置いて座るだけで、勝手にエクササイズ!バランスボールを、椅子代わりに使うメリットとは?

座るだけで自然とエクササイズになるバランスボールを、椅子代わりに使ってみては?ボールを置けない事情がある人のために、バランスクッションも紹介。美姿勢になり、肩こりの改善・引き締め効果なども期待できます。

執筆者: 美宅玲子 職業:美姿勢インストラクター
椅子代わりに使ってみて!自然とエクササイズできるグッズ

こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガインストラクターの美宅玲子です。

 

美容や健康のために、あらためて運動をしようと思っても、着替えて出かけて…と思うとハードルが高くなってしまいますよね。
日常生活の中に自然と組み込まれていて、知らないうちにできてしまうエクササイズがあったらいいのにな…。
そんな風に思う方もいるのではないでしょうか。

 

今回おすすめする方法は、「座るところに、グッズを置いておく」だけ。

日常生活で自然と使うように置いておくことで、いつの間にかゆがみ解消や姿勢改善・引き締めなどに役立つグッズをご紹介します。

 

 

「バランスボール」を、椅子代わりに!そのメリットは?

バランスボールは、直径が50~60センチほどの大きなゴムボールです。

 

普段パソコンを使っているときの椅子や、ダイニングの椅子など、日常的に使う椅子を、健康・美容のために、「バランスボール」に変えてみませんか?

 

 

姿勢改善!肩・腰のコリ、冷えの予防にも

バランスボールに座ると、ゴロゴロと転がりそうになるので、脚を組むクセはなくなります。

また、姿勢が固まったりすることもありません。

体がゆがみにくく、筋肉がバランスよく使われるので、肩・腰のコリの予防、冷えの予防、姿勢改善に役立ちます。

座面が柔らかいので、お尻が痛くなることもなく、慣れてしまえば無意識で座っていられます。

 

簡単に骨盤を動かせる

ゴロゴロと転がしながら簡単に骨盤を動かすことでき、エクササイズになります。

 

リフレッシュしたいときは、こう使う!

リフレッシュしたいときには、ボールに背中で乗って反りかえってみましょう。

背筋のストレッチができ、背中のこわばりが気持ちよくほぐれます。

 

 

腹筋を鍛えることもできる!

また、下の写真のように丸まれば、腹筋を鍛えることもできます。

 

 

他にも、バランスボールを使ったエクササイズはたくさんあります。

興味があれば、調べてみてくださいね。

 

バランスボールは、ただ座っているだけでも、もちろんエクササイズ効果はあります。
ですが、それだけではもったいないので、もっと活用してみませんか?

 

伸ばして痩せる!バランスボールの簡単ストレッチエクササイズ4選

  

バランスボールを置けない場合には、「バランスクッション」!

バランスクッションは、直径が30~40cmほどの円盤状のゴムボールです。(下の写真、左)

バランスボールを使いたくても、置くスペースがなかったり、幼い子どもがいるので危なくて置いておけなかったりする場合は、こちらがお勧めです。

 

 

バランスクッションの使い方

椅子の座面に置いて使います。

バランスクッションの真ん中に座って、バランスボールのように重心をコロコロさせて座ってもいいですね。

また、バランスクッションの前の方に座って、骨盤を起こして座るためのサポートとして使ってもいいでしょう。

 

姿勢改善、肩こり予防!ウエストの引き締めにも

足を組んだり、背中が丸まったりする原因の一つが、骨盤が後ろに倒れてしまうことです。
それを防ぐことによって、姿勢を整え、肩こりを予防し、バランスのいいウエスト周りを作ります。

 

「運動するぞ!」と気合を入れる必要がないから、続けられる。

椅子代わりに、もしくはいつも座る椅子の上に置いておくだけで、自然とエクササイズになるなんて、嬉しいですね。
特別な行動が必要ないので、ハードルが低く、気軽に試すことができるのではないでしょうか。
快適な生活にぜひお役立てください。

 コラムニスト情報
美宅玲子
性別:女性  |   職業:美姿勢インストラクター

ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター。
東京学芸大学教育学部卒。中学から大学まで陸上競技(100mH、走幅跳)に打ち込み、全日本インターカレッジ出場。姿勢や効率の良い体の動かし方に興味がある一方、メンタルの繊細さもあり摂食障害になってしまう。大学卒業後に小学校教員となるが、「いい先生であろう」という無理を重ね、うつ状態のため2年半後病休を取る。
2004年に趣味で通っていたスポーツクラブに転職し、ヨガ・ピラティスと興味ある分野を活かせる仕事のおかげで心の病と腰痛を克服する。ストレスの多い日常でも心身の調子を整えられる素晴らしさを伝えるため、2008年に独立しフリーインストラクターとなる。
現在、首都圏のスポーツクラブ、自治体、公共施設でのサークルや個人のレッスンを受け持つ一方、外ヨガイベント、健康コラボイベントの企画実施、雑誌監修、コラム連載、DVD発売も行う。日々更新するHP、ブログ、YouTubeのエクササイズ動画も好評である。
HP「インストラクター美宅玲子 Re pure BODY」 http://mitakureiko.com