”喧嘩相手を許さない人”は損してる!自分から謝ることで人間関係は改善できる。

彼氏や恋人、家族、友達と喧嘩した。どうしても許せない!それでも自分から謝ることで、面倒な人間関係が改善されていくのです。

執筆者: 七沢茶々
喧嘩は先に謝ったほうが勝ち?!

人間が集まれば、争いが生まれてしまうことってありますよね。
仕事での意見が食い違いや、恋人同士のバトルであっても、ぶつかるのは自分が正しいと思えばこそ。

意地を張るのをやめ、どちらかが折れる役を買って出ない限り収まりません。
ここはひとつ自ら「悪役」に名乗りを上げ、ビッグな度量を見せつけてやりませんか?

 

 

喧嘩両成敗で上手く収まればいいけれど…

昔から「喧嘩両成敗」とはよく言ったもので、どちらも同等に罰せられるべきだとされたようですね。

力関係や立場が似たレベルなら、双方が同じ処分を受ければ収まりそうなもの。
ところが現実のもめ事を見てみると、残念ながらそんな単純な状況ばかりではありません。

「向こうがこう言った」、「いや言わない」と収拾がつかないほうが多いのではないでしょうか。
まず第一に保身を考えるような人もいれば、立場を譲れない場合など、事情もさまざま。

 

どちらも譲らなければ、どうなる?

夫婦喧嘩にいたっては、実際のところ悪いのは五分五分だと言いますよね。
その顛末ですが、どちらも譲れないなら離婚になってしまうわけです。

ビジネス交渉の場では、歩み寄りや譲歩の姿勢がどちら側にもなければ、白紙撤回になります。

「悪役」を買って出れば、戦いも終結へ向かう

熱いバトルも冷戦も、乗り越えようとするなら、どちらかが折れるしかありません。

自分の意見や価値観・考え方というのは、自我や意地、頑固さと全部つながっています。
少し飛躍して聞こえるかもしれませんが、喧嘩の土俵の上では同類です。

戦いを少しでも早く終わらせたいなら、自分から「悪役」をかぶってしまうのが一番。
つまり自分の悪い部分や、「非」を先に認めてしまおうということなのです。

 

どうせなら大胆に!

せっかく「非」を認めるなら、大胆に範囲を拡げてみると、より効果が実感できます。

実は「非」の部分というのは、裏返してみれば「弱点」のようなもの。
自ら弱みをさらけ出すことは、恥ずかしかったり、悔しかったりしますよね。


だからこそ相手は潔さを見せつけられたようで、「借り」を作ったような気持ちになりやすいのです。

「悪役」が「人間度」を底上げする!

どんな間柄であっても、押したり引いたりといった力加減は、誰でもしているのではないでしょうか。
空気を読み取り、お互いの温度差をうかがったりもしています。

人間関係に欠かせない言葉のキャッチボールですが、悪気がないのに地雷を踏んでしまうことだって珍しくありません。
全く同じ内容の発言だったとしても、受け取る側の状況や精神状態などにより、相手の反応も都度違ってきます。

 

懐の広さが人間関係を育てる。

極端なことをいえば、もめ事や喧嘩になるかならないかは、タイミングも大きいということです。
そう思うだけで、人間関係のわずらわしさも少しは軽くなるかもしれませんね。

よほどの聖人君子でもない限り、やはりその時の気分や体調などによっても、受け取り方に影響しますよね。
だからこそ、自ら「悪役」を買って出ることは、「人間度」を底上げする大らかさも育ててくれるはず。


そして、相手からも一目置かれるような懐の深さも、きっと育ててくれることでしょう。

おわりに

人間関係は、ある意味「鏡」のようなもの。

向き合った相手のなかに、もうひとりの自分を探しているということなのでしょうか。
自分自身の長所だと思っていた部分が、実は短所だったと気づくようなものなのかもしれませんね。

 コラムニスト情報
七沢茶々
性別:女性  |  

公私ともに海外経験が豊富。旅とゴルフをこよなく愛す「とりあえず離陸型」で、向こう見ずなところも。好奇心旺盛で情に厚く、人を楽しませるのが大好きな性格です。座右の銘は「遊心忘るべからず」。よろしくお願いします。