図解つき!貯金を生み出す、簡単「5週間やりくり節約術」の仕方

執筆者: ゆみちん
はじめに

節約して、貯金をしようと考えた時、最初に思い浮かぶのが、食費や日用品の節約ではないでしょうか。

そこで、やり繰りをしながらお金を貯める、5週間やりくりをご紹介します。

1ヶ月を5週間で考える

カレンダーを見てみると、1ヶ月はきっちり4週間ではないことに気付きます。

1ヶ月が31日の月は、7日(1週間)で割ると、4週間と4日です。

例えば、これまで1ヶ月4万円の食費の予算を取っていたとします。
月4万円を、1週間1万円で予算設定することが多いと思いますが、この設定では残り4日分のお金がありません。

そこで、残った4日をどう乗り切るか、と言うことを考慮して生まれたのが「5週間やりくり」です。
その名の通り、1ヶ月の予算を5週間でやり繰りしていく方法です。

5週間やりくりの設定方法

5週間やりくりの予算設定は、とても簡単です。

1ヶ月の予算を5週間で割るだけ。

 

予算1ヶ月4万円の場合

4万円÷5週間=8千円/週

 

予算1ヶ月6万円の場合

6万円÷5週間=1万2千円/週


5週間に増えるから、少し予算を増やそうと考えてはいけません。
それは最終手段です。

まずは、今の予算を5週間で割ったところから始めてみましょう。

年末にへそくりが貯まる

これは、5週間やりくりの表です。

 

 

お給料日の度に予算は補充されます。
少しずつスライドしながら使っていくので、8月頃には1ヶ月分の予算が手元に残っていることになります。

実際に計算すると、年末までに残るお金が分かります。
月4万円(週8千円)の予算の場合で見ていきましょう。

1年間の予算が、月4万円×12ヶ月=48万円。
1年は52週間と少しですので、予算から使うお金が52週×8千円で、41万6千円になります。
年間予算の48万円から、実際に使う41万円6千円を引くと、6万4千円。
これが、年末にへそくりとして残っていることになるのです。

予算6万円の場合は、9万円が残る計算になります。

この数字は、予算通りにやり繰りできた場合ですので、多少の変動はあると思います。
しかし、年末にへそくりが6万円あるとなると、やる気も出てきそうですよね。

 

5週間やりくりにお勧めの家計費目

このやりくり方法は、食費や日用品費といった、比較的支出の見通しが立ちやすい費目にお勧めです。

逆に、突発的に出て行きやすい被服費や美容費、医療費、そして、必ず月に1度引き落とされる費目やカード払いの物には向いていないので、注意しましょう。

おわりに

5週間やりくりは、お金が残るメリットがいちばん大きいのですが、管理自体も簡単なので、取り組み易いのも魅力です。

残ったお金は家計の助けにもなります。

残しながら貯める5週間やりくり、家計管理に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 コラムニスト情報
ゆみちん
性別:女性  |  

目的別貯金や5週間やりくりなど、お金の管理にひと工夫を取り入れながら、
年間100万円が貯まる暮らしを実践中です。
【4人家族のお金が貯まる暮らし方。】
貯金サイト:http://mai-happy.com/
ブログ:http://fuwari-cafe.com/blog/

 おすすめ新着コラム

     生活のコラム

     お金・資産運用のコラム