【副業で稼ぐ】kindle(キンドル)で電子書籍を出版し、儲けるポイント

kindle(キンドル)は最強の副業!Kindleで電子書籍を出版した著者が、2年でどれだけ稼げたか、儲けるためには何をすればいいのか、成功のコツ・戦略を紹介。

執筆者: ヨースケ城山 職業:節約アドバイザー
kindleは最強の副業!自分で本を書いてお金を稼ぐ方法

節約アドバイザーのヨースケ城山です。

月額売上最高ロイヤリティ 12万7770円也

私が2015年1月にkindleで販売した本が、2017年1月度に月12万7770円のロイヤリティを生み出しました。

もちろんこの金額では食べていくことができませんので、本業は別にあります。

Kindle本の販売は、副業というわけです。

 

2017年1月~3月の間だけでも、ロイヤリティは20万円を超えています。

売れている理由は、ただ内容が良いからというだけではなさそうです。

 

では、なぜ2年もたって月額売上最高ロイヤリティを稼げたのか?

そこにはもちろん戦略があります。

 

 

バカ売れしなくてもいい。少しでも長く販売していくことが大切
Kindleの最高のメリットは改訂増補版が出せること。しかも無料で!何版も!

先にお話ししたとおり、私は2015年1月にkindle版の販売を開始しました。

その後、2016年1月に改訂増補版を、2017年5月に改訂増補2版を出版しました。

 

読者が求めているのは、最新の情報

そのときに大事なのが、内容を最新版に更新するということです。

昔の情報だけが載っている本は、本当に参考になりません。

読者が知りたがっているのは、最新の情報なのです。

 

私が出している本は節約・副業をテーマにしたものがほとんどですが、こちらは法改正などがあると、どんどん制度が変わってきます。

それをカバーしないと、売り上げにつながらないのです。

そして、何度でも改訂増補版が出せるということで、永遠に終わらない本という位置づけになります。

つまり、ロングテール*が狙える本になるわけなのです。

 

*ロングテール … 埋もれている商品・サービスで売上げを積み重ねるのが、ロングテール戦略になります。

 

バカ売れはしなくても良い。

少しでも長く販売していくことが、積み重ねで大きな副業となっていきます。

 

読まれたページ数によってロイヤリティが発生
読み放題サービスの開始が大きな変化をもたらした

Kindle本の販売を開始した当時は、純粋な本の販売数が毎月のロイヤリティの柱でした。

それが、2016年8月にkindle unlimited(月額980円の読み放題サービス)が始まってから潮目が変わりました。

本の販売数ではなく、読まれたページ数によってロイヤリティが発生するKindle Edition Normalized Page Count (KENPC)という制度が開始されたのです。

 

現在では、こちらの方が完全に柱となっています。

kindle unlimitedが始まったときは、月500万円以上のロイヤリティを稼いだと話題になった同人誌サークルなどもありました。

 

新刊の導入よりも、改訂増補版に力を入れる方が儲かる

読まれたページ数によってロイヤリティが発生するのですから、改訂増補版は有利になります。

新刊と違って、改訂増補版はページ数を増やすことができるメリットがあります。

また一回読者になった方のリピートも期待できます。

 

そして2016年8月の1ページ当たりの単価は0.50円でした。それが最近の2017年6月では単価0.53円と上昇傾向なのです。

もちろん新刊の導入も大事ですが、それよりも改訂増補版に力を入れた方が、kindle本は稼ぐことができます。

 

計算上は、より多く作品を発表すればするほど稼げる
2年ちょっとで58万円程のロイヤリティを獲得!

Kindle本の販売を始めてから2年ちょっとで、もらったロイヤリティの合計は58万5200円になりました。

今回のデータは28ヶ月分のデータなので、月平均で2万900円のロイヤリティを獲得したことになります。

これはすごい数字だと思います。

 

年に2回は、新刊か増補改訂版を出すということを目標としてきました。

その結果が顕著に表れているかと思います。

なによりも、この副業はストックビジネスです。

より多く作品を発表していけば、この数字ももっと伸ばせるものと信じています。

 

電子書籍を売るためには、目立つ必要あり!

Kindleの特性上、いったん売れ始めるともの凄く売れます。

ですが、売れなくなると、全く売れなくなります。

 

これは目立っているか、いないかの違いだけです。

ブログやツイッターでの宣伝も、必ず効果があります。

目立つまでやり続けましょう。

Kindle本の出版は、資本をかけずにできる副業としておすすめ!

Kindle本の副業の最大のメリットは、いったん発表してしまえば、あとは放置ができるということです。

毎日取り組む必要がありません。

本当に夢の印税生活となります。

 

スモールビジネスですから、毎月のロイヤリティはそんなに多くはありませんが、資本をかけずにできる副業としては最良のものではないでしょうか。

ぜひご検討ください。

 コラムニスト情報
ヨースケ城山
性別:男性  |   職業:節約アドバイザー

社会保険労務士合格者

ファイナンシャルプランナー

住宅ローンアドバイザー

年金アドバイザー

1973年生まれ。大学卒業後、商売の基本を学ぶため大手100円ショップに入社。1円単位の原価計算の重みを知る。その後、大手スーパーに転職し、値引きやタイムセールを担当。リアルな現場での駆け引きや相場観を養う。またその手腕により東京地区エリアマネージャーとなり、新人採用を年間4000人担当した。

著書「給料そのままで月5万円節約作戦!!」の中では固定費の削減を中心に
ラクして貯めるをモットーに活動している。

ブログでいつも取り上げているテーマは節約全般、社会保険労務士試験 住宅ローン 労働問題 ブラック企業 障害年金 40代の転職 出版について 潜在貯蓄 教育についてなどになります。興味がある方は是非ブログも覗いてみてください。

著書は『給料そのままで「月5万円」節約作戦!』(ごま書房新社)。本の内容は、『らくらく貯蓄術。住宅ローン地獄に落ちない為の家計防衛のススメ。』
http://kotukotushinai.jimdo.com/
にもまとめられている。

ブログ『節約アドバイザー ヨースケ城山ブログ』http://ameblo.jp/yousukeshiroyama
では、節約だけではなく転職活動、著書、社労士、FPのことを配信中。

【著書】
2012年 給料そのままで「月5万円」節約作戦【ごま書房新社】より発売
2015年 給料そのままで「月5万円」節約作戦がkindle化されました。
2015年 「kindle無料キャンペーン」でベストセラーランキング1位を獲得して販売につなげる方法 発売。
2016年 給料そのままで「月5万円」節約作戦 増補改訂2版発売。
2016年 「子供の教育費は削りなさい!」奨学金利用者50%以上時代の新教育費計画発売

 おすすめ新着コラム

     生活のコラム

     ビジネス・経済のコラム

     お金・資産運用のコラム

     インターネットのコラム