顎が痛い、頬がだるい…「咬筋(頬の筋肉)」のコリをほぐすマッサージ方法

急に起こる歯痛・歯茎痛。痛みの原因は虫歯ではなく、頬の筋肉(咬筋)のコリかもしれません。咬筋トリガーポイントの探し方やマッサージ方法をまとめました。

執筆者: 西村 猛 職業:理学療法士/子どもと姿勢研究所代表/神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表
歯や歯茎が痛い…顎が痛い、頬がだるい…「咬筋のコリ」が原因かも?

こんにちは、理学療法士の西村猛です。


急に起こる歯の痛みは、とても不快なもの。
虫歯のために痛むような場合、できるだけ早く歯科医にかかるのがよいのですが、歯科では特に問題ないと言われたけれど、歯や歯茎の痛みに悩まされているという方も多いようです。

このような場合、 頬にある咬筋という「筋肉のコリ(トリガーポイント)」が痛みの原因となっているかもしれません。

今回は、歯の痛みの原因にもなる「咬筋の見つけ方とコリの改善方法」をお教えします。

 

 

まずは痛みやだるさの「トリガーポイント」を探そう
トリガーポイントとは

トリガーポイントとは、筋肉にできたコリのことです。

ですが、コリといっても肩こりなどの一般的なコリとは少し違い、「コリのある場所とは別の場所に痛みを生じさせる」という特徴があります。

 

咬筋が疲労している可能性がある

歯や歯茎の痛みを引き起こすトリガーポイントは、「咬筋(こうきん)」と呼ばれる筋肉に出来ることが多くあります。
咬筋は、左右の頬にある筋肉で、下顎と上顎をつないでいます。

この筋肉の役割は、文字通り「咬むこと」です。

 

この咬筋が疲労することでコリが発生し、他の場所へ痛みを引き起こすトリガーポイントになっていきます。

咬筋のトリガーポイントの見つけ方
下の図で示した場所に手を当てて、噛む動作をしてみてください。

 

 

 咬み込んだ時に、固くなる筋肉があると思いますが、それが咬筋です。

 

咬筋を見つけたら、指で軽く圧迫しながら、上顎から下顎に向かって指を動かしてみます。

もし咬筋の一部分に固くなった場所があり、押さえるとジーンとした響くような痛みがあるなら、それが咬筋のトリガーポイントです。

 

ひどい方の場合、トリガーポイントを押さえただけで、歯や歯茎の痛みが再現されます。

 

トリガーポイントができやすい場所&痛みが出やすい場所

なお、トリガーポイントができやすい場所と痛みが出やすい場所は、下の図の通りです。

 

 

咬筋のトリガーポイントがあった場合のほぐし方

咬筋にトリガーポイントがあった場合、次のような対処方法があります。

コリの部分を圧迫する

痛みを感じるコリの部分を、人差し指または中指の指先で押さえます。

10秒間押さえたままにして、その後すっと指先の力を抜きます。

これを5回ほど繰り返します。

 

なお、力強く押さえないようにしてください。

軽く押すだけで、十分効果があります。

 

咬筋全体を優しくマッサージする

人差し指、中指、薬指の三本の指の腹の部分で、咬筋全体を優しくマッサージしましょう。

円を描くようにゆっくりと回しながら、上顎の部分から下顎の部分まで、そして今度は下から上へと、2~3回往復させます。

 

圧迫やマッサージをする場合の注意点
痛みに応じて、適度な強さで行う

痛みがかなり強い場合、圧迫やマッサージをすることは、刺激が強すぎるのでやめておいたほうがよいでしょう。

その場合は、咬筋を指先で軽く撫でる程度にしておきましょう。

 

圧迫やマッサージは強い力で行ったからといってより効果が高いというものではありません。

適度な強さ(痛みを十分我慢できる程度)で行うようにしてください。

 

 長時間行うより、頻度を多くする方が効果的

また、長時間行うことも効果的であるとは言えません。

一回の時間は少なくて良いので、頻度を多く(日に何度か)するようにしましょう。

 

冷たい手で行うのは、逆効果!

押さえたり、マッサージをする前に、手と指先を温めておいてから行うほうが、より効果的です。

もし手が冷たい状態で行うと、筋肉はリラックスするどころか、余計に緊張してしまうためです。

咬筋のコリ、日常の中で気をつけるべきことは?
肩こりが原因になっていることも…

咬筋のトリガーポイントは、肩こりが原因となって引き起こされることもあります。

肩こりがひどい状態なら、咬筋だけではなく、肩こりも同時に改善させるようにしましょう。

 

ガムの噛みすぎ、歯の食いしばり癖にも注意!

また、咬筋を普段から酷使しないようにすることも大切です。

「ガムをいつも噛んでいる」、「寒さやストレスのため、気づけばいつも歯を食いしばっている」といった習慣は、咬筋を慢性的に疲労させる原因になることがあります。

 

日常生活の見直しもしてみましょう。

咬筋のコリがないか、セルフチェックしてみて!

歯科で「問題ない」と言われたのに歯や歯茎に痛みがあるのは、咬筋が疲労し、トリガーポイントというコリが発生していることが考えられます。

 

咬筋を自分で押さえてみて、響くような痛みがあったり、痛みが歯や歯茎に広がるようなら咬筋のコリが原因になっていることが考えられます。

 

その場合、コリの上から軽く圧迫したり、優しくマッサージするなどしましょう。

 

肩こり解消や生活習慣を見直そう

肩こりなどが原因で、咬筋が疲労することがあります。

その場合は咬筋だけでなく、肩こりの解消も同時に取り組みましょう。

 

ガムを噛んだり、歯を食いしばってしまうような習慣があると咬筋にトリガーポイントができてしまいます。

これを機会に日常生活を見直してみましょう。

 
 コラムニスト情報
西村 猛
性別:男性  |   職業:理学療法士/子どもと姿勢研究所代表/神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表

■子どもと姿勢研究所代表。
子供の姿勢や体の発達の仕組みや取組方法について、医学的視点をもとに、どなたにも分かりやすくをモットーに情報発信しています。保育士さん向け情報も。姿勢や体作りに関する講師依頼もお受けしています。
http://kodomotoshisei.kokage.cc

■神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表
言葉や体の発達に不安があるお子さんとママさんのための相談室です。
言語聴覚士や理学療法士といった、国家資格を持つスタッフがお子さんの発達を評価し、必要に応じて個別レッスンをするスタイルの教室を運営しています。
http://yuzu-kobe.jp

■「ムズカシイ医療の話を分かりやすく伝える」がモットーです。
こちらのコラムでは姿勢や動作のプロとして、身体のこと、健康のこと、姿勢のことなどについて「そうだったんだ」、「それは知らなかった」などあなたの日常に役立てていただけるようなコラム記事を書いていきたいと思います。
あなたが「普通」と思っていたことが「実は少し違っていた!」というお話が、きっとそしてたくさん出てくると思います。

■業務における講師活動
・武庫川女子大学文学部心理・社会福祉学科「リハビリテーションと障害について」(平成22年~平成25年、27年 フィールドインストラクター講義)
・高齢者への健康教室、生活介護施設での介護方法などの指導、小学校における車いす啓発、その他。

■取材・出演依頼
・関西テレビ「ANCHOR」:けん玉が体に及ぼす効果について
・テレビ朝日「中居正広のミになる図書館」:ストレッチの効果について
・スポーツをする子どもを応援するフリーマガジン「Spody α」:「体幹はカラダの基本」ページ記事
・その他(雑誌などのライターさんからの取材等)

■日本うんこ学会所属

 おすすめ新着コラム
     

     健康・医療のコラム