困った職場の同僚女子を分析!「ライバル意識が強い女性」の心理と対処法 (2/2)

会社の同期・同僚女子からライバル意識を持たれている。正直うざいですし面倒ですよね。ライバル意識が強い女性の心理を知り、ストレスでイライラしないよう対策を行いましょう。

執筆者: 石割美奈子 職業:臨床心理士 メンタルコーチ プロ家庭教師
困る気持ちを伝える

スルーしても効果がない時は、真顔でハッキリと「そういうの、ちょっと困るな」と言って下さい。

 

率直な気持ちを具体的に伝え、ライバル関係にはならないと分かってもらいましょう。

場合によっては、関係を続けられないことに気付いてもらう必要もあります。

 

人恋しくてライバル意識を持っていることも

自分がライバルになる(と思い込む)ことで、ターゲットにしている人から相手をしてもらえる。

ライバル意識を向けてくる同僚女子は、このような勘違いをしている場合が多いものです。

 

ですから、関係が切れそうになると察知すれば対応を変えてきます。

ライバル意識を向けてくる人は、基本的には、とても寂しい人、人恋しい人なのです。

 

 

女性のマウンティングはもうウンザリです!

ライバル意識を向けてくる同僚女子が、どう対処しても、自分の失態に気付けないほど不安定なパーソナリティである場合もあるでしょう。

 

そのような人は、女子達のヒソヒソ話の話題になりがちです。

あなた以外にも、困った経験をした人がいる可能性も高く、きっと彼女の言動の不可解さが分かっているはず。

 

困った時には、他の同僚に相談したりして、情報を共有しておくのも良いでしょう。

冷静に対処することが大切です。

 
 コラムニスト情報
石割美奈子
性別:女性  |   職業:臨床心理士 メンタルコーチ プロ家庭教師

えむ心理研究室室長、臨床心理士の石割美奈子と申します!よろしくお願い致します。

スポーツトレーナー、メンタルコーチ、心理相談員の経験を経てさらに心理学を深く学ぶ必要性を感じ、東京国際大学大学院臨床心理学研究科(博士課程前期)を修了。
臨床心理士の資格を得て、心理カウンセラー、メンタルコーチ、スポーツメンタルトレーナー(テニス・バレーボール等)、およびプロ家庭教師として活動しております。

2013年、心理学・教育学・スポーツ科学の統合的な研究と専門性を活かしたメンタルサポートをポリシーとする「えむ心理研究室」を立ち上げました。


【臨床心理士および「家庭教師カウンセラー」として】
心理カウンセラーとしては、精神分析を専門としており、主にカフェにてカジュアルなかカウンセリングを提供しています。
訪問心理療法、オンライン相談も承っております。

また、全国でも珍しい【臨床心理士でありプロ家庭教師でもある「家庭教師カウンセラー」】として、ご近所から遠方にお住いの方まで、幅広く学習支援と心理的な支援を同時にさせて頂いております。

得意な相談内容は以下のとおりです。

・不登校・ひきこもりの方と親御さんの支援
・発達の特性を持つ方と親御さんの支援
・夫婦関係の改善支援
・親子関係の改善支援
・精神分析的リワーク(復職支援)
・職場の人間関係の改善支援

日常生活ではなかなか得られない、心理的な洞察を深める和やかな相談時間をお約束します。

日本では「カウンセリング」というとまだまだ抵抗のある方も多いかと存じますが、より充実した日々を送るためのツールのひとつととらえて頂ければ光栄です。
どうぞお気軽にご相談ください。


【メンタルコーチとして】
スポーツ選手の方、
難関校合格を目指す大学受験生さん、
コミュニケーションに課題を感じる方を対象に、
メンタルコーチングをさせて頂いております。

勝利のために、夢を叶えるために、より良い対人関係のために。

精神分析を主軸とした自己洞察やイメージトレーニング、ロールプレイングなどを通じて一緒にがんばってまいります




コラムlatteでは心理学関連の記事を担当させていただきます。
ご覧くださった皆様にひとつでも参考にしていただける部分があるような、皆様の役に立つ記事を書き続けてまいります!


【石割美奈子の活動をお伝えする各サイトのご案内】

■カウンセリング・心理療法 えむ心理研究室
 http://ameblo.jp/m-f-culture

■スポーツメンタル強化コーチング
 http://tennis-mental.net

■臨床心理士×プロ家庭教師の学習支援
 http://ameblo.jp/m-freeproject

■えむ心理研究室 家庭教師カウンセラーのサイト
 https://m-shinri.jimdo.com/