旦那がうざい、ムカつくっ!ダメな夫にイライラした時の考え方と対処法 (1/2)

執筆者: 辻 真由
ダンナさんにムカついていませんか?
あれもこれもムカつく!

既婚女性のみなさん、ダンナさんの言動がとにかくムカつく時がありませんか?

 

  • 家事育児を手伝わない。
  • 休日はすぐに昼寝をする。
  • スマホばかりいじっている。
  • 話を聞いていない。
  • 服の脱ぎっぱなし。
  • 電気を消さない。
  • 水の無駄使いが多い。
  • トイレが長い。

 

とにかく、することなすこと、全てが腹立たしくて仕方ないこともあるでしょう。

 

結婚相手を間違えたかな…

こんな人だと思わなかった、相手を間違えたと、後悔の念に鬱々としているかもしれませんね。 

 

しかし、そう悲観的になる必要はありません。

男女の違いを理解し、冷静に対処すれば、日々のイライラから開放されることも夢ではありません。

 

 

男女の脳の違いを知る

まずは、男女の違いを、科学的に見てみましょう。

それを知るだけでもムカつき解消に役立ちます。

 

女性の脳構造と特徴

女性の脳は、右脳と左脳とをつなぐ「脳梁(のうりょう)」と呼ばれる神経が太くなっています。

そのため、右脳と左脳の情報を操りながら、複数のことを同時に処理できるのです。

 

その他の女性脳の構造も考慮すると、女性には下記のような特徴が挙げられます。

 

  • 複数のことを同時にこなせる。
  • コミュニケーション能力に優れている。
  • 感情の情報量が多い(感情的になりやすい・他人の感情を読み取れる)

 

男性の脳構造と特徴

男性の脳は、女性ほど右脳と左脳の連携がされておらず、それぞれの脳を前後に使って情報を処理します。

 

その構造を踏まえた上での、男性の特徴がこちら。

 

  • 1度に1つのことだけにしか集中できない。
  • 論理的で、空間能力や情報処理の能力に優れている(地図を読むのが上手い)。
  • 他人の表情や感情を感じ取るのが苦手。

 

冷静に対処する方法

男女の脳の違いを知ると、完全に理解し合うのは無理だと思えませんか。

その諦めにも近い気持ちで、ダンナさんへのムカつく気持ちをやり過ごしましょう。

 

言動をいちいち気にしない

何度もお伝えしていますが、男女の脳の構造は違うのです。

イラっとしそうな言動に出くわした時は「男女の違いだ」と、強く自分に言い聞かせて下さい。

 

感情的にならないように、気持ちをコントロールしましょう。

 

ダンナさんを子供だと思う

1つのことにしか集中できず、感情を読み取るのが苦手な男性は、子供に近い部分が多々あります。

大きな体をして可愛げも何もありませんが、ダンナさんを子供だと思ってみて下さい。

 

子供が物を散らかしていたり、ダラダラしていても、本気でムカつくことはないですよね。

注意はしても、仕方ないなと諦め半分な気持ちになりませんか?

 

「子供ね」と、諦めの境地で対処すれば、イライラせずに済むでしょう。

 

 

何も期待しない

そうそう、ダンナさんに何かを期待してはいけません。

 

こうだったら良いなと思っていることが裏切られると、ガッカリしますし、イラっとしますよね。

ムカつく言動の気配を察知したら「あ、いつものことね」程度に思う、心の準備をしましょう。

 

長所を探す

ムカついている時には酷な作業かもしれませんが、あえて、ダンナさんの長所を探してみましょう。

良い所が見つけれられると、怒りの感情もスーッと引いていくものです。

 

ムカついて仕方ない時のストレス発散法

ムカつきを、冷静に処理できるに越したことはありません。

しかし、とても冷静になんてなれない時もあるでしょう。

 

その時は、そのストレスを溜めこまずに発散して下さい。

ストレスにストレスが重なると、大爆発をして取り返しのつかないことになりかねません。

 

 
 

 結婚のコラム

 生活のコラム