「灯り」でリビングのお洒落度アップ!インテリアにもなる照明の選び方 (1/2)

執筆者: 林 通子 職業:インテリアコーディネーター
リビング照明を、快適にセンスアップする方法

こんにちは、インテリアコーディネーターの林通子です。


一人暮らしのワンルーム、キッチンやダイニングと一体となったLDKなど、リビングと言っても多様なタイプがあります。

 

照明は、明るさのあるシーリングライト(天井付けタイプ)が一つあれば、それで十分と思っていませんか?

 

 

リビングは住まいの中で、もっとも多様性のある部屋 

確かに、明るく生活に支障がないようなら、問題はないでしょう。

 

しかし、リビングはテレビを見たり、音楽を聴いたり、読書をしたり、友人を招いてホームパーティをしたりと、多様な使い方をするスペースです。

 

その目的に合った照明を!

目的に合った照明をいくつか選び、組み合わせると、リビングはお洒落なスペースに生まれ変わります。

 

今回は、「リビング照明を快適にセンスアップする方法」についてお話しします。

多灯使いしよう
シーリングライトは、シンプル過ぎる…

一つでも明るさのあるシーリングライトは、とても便利ですが、シンプル過ぎて、おしゃれな雰囲気ではありません。

 

ダウンライトのみでは、暗すぎる… 

最近では、ダウンライトのみを配置されているリビングも多く見られますが、ダウンライトだけでは、お子様の学習や読書の際には、少し暗く感じるかもしれません。

 

いくつかの照明を組み合わせれば、OK!

そこで、シーリングだけでなく、ダウンライトやブラケットなど、いくつかの照明を組み合わせた多灯使いをおすすめします。

 

シーリングライト+ダウンライト+スポットライトを使った例

 

ゾーンごとの明るさ調整が可能に

このように様々なタイプの照明を組み合わせて配置し、その時々で使用する照明を変えることで、ゾーンごとに明るさを調整することが出来ます。

 

壁付けのブラケットライトで、壁や天井が表情豊かに

また、壁付けのブラケットライトを配置すると、まわりに陰影が生まれ、壁や天井が表情豊かになります。

 

リビング階段横にブラケットライトを配置した例

 

明かりにリズムを生む「フロアライト」を置くのもおすすめ

フロアライトを置くのもよいでしょう。

 

ゾーンごとの明るさ調整も可能になりますが、ライトの高さによって、明かりにもリズムが生まれ、おしゃれなリビングになりますね。

 

 

 
 コラムニスト情報
林 通子
性別:女性  |   職業:インテリアコーディネーター

京都・滋賀を中心に稼働中のインテリアコーディネーターです。日々の暮らしを愉しみ、心地よく過ごす・・・そんな空間創りをお手伝いさせていただきます。
ホームページ:interior design LaBlanche (https://www.lablanche.net)

 

 住宅・不動産のコラム

 生活のコラム