症状と原因まとめ

執筆者: sachi 職業:ネイリスト
はじめに

爪は健康のバロメーターと言われるように、体のあらゆる症状が爪に現れます。
乾燥によって起こる症状や、その他病気の可能性も否めません。


爪に異常を感じた場合には、早めに病院に行き、医師の正しい診断を受けるようにしましょう。 

 

 

爪の異常

爪の異常には、遺伝や生まれつきなどの「先天性」のものと、怪我や病気による「後天性」のものがあります。

また、外から見て、色でも判断することが出来るものもあります。
ジェルネイルなどをしている場合は分かりにくいので、取り外した際に確認しましょう。
他にもアレルギーや慢性の炎症、カビなどによる伝染病など、皮膚疾患によるトラブルもあります。

下記に爪の異常を、症状と原因別にまとめましたので、心当たりのある方は確認してみて下さい。 

 

主な症状と原因
爪の表面が青紫

肺疾患や、先天的な疾患によるものです。
青味だけではなく紫味を帯びていることが特徴です。

 

黒っぽい紫色になっている場合は、チアノーゼ状態が考えられます。

悪性の貧血や心臓疾患の可能性がありますので、早めの受診をお勧めします。 

 

卵殻爪(ランカクソウ)
  • 症状:爪が白く薄くなり湾曲してきた 

栄養障害(ダイエット)や、内臓疾患が原因の可能性があります。

 

爪甲剥離症
  • 症状:爪と皮膚が剥がれてしまう

洗剤の多用や、強い衝撃などによって起こります。

 

爪の縦筋
  • 症状:爪の表面に縦に線が現れる 

主に老化と乾燥が原因です。
しっかりと保湿しましょう。

 

爪の横溝
  • 症状:爪の表面に横筋が現れる 

外傷や栄養障害などが原因の可能性があります。

 

匙状爪甲(スプーンネイル)
  • 症状:爪がスプーン状にへこむ 

貧血や鉄分不足によるものです。
栄養が偏らないよう、バランスの良い食事を心掛けましょう。

 

爪白癬(爪水虫)
  • 症状:爪の表面が黄白色に変化したり、剥離したりする 

白癬菌の侵入によるトラブルです。
放っておくと、爪がボロボロになってしまいます。
内服薬と外用剤を使用すれば完治する症状ですので、早めの受診をお勧めします。 

 

イボ
  • 症状は様々だが、爪周囲の点状の褐色変化や爪下の確執増殖等が特徴的 

イボはタコと違い、イボウィルスによる伝染病です。
触れると伝染して増えます。専門医への受診をお勧めします。 

 

緑膿菌感染(グリーンネイル)
  • 症状:爪が一部緑色に変色する 

爪甲剥離症などの主原因に、二次的に細菌が伝染します。
最近ではジェルネイルの根本が浮いて、水分が蒸発せずになる方もいます。
こまめなメンテナンスを心掛けましょう。 

 

爪甲委縮症
  • 症状:爪甲はもろく小さく剥がれ落ちる 

皮膚疾患や内臓疾患が原因の可能性があります。

 

おわりに

上記症状は、外的な原因と内的な原因に分かれます。
中には、体の病気を発見する糸口になるような症状などもありますので、爪の異常を感じたら、医師に相談することをお勧めいたします。

爪の状態を見て、病気を未然に防ぐことが大事ですので、代表的な症状だけでも覚えておくと役に立ちます。
1度チェックしてみて下さい。 

 
 コラムニスト情報
sachi
性別:女性  |   現在地:大阪府阪南市  |   職業:ネイリスト

大阪府阪南市でネイルサロンをしておりますイデアです
当店ではお爪を削らずに楽しんでいただける「パラジェル」を使用しております
お爪を傷つけることなく施術するのでお爪が薄くなるなどのトラブルを防げます
3か月続けていただくと痛んだお爪も健康的なお爪に導くことができます
1度是非おためしてくださいませ

ホームページ→http://www.ideal-nail.com/
ブログ→http://ameblo.jp/idealnail

 

 健康・医療のコラム

 美容のコラム