サングラスで「瞳」の紫外線ケアを!目の日焼けを防ぐUV対策

6月〜8月は紫外線の強い時期です。お肌と一緒に「目」もUVケアしましょう。瞳の日焼けは充血や白内障、痛みの原因にも。サングラスで徹底対策しましょう。

執筆者: 中根 千恵 職業:眼科検査技師/サービス介助士/食育インストラクター/メイクセラピスト/Webライター、コラムニスト
紫外線ケアは瞳もね。

こんにちは、眼科検査技師の中根千恵です。

 

これからの季節、特に6月〜8月は紫外線が強くなる時期です。

お肌と共に、ぜひ眼のケアも意識してみてくださいね。

 

眼も日焼けする!
充血、ヒリヒリするような激しい痛み

冬場のスキー場では、雪の反射による「眼の日焼け」も珍しくありません。

夏場も、海やプールで泳いでいる時に水面の反射で紫外線を浴び、眼を日焼けしてしまうこともあります。

 

目が日焼けをすると、充血やヒリヒリとした激しい痛みを覚えることが多いようです。

 

 

「充血」と「結膜下出血」の違い

充血は、白目の血管が浮き出てきます。
結膜下出血は、白目にべったり血が滲んでいるように見え、痛みなどの自覚症状はありません。


結膜下出血の原因は、高血圧などの内科疾患・打撲・気候変動による影響など様々な要因が考えられます。
充血か結膜下出血か、判断がつかない場合は早めに眼科を受診してくださいね。

 

紫外線とは?

太陽紫外線(UV)は、生物学的な身体への反応を元に、おおよそ「UV-B」と「UV-A」に分類されます。

 

UV-B

白内障、皮膚ガンになる要因の1つと言われています。

日焼け止めクリームでよく見る「SPF」は、このUV-Bへの防御効果を指します。

 

例:SPF50など。

 

UV-A

シミ、しわに関与すると言われています。

日焼け止めクリームでよく見る「PA」は、このUV-Aへの防御効果を指します。

 

例:PA++など。

 

眼の紫外線対策のポイント
サングラスを使用しましょう

眼にUVカットクリームを塗ることは出来ません。紫外線をカットしてくれる目薬や眼軟膏もありません。

 

そのためサングラスが効果的です。

しかし、レンズの色合いは「濃いほど良い」というものでもありません。

 

 

色合いが濃いレンズほど瞳孔は大きくなる

濃い色合いのサングラスは眩しさを軽減しますが瞳孔(瞳)が大きくなる分、レンズの隙間から入る紫外線の吸収率は高くなります。

また、レンズの色が濃いからというだけで紫外線防止機能が高くなるとは限りません。

 

濃い色のサングラスを付けたまま屋内へ入ると視界は薄暗く感じ、段差など足元が見えにくくなる危険性があります。

 

外出の際に、屋外・室内ともにサングラスを外さず過ごしたい方は、よく考慮してレンズの色合いを選びましょう。

 

紫外線防止の機能がなければ、サングラスは無意味!

紫外線防止(UVカット)と明記されているサングラスを使用しましょう。

大きめのサングラスの方が、横や上から入る紫外線を最小限に抑えてくれます。

 

コンタクトレンズは?

UVカット素材のコンタクトレンズも販売されています。
購入の際に確認しましょう。

 

さいごに

肌の日焼けも赤くなりヒリヒリ痛みますが、眼の日焼けも全く同じです。

痛くて辛い思いをするだけではなく、充血は目立って気になるものです。

 

「曇りの日だから大丈夫」と油断しないで下さい。

曇りでも紫外線は強くなるのが、これからの季節です。

 

少しの工夫で快適な視界、そして自分の眼の健康を守ってあげてくださいね。

 
 コラムニスト情報
中根 千恵
性別:女性  |   現在地:東京都  |   職業:眼科検査技師/サービス介助士/食育インストラクター/メイクセラピスト/Webライター、コラムニスト

様々な資格・経験・知識を活かしてWebライター、コラムニストをしております。
購読して頂いた方々へ、ほんの少しでもお役に立てる内容を提供できる書き手で在りたいと思っております。
宜しくお願い致します。

【資格】
・眼科検査技師
・サービス介助士
・食育インストラクター
・メイクセラピスト

【他社Webサイト記事一例】
◆http://gippy.jp/writer/18

◆https://myreco.me/u/17462553567280758789

◆http://purelamo.com/author/chie

◆http://beauty.yahoo.co.jp/search?q=中根千恵

◆http://wooris.jp/?s=中根千恵&submit=検索

◆http://googirl.jp/entame-2/160515power001/

◆http://bimens.com/author/chie

◆http://woman.excite.co.jp/article/中根千恵/

【Facebook】
https://m.facebook.com/anank.chi?ref=bookmarks

 おすすめ新着コラム
 

 生活のコラム

 健康・医療のコラム

 美容のコラム

 ファッションのコラム