秋に多いのどの痛みは「乾燥」が原因!喉を保湿する食べ物と過ごし方

執筆者: 田伏 将樹 職業:薬剤師(漢方薬・生薬認定薬剤師)
秋は、なぜ「喉・呼吸器系」の不調が出やすいの?

こんにちは、薬剤師の田伏将樹です。

今回は、中医学的な考えで、秋の養生法をお話しします。

 

 

夏が終わり秋になると、空気は乾燥してきます。
秋の乾燥は、五臓でいう「肺」を中心に、呼吸器系に影響が出やすいと考えられています。

  • のどが乾燥しやすい
  • のどに異物感を感じる
  • のどが痛くなる
  • 痰が切れにくい
  • 声がかすれる
  • 乾いた咳が出やすい

 

これらの症状は、乾燥が原因で、「肺」の潤いの低下が関係しているのかもしれません。

 

「肺」の陰虚

水分や血液を合わせて「陰液」と呼びますが、陰液が全般に不足している状態を「陰虚」と言います。

のどの乾燥感を覚えたり、切れにくい痰が原因で咳がでたり、皮膚も乾燥している状態になります。

 

肺に潤いを与える漢方薬・食品
麦門冬湯

陰虚に使われる漢方薬のうち、肺に潤いを与えて咳を抑えるものとしては、例えば「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」が有名です。

「麦門冬湯」には6種類の生薬が使われていますが、この漢方薬の主薬であり、処方の名前にもなっている「バクモンドウ(麦門冬)」は、ジャノヒゲというユリ科の多年草の根を使った生薬です。

 

 

呼吸器を潤して、口の渇きを治し、のどのイガイガした感じや、乾燥感からの咳、声がれの解消に用いられます。

 

ユリ根

先程、「バクモンドウ(麦門冬)」は、ユリ科の植物の根を使った生薬だとお話しましたが、ユリの根と言えば、秋が旬の食材に「ユリ根」があります。

この食用のユリの鱗茎(球根)であるユリ根も、肺を潤して、咳を止める効能があるといわれる食べ物です。

 

よく茶碗蒸しの具にユリ根が使われますよね。

ユリ根も卵も、ビタミンB2を含んでいて、共に呼吸器や胃の粘膜を守りますので、茶碗蒸しにユリ根を入れるのは、栄養面から見ても相性が良いと言えます。

 

 

「梨」などの秋の果物

他に、肺を潤す効果が期待できる食べ物としてお勧めなのは、代表的な秋の果物「梨」です。

リンゴも健康に良い果物と言われますが、肺を潤す効果では、梨の方が優れています。

 


果物は、ビタミンなどの栄養分が豊富なだけでなく、酸味と甘味によって、肺を潤す効果が期待できます。
酸味と甘みを組み合わせると陰液を生じる、という意味で「酸甘化陰」と東洋医学では言います。

 

果物は単にみずみずしいから良いというわけではなく、酸味の成分と甘味の成分が協調して、体の機能的な面からも潤いを増す効果があると考えられています。

 

同じように、ブドウや柿などでもOKです。

肺を潤して、のどには良い働きをします。

 

 

ただし、一度に食べ過ぎるのは良くありません。
梨や柿などは、「寒性」の食べ物で、胃腸を冷やしやすい特徴を持っています。


微熱のあるとき、体の水分が足りなくてほてっているとき、熱っぽいにときには適しますが、逆に冷え性の方、冷たいもので下痢や腹痛を起こす人は、控えめにしましょう。


妊婦さんも、下半身を冷やすといけませんので、食べ過ぎに気をつけてください。


果物がすぐに手に入らないとき、果物の甘酸っぱい味を想像するだけでも、条件反射で唾液が出てきます。
このときの唾液を飲み込むだけでも、のどの乾燥を防ぐのには、良いかもしれません。

カリン

のど飴でよく見かける「カリン」という果実。
漢字では「花梨」と書きます。


中国原産で、梨と同じバラ科の植物です。
これも痰をとり、咳を鎮める効能があります。

 

 

のどの調子が悪いときは、便秘にも注意!
「肺」と「大腸」は、親子の関係!

「肺」と「大腸」は、親と子の関係にあると考えられていて、お互いに影響し合っています。
肺は、呼吸器とともに、皮膚にも関係しています。

 

便秘のときに肌の調子が悪いとか、咳がひどいときに便秘も起こる、ということがあり得ます。

 

肺が乾燥 ⇒ 大腸も乾燥して、便秘に

大腸は、食べ物のカスから水分を吸収する器官です。
便秘をするということは、大腸も乾燥しています。

 

のどの調子を良くするためには、便秘にも気をつけた方が良いのです。

 

秋の旬の食材を意識して食べよう♪

梨やリンゴ、柿などは、便秘の改善効果も期待できます。
その他、食物繊維を多く含む、栗、さつまいも、キノコなどの秋の食材も、効果的に取り入れてください。

 

 

胃の調子が悪いと、肺の潤いは低下…
食べ物の水分が肺に送られなくなる

胃の働きが悪いと水分の吸収も悪く、食べ物からの水分がうまく肺に送られなくなります。

 

ストレスや、辛いもの・刺激の強い食べ物の取り過ぎに注意!

悩み事があって、胃の調子が悪いときは、さらに肺の潤い低下を招きます。

胃腸の機能を弱らせないよう、辛いものや、刺激の強い食べ物の取り過ぎに注意することも大切です。

 

おわりに

季節の変わり目は、もともと体調を崩しがち。

秋は、夏の疲れを癒し、乾燥対策をとることが重要です。

 

収穫の秋、食べ物の美味しい季節ですので、旬の野菜や果物を上手く取り入れて、健康な毎日を過ごしましょう。

それが、来る冬への備えにもなります。