早産や未熟児の原因にも!マタニティ期の歯周病「妊娠性歯肉炎」の予防ケア

執筆者: 大塚真弓 職業:歯科衛生士
女性だけの歯の病気「妊娠性歯肉炎」

こんにちは、歯科衛生士の大塚真弓です。

 

男性には絶対に起こらない、女性だけの歯の病気があるのを知っていますか?

それが、妊娠中に起こる「妊娠性歯肉炎」です。

 

 

妊娠性歯肉炎が起こるメカニズム
つわりなどで、歯磨きが雑に

妊娠中はつわりがひどくて、歯を磨くのも苦しいという方もいます。

そのせいで歯磨きができなくなったり、歯磨きしたとしても、妊娠前と比べて手を抜いてしまいがちです。

 

妊娠中は、歯周病菌の大好物であるホルモンが増加!

それが原因で歯肉炎になってしまうケースも多いのですが、『妊娠性』という名前がついている理由がちゃんとあります。

 

妊娠中は、「エストロゲン」という女性ホルモンが増えるのですが、この女性ホルモンは歯周病菌の大好物なのです。

エストロゲンが増えることで、歯周病菌まで増えてしまうのです。

 

妊婦さんの口の中は、歯周病菌が増えて、歯肉炎にかかりやすい状態

つまり、妊娠中というのは、妊娠していない時と比べると歯周病菌が増えやすくなっているせいで、歯肉炎にかかりやすくなっているのです。

 

そして、さらに危険なのが、妊娠中に歯肉炎になってしまうと、胎児に対するリスクがあるのです。

妊娠性歯肉炎のリスクとは
胎児に影響を及ぼすことも

妊娠性歯肉炎は、歯周病菌によって引き起こされる歯の病気ですが、そのせいで「流産」・「早産」・「未熟児」などのリスクが高まることがわかっています。

 

妊娠性歯肉炎にならないためには

妊娠中は、治療するにしても様々な制約があり、歯医者でも歯の掃除をするなど、とにかく歯磨きをして口腔内をキレイにするぐらいしかないのです。

ですから、しっかり予防しましょう。

 

味の異なる歯磨き粉をいくつか準備!

妊娠したら、つわりがひどくなる前に、味の違う歯磨き粉をいくつか用意しておくと良いでしょう。最近はいろいろなタイプの歯磨き粉が販売されています。

 

味の違う歯磨き粉を準備しておくことで、つわりがひどくなった場合でも、歯磨き粉を変えることで歯を磨くことができるかもしれません。

 

歯医者で定期的に口腔内クリーニングを受ける

また定期的に歯医者に行き、口腔内を掃除してもらうのも良いでしょう。

そうすることで、口の中の状態を確認することもできます。

 

 

口腔機能水「パーフェクトペリオ」

最近は、歯周病菌の殺菌力に優れている成分というのも分かってきています。

例えば、「パーフェクトペリオ」という殺菌水で口の中をうがいすると、歯周病菌や虫歯菌を殺菌するのに非常に効果が高いという研究結果もあります。

 

興味のある方は、歯医者で聞いてみると良いでしょう。

 

おわりに

妊娠中は身体だけでなく、口腔内にも様々な変化が起こります。

 

ときには、胎児にも影響を及ぼすことがある「妊娠性歯肉炎」。

生まれてくるお子さんのためにも、しっかりお口のケアをしていきましょう。

 コラムニスト情報
大塚真弓
性別:女性  |   職業:歯科衛生士

歯科衛生士のまゆです。

歯のことで悩んでいる人って実はとっても多いんですよ。
プライベートでも友達から相談されたりします。

日本では歯をきちんとケアしている人って少ないですが
欧米では治療に保険が効かないということもあって
すごく歯のケアの意識が高いです。

最近の研究では歯周病や歯槽膿漏が原因で糖尿病などの病気になる
というデータもあります。

歯ってすごく大事なんですよ。

でも歯について勉強する機会ってなかなかないですよね。
歯医者ってできれば行きたくない場所ですしね。

歯について悩んでいる人の助けになればと思って
これからいろいろコラムを書く事にしました。

コラムがあなたの助けになれば嬉しいです。
ブログでもいろいろ書いているので良かったら参考にしてみて下さいね。

【歯科衛生士が自宅で実際にやっている歯周病や歯槽膿漏をケアする方法】
⇒ http://kire-ine.net/