あなたのコミュニケーションはどのタイプ?視覚・聴覚・感覚別で見る特徴と話し方

執筆者: 平井妙子 職業:NLPトレーナー&カウンセラー
はじめに

こんにちは、NLPトレーナー&カウンセラー平井妙子です。

コミュニケーションに役立つ方法論はたくさんあります。
その中でも、知っていると効果的なアプローチがあります。
本来、目の動きを読み、優位な感覚を読み取るというものですが、応用して使うことが出来ます。
それぞれの特徴と伝わる方法を、ワンポイントでご紹介いたしますね。

 

 

3つの傾向

個人が良く使うとされる優位な感覚を、視覚・聴覚・感覚として考えます。
脳の情報処理にて、どの感覚が優位に働いているかが、それぞれ個人で異なります。
まずは、この3つのどれが優位に働いているかを知ることです。 

 

視覚優位
  • 特徴:

視線が上に良く動く。

話すテンポが早く、声のトーンが高い。

外見や見た目が大切。

色やデザイン重要視。

 

  • 伝わる方法:

話のテンポを合わせる。

目で見えるものを用意する(表・グラフ・絵・写真など)。

 

聴覚優位
  • 特徴:

言葉が大切。

言葉を選ぶ。

理論的。

音楽や電話が好き。

声の調子や言葉に反応しやすい。

雑音が苦手。

 

  • 伝わる方法:

丁寧な説明。

状況に合わせた挨拶や言葉がけ。 

 

感覚優位
  • 特徴:

視線が下に良く動く。

話すテンポはゆっくりで、声のトーンは低め。

着心地の良い服装。

ふれあいが大切。

 

  • 伝わる方法:

ゆっくりとしたテンポで話す。

軽いボディタッチをする。

 

質問や言い回しの実例

例えば、「あなたが素敵だと感じる異性はどんなタイプ?」と質問するとしましょう。

 

  • 視覚優位の人…「お洒落で、イケメン(笑)ボディは引き締まって、白いシャツが似合う人とか良いな」
  • 聴覚優位の人…「自分よりも色々なことを知っていて、尊敬でき、頼りになる賢い人ね」
  • 感覚優位の人…「一緒にいて自然でいられる人、優しい人が良いなぁ」

 

例えば、落ち込んでしまったときはどんな言い回しをするでしょう?

 

  • 視覚優位の人…「先が見えないんだよね」「見通し真っ暗」「想像が出来ない」
  • 聴覚優位の人…「目的が分からなくなった」「意味が見い出せない」
  • 感覚優位の人…「気が重い」「気分が乗らない」「へこんでる」 

 

例えば、服を選ぶときはどうでしょう?

 

  • 視覚優位の人…デザインや色が目に飛び込んでくるため、一目惚れしやすい。衝動買いも多々あり。
  • 聴覚優位の人…限定や一点ものに弱い。値段と服の価値を考え、どこに着ていくのかまで考える。
  • 感覚優位の人…着心地重要。生地の素材もチェック。試着して納得しなければ、デザインが良くても買わない。

 

おわりに

人は、全ての感覚を使っていますから、決めつけたり分析するものではないのです。
けれど、顔がそれぞれ違うように、人の視点やアイデンティティーは皆違います。
人間関係において、グッドコミュニケーションを得るために、相手の優位な感覚に合わせることも必要です。
今日から観察してみて下さいね。 

 コラムニスト情報
平井妙子
性別:女性  |   現在地:山口県下関市  |   職業:NLPトレーナー&カウンセラー

幸導塾主宰、ウィングシード株式会社 代表。
NLPトレーナー、カウンセラー、コーチングコーチとして、これらのスキルを統合し、メンタルサポート&研修、講演、セミナー等を行っております。
幸導=こうどう=行動、望ましい状態へアクションを起こし、幸せへと導くお手伝い。看護師として、心と身体の健康もサポートしています。

★ウィングシード株式会社★
http://www.wingseed.jp/
★ブログ 輝く人生☆導場★
http://ameblo.jp/wingseed-ns/