若返り成分たっぷり!カリフラワー×トマトの栄養スープレシピ

執筆者: 佐川いく子
はじめに

こんにちは、 ジュニア野菜ソムリエの佐川いく子です。


みなさん、カリフラワーはよく食べますか?
カリフラワーは全国で栽培され、真夏以外、通年出回っています。

旬の時期をあえて言うなら11月~3月と寒い時期です。

 

 

今回はそのカリフラワーを使って、トマトと一緒にスープにしました。
あっさりした中にも、トマトの酸味が効いて、美味しいですよ。

カリフラワーの効能

カリフラワーには、免疫力を高めるビタミンC、抗がん作用のあるβカロテンを含み、これらの相乗効果で生活習慣病の予防や老化防止に効果があります。


また、ビタミンCをみかんの倍以上含むので、肌のトラブルにも効果があります。

 

 

カリフラワー × トマトで高血圧予防

今回は、カリフラワーとトマトを組み合わせたレシピです。

 

カリフラワーに含まれるカリウムは、塩分を排出する役割があります。

トマトには、毛細血管を強くし保護する働きがあります。

 

よって、高血圧予防が期待できます。

カリフラワーとトマトの中華風スープ
材料(2人分)
  • カリフラワー(小房に分けたもの) 6個
  • トマト      小1個
  •         500cc
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  •         小さじ1/4
  • 黒七味      お好みで適量

 

作り方

1. 卵をかきまぜておく。

 

2.カリフラワーは小房に分け、トマトは6等分の櫛形に切る。



3. 沸騰した鍋に、鶏ガラスープの素、塩、カリフラワーを入れる。


 

4. カリフラワーに少し硬めに火が通ったら、トマト、かきまぜた卵を入れて、ひと煮立ちさせる。

 

カリフラワーとトマトの中華風スープの出来上がりです。

 

  • カリフラワーは、火が通り過ぎると柔らかくなり過ぎて美味しくなくなります。

  後から入れるトマトや卵のことを考え、少し硬めにしましょう。

 

  • トマトは煮崩れやすい食材です。卵も火が通り過ぎるとおいしくなくなるので、煮過ぎに注意してください。

 

おわりに

高血圧予防には、塩分を控えることはもちろん、カリフラワーを食べて、体内から塩分を排出することも効果的です。

 

一年中、手に入りやすい食材ですので、普段の食事にもっと取り入れてみてくださいね。

 コラムニスト情報
佐川いく子
性別:女性  |   現在地:埼玉県  |  

みなさん、初めまして。佐川いく子と申します。
私の略歴を・・・調理師の資格取得後、板前見習い2年、自宅で料理教室4年、その間にジュニア野菜ソムリエの資格を取得し、現在は主婦をしております。
また、私はレシピブログを開設しております。
タイトルは『SmileKitchen~菜食健美~』。
SmileKitchen=笑顔でキッチンに立てば美味しい物ができますよ。
菜食健美=野菜を食べて、健康で美しくなりましょう。
こんな意味が込められいます。
ですので、私のレシピの殆どが野菜中心です。とは言え、私はベジタリアンでもなければ、ヴィーガンでもありません。お肉やお魚も一緒にバランス良く食べましょう、と言うことをオススメしています。
また、レシピはそれぞれの素材の栄養分を逃がさないよう、『食べ合わせ』を考えて食材を合わせたり調理したりしていて、美肌レシピや老化防止(アンチエイジング)レシピ、骨元気レシピと言ったものがあります。
良かったらご覧ください。
SmileKitchen~菜食健美~
http://ameblo.jp/smile-saishoku/