会社が嫌になった時、やってはいけないNG行動とは?仕事に疲れたときのメンタルケア

会社が嫌だ、行きたくない!仕事に疲れたとき「退職」「仕事を辞めたい」と悩むかもしれませんが、その前にメンタルケアをしてみませんか?

執筆者: colonna
会社に行きたくない…ストレス過多だ…

社会人を何年もしていると、人間関係や理不尽なことで、仕事に行くのが嫌になることってありますよね。

 

相談できる良き上司や先輩がいればいいですが、なかなか恵まれないものです。

また、短期間の間にその問題が解決できればいいですが、悩み続けている間に負のスパイラルに陥り、今まで関係が良かった家族や彼女と不和になったりします。

 

挙句には、今まで簡単にできていた仕事でもミスを連発し、精神的な疲れから退職を余儀なくされることもあります。


今回は、会社に疲れたとき、やって欲しいこととやるべきでないことをお伝えします。

 

 

仕事で心が病んだときのメンタルケア
ノートに今の気持ちをメモ書きしてみる

仕事が嫌になった理由をノートやスマホのメモに書いてみてください。

これはストレスの原因や、仕事に対してやる気がなくなった原因を客観的に見るためです。

理由を書いて、その問題が解決する方法を「第三者になった視点で」メモ程度に書くだけで結構です。

 

例えば、「この先輩が居なくなれば」「あの上司ムカつく!」など、一瞬過激なコメントですが、あなたにとって事実であることですから、いい子ぶらず本音を書きましょう。
これには意味があるのです。

 

 

ノートに書いた後に見れば自分を他人ごとのように見えます。

みなさんも、友達の相談には結構、明確なアドバイスをしますよね。

それを自分自身にするのです。

 

また、先ほど過激なコメントをしましたが、先輩は簡単にいなくはなりません。

じゃ、どうすると考えるわけです。

管理職に申し出するのか、転勤を希望するのか、先輩の頭が上がらない上司と仲良くなるなど目標が見い出せます。

 

人は、出口(希望・将来への微かな光)が見えないと不安になります。

どんな形でも出口を作りましょう。

そうすれば、なぜか耐えれるものです。

 

休息を取って脳を休めるために、睡眠は大切

疲れたら頑張らずに出来るだけ休んでください。

仕事が嫌になるということは、あなたがそれだけ真剣に取組んだからです。

中には、仕事を任された瞬間に嫌になることもあります。

以前から仕事に真剣であるからこそ、そんな推測がついたのでしょう。

 

つまり、今まで頑張り過ぎたために精神が悲鳴を上げたのです。

ですから、少し休みましょう。

 

「少し止まる」と書いて、「歩く」となります。

あなたが休んでいるつもりでも、少しずつ前には進んでいるのです。

 

まずは、精神を休めましょう。

元気になれば走ればいいし、時には飛べばいいのです。

 

「睡眠」と「食生活」を変えてみましょう。

いつもより1時間ほど多めに眠り、ビタミンB群やたんぱく質が豊富な食材を摂取することで、ストレスに強い身体づくりを物理的に行うこともおすすめです。

 

●インスタント食品や外食、パンやご飯だけの食生活は…

ストレスがなくてもうつになる原因とは?うつ病を防ぐ食生活とレシピ

感情的になってやるべきではないこと
安易に会社を辞める

よく隣の芝は青いといいます。

自分の置かれた状況が悪いと、なぜか他人が羨ましくなったり、時には恨めしくなったりもします。

 

では、何の問題も解決する努力もせず、転職したからといって解決するでしょうか。

一時は、うまくいって嬉しいかもしれませんが、年数が経ち似たような状況がくればまた、隣の芝を青く感じ、転職グセが身についてしまいます。

 

うまく仕事が見つかればまだいい方ですが、そうでなければ残念なオチが待っています。

人と比べる、周りの評価を気にする

人は強くありません。

自分を必要とされたいし、高い評価を受けたいと思います。

 

元気な時はそれでいいのですが、弱っている時に気にしてはいけません。

ただでさえ弱っているのですから、人と比べて評価を気にしても、ほぼネガティブな印象しか得られません。

 

「メンタルが弱っているから休みたいけれど、評価が下がるかも」と考え、無理に出社や残業をして精神を病む人が殆どです。

はっきり言いますが、一番優先度が高いのはあなたの体と心です。

 

仕事のストレスが高く、退職したいと思っている人へ

ストレス解消の答えは一つではありません。

さまさまな情報をもとに、自分に合った解決方法を見つけてください。

 

この記事がその一つのツールになれれば幸いです。

 
 コラムニスト情報
 おすすめ新着コラム
     

     生活のコラム

     健康・医療のコラム

     ビジネス・経済のコラム