春は可愛い花束を!ヒヤシンス&チューリップの球根の育て方 (1/2)

執筆者: 宇野 知子 職業:フローリスト 花講師 アート作家
はじめに

こんにちは、フローリストの宇野知子です。


今回は、春に花を咲かせる球根植物の後編のお話しです。

ぜひ「春のガーデニング、球根植物の植えつけ時期・種類・飾り方」と合わせてお読み下さい。

 

ヒヤシンス(ユリ科・ヒヤシンス属)

ヒヤシンスの球根は、不思議と花色により若干色が異なります。

 

 

今の季節は、写真のように、球根の色別に鉢植え販売されていることが多いのですが、中央にある鉢の札が3色のヒヤシンスになっています。


 

鉢の札に注目!

 

実は出荷の際、生産者さんが、咲く花色の札を付けてくれていているのです。

この鉢は、紫・ピンク・白の球根が植えられているということ。

そもそも、3個の球根の色が違いますね。

 

好みの色を探すことも、楽しみのひとつかと思います。

 

 

お手入れ方法

こちらは、上記のような鉢物を、我が家の洗面台に飾った時の写真。

信じられないかもしれませんが、手前で水に生けているヒヤシンスも、実は後ろの鉢植えの花でした。

 

球根が丸々と太り栄養を蓄えている場合、1番目の花が咲き終わった後に花をカットすると、2番目の花が咲くことがあります。

結局、この3個の球根からは、6本ものヒヤシンスの花が咲き、楽しませてもらいました。

 

 

花瓶で飾る場合

ヒヤシンスの花を花瓶で飾る場合は、お水を少なめで飾って下さい。

茎がドロドロとして腐りやすいので、こまめに水替えをして、茎の切り口を少しずつカットします。

 

 

ヒヤシンスだけの花束。

甘い香りもお洒落な贈り物です。

 

チューリップ(ユリ科・チューリップ属)

童謡「ちゅーりっぷ」にあるように、幼い子供から大人まで、みんなが好きなチューリップ。

春の花の代名詞となっていますね。

 

秋に球根として出回る他、今から春までの季節は、鉢物として葉や花芽が出た状態でも出回ります。

 

 

スタンダードに咲く品種から、八重咲き、ユリ咲き、パロット咲きなど、様々な咲き方の品種があります。

色も、赤・白・黄色・オレンジ・ピンク・紫など豊富です。


切り花として飾る場合

切り花として飾る場合は、水は少し少なめにします。

また、日が経つにつれて少しずつ茎が伸びますので、水替えの度に切り戻して飾って下さい。

 

 

チューリップは、花束としても春のギフトにピッタリです。

 
 コラムニスト情報
宇野 知子
性別:女性  |   職業:フローリスト 花講師 アート作家

フローリスト
フラワーコーディネーター

フラワーショップ『La vie en Fleur』経営。
花教室運営に加えて、親子で楽しむ花のある生活を提案、
通信講座を企画し発信しています。

フラワーアート作家としても活動。
手作り雑貨サイト等で販売もしています。

著書
『花育のすすめ』(三省堂)

HP 
La vie en Fleur
http://www.la-vieen.co.jp/

楽天 フラワーギフト専門店Vivre
http://www.rakuten.co.jp/vivre/

ブログ
こどもと一緒に・・・葉っぱなまいにち
http://blog.goo.ne.jp/tsubakono

フローリストの・・・葉っぱなまいにち
http://tsubakono.blog.fc2.com/

★手作り雑貨サイト
minne
https://minne.com/viefleur

Creema
http://www.creema.jp/c/vie

 

 生活のコラム

 趣味のコラム