骨盤を立てて、猫背解消!膝立ちするだけで分かる、正しい姿勢のコツ

執筆者: 鈴木美樹 職業:イメージコンサルタント
はじめに

こんにちは、姿勢から美しく改善する、イメージコンサルタントの鈴木美樹です。


前回、前々回と、首~肩~背中までの「骨盤力ストレッチ」をご紹介してきました。
では、実際に「姿勢を整える」と、相手にどのような印象を与えるのでしょうか。

 

今回は、姿勢が与える印象についての内容をお届けします。

 

 

印象が良いのはどっち?

「姿勢を良くしなさい」と、子供の頃によく言われてきたと思います。

しかし、なぜ姿勢が悪いといけないのか、と言うことまでは触れられていなかったのではないでしょうか。

 

姿勢の悪さが与える印象

大人になってから「腰が痛い」とか「肩が痛い」などの痛みから、姿勢の大切さに気付き、姿勢矯正に通う方も少なくありません。
しかし、それ以前に、姿勢の悪さは見た目に影響を与えていたのです。

 

下の図を見て下さい。

一緒に仕事をするとしたら、どちらの人を選びますか?

猫背は見た目だけで損をする

ほとんどの方が右の「正しい姿勢」の人と一緒に仕事をしたい、と思うはずです。
では、なぜ皆さんそちらを選んだのでしょうか。

 

左の図と右の図で、直感的に感じたイメージを書き出してみました。

左の図
  • 暗そう
  • ネガティブな人格
  • やる気がなさそう
  • レスポンスが悪そう


右の図
  • 真面目そう
  • しっかりしていそう
  • 明るい
  • ハキハキした印象

 

左右の図は、猫背かそうでないかの違いだけ。
猫背というだけで、与える印象がこれほどまでに違うのです。

本当の「正しい姿勢」を知る

ファッションや人柄に関わらず、猫背が与えるネガティブなイメージが分かりましたね。

今回は、正しい姿勢の状態を「体の感覚」で掴んで頂きたいと思います。

 

背骨を真っ直ぐ立てた状態に

図のように、膝立ちをしてみて下さい。


膝立ちをすると、下半身が安定して自然と背骨が真っ直ぐな状態になります。
この背骨が真っ直ぐな状態が、正しい姿勢の感覚です。

 

安定する位置を体で覚える

膝立ちの状態ですと、体幹が安定しているために疲れません。
立って無理やり姿勢を良くしようとすると、どうしても腰を反らしたような形となり、上半身が緊張して疲れてしまいます。
そして、気が付くと元の猫背に戻ってしまうのです。

 

状態が分からなくなったら膝立ち

背骨が真っ直ぐの状態が分からなくなった時は、膝立ちをして、骨盤の安定する位置を自分の体に覚えこませるようにしましょう。

おわりに

今回、目で見て美しい姿勢と猫背との印象の差が明確になったと思います。
また、意外と簡単な方法で、背骨が真っ直ぐな状態を掴めることもお伝えしました。


普段、周囲からどのように見られているのか。

周りから不快に思うような扱いを受けた時、猫背になっていないかどうか振り返ってみて下さい。

 
 コラムニスト情報
鈴木美樹
性別:女性  |   現在地:神奈川県横浜市  |   職業:イメージコンサルタント

イメージアップサロンinConcept(インコンセプト)代表の鈴木美樹です。
メイク、カラー、スタイリングだけでなく、美しい姿勢をつくる「骨盤力ストレッチ」で、お客様のトータルイメージアップをサポート致します。
本コラムでは、「骨盤力ストレッチ」を通してイメージコンサルタント目線での姿勢と見た目についてお伝えしていきます。

・JCCA認定カラーコンサルタント
・JCCA認定イメージコンサルタント
・(社)美しい姿勢を次世代につなぐ 認定骨盤力1級インストラクター
・AFT2級色彩コーディネーター
・ハクビ京都きもの学院1級師範

【ブログ】
イメージコンサルタントの美活チャージ!ブログ
http://studio-inconcept.com/

 

 生活のコラム

 健康・医療のコラム