ソファーベッドは寝心地悪い?狭い部屋や収納におすすめの寝具選び。

一人暮らしや狭い部屋だと、普通のベッドorソファーベッドで悩みますね。寝心地や耐久性など、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

執筆者: 鍋谷萌子
普通のベッド派?ソファーベッド派?

新居に引っ越す際「ソファーベッドと普通のベッド、どちらが良いかな」と迷う人も多いのではないでしょうか。

しかし、どちらが良いのかなかなか決めきれないものです。

 

失敗のないベッド選びをするために、両者の特徴やメリット・デメリットをご紹介しましょう。

 

 

ソファーベッドの特徴 

ソファーベッドには様々なタイプがありますが、大きく分けて、以下の通りに分けることが出来ます。

 

「足の有無」

ソファーに足がなく、直置きするタイプ。
ソファーに足があり、ある程度高さを持たせたタイプ。

「どうやってベッドにするか」

背もたれにあたる部分を倒して、広げるタイプ。
座っている部分を手前に伸ばし、広げるタイプ。

 

ソファーベッドのメリット

いずれのタイプでも「収納式」であるため、狭い部屋を有用に使うことができます。

家具を置くスペースが少ない場合には、非常にありがたい物です。

 

また、来客があった際にも、空間を広げられる上に椅子として活躍するので、なかなか便利です。

 

 

ソファーベッドのデメリット

ソファーとしての使用も考えられている物ですから、基本的には、ベッドよりも寝心地の面で劣るでしょう。

通気性が確保しにくいと言った点もあります。

 

ソファーとしても、ベッドとしても使用するため、安いものだと耐久性が弱く、すぐにヘタレてしまうことも。

 

また、利用者の中には「結局畳むのが面倒で、ベッドとして出しっ放しになっている」という人もいるようです。

そうなると、通常の居住空間と寝室がもはや一体化してしまい、いわゆる「ソファで寝ている」状態になりがち。

 

面倒くさがり屋の人にソファーベッドはおすすめしません。

 

 

普通のベッドの特徴

普通のベッドにも「畳タイプ」や「マットレスタイプ」などがあります。

下に収納箇所がついている物もありますね。

 

ベッドのメリット

一般的に、普通のベッドは、ソファーベッドよりも寝心地が良いです。

また、ソファーベッドとは違い「ベッド」として独立していますから、布団などもそのまま置いておけるので、布団の出し入れが不要ですね。

 

通気性も考えられており、ソファーベッドに比べるとカビも生えにくい構造となっています。

 

 

ベッドのデメリット

ベッドは非常に大きいため、空間を圧迫します。

 

ワンルームマンション等では「ベッドと机を置くと他に何も置けない」ということも。

このような部屋の場合、人を招いた際に、お客様が座るスペースを確保できないと言う問題点もあります。

 

しかし、下に収納がついているタイプの場合、収納も兼ねたスペース短縮の効果もありますので、狭いお部屋でベッドかソファーベッドか悩んでいる人は、ベッドをおすすめします。

 

おわりに

ソファーベッドも普通のベッドも、どちらが優れている、どちらが劣っていると言うことではありません。

このため「自分の生活に合うのはどちらの方か」ということを、念頭に選ぶことが大切です。

 
 コラムニスト情報
鍋谷萌子

フードコーディネーター・フードアナリスト・コムラードオブチーズの資格を持ち、200件を超える食事系記事を手掛けてきました。
「速い・安い・おいしい」の料理記事、お任せください。
また、美容関係の記事も4000記事以上、福祉・医療・健康の分野でも各500記事以上のライティング経験を誇ります。
IT・骨董品・不動産(建築)・葬儀にも明るく、さまざまな質問にお答えすることができます。


ブログ:【記事屋】猫の手も借りたい
http://nabemoe-witer2012.seesaa.net/

 

 住宅・不動産のコラム

 生活のコラム

 健康・医療のコラム