重い荷物で腰痛に!引っ越し作業時に腰を痛めないコツ

引っ越しで、ぎっくり腰や腰痛にならないための予防・対処法は?引越し作業時に腰の負担を減らすコツをご紹介。腰痛対策を万全にして重い荷物を運びましょう。

執筆者: 西村 猛 職業:理学療法士/子どもと姿勢研究所代表/神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表
引っ越し作業で腰痛にならないために

こんにちは、理学療法士の西村猛です。

 

引っ越し作業は、体を酷使するため、腰痛などが起こるリスクがあります。

ですが、いくつかポイントを押さえておくことで、腰痛予防対策になります。


今回は、「引越し作業時における腰を痛めない体の使い方のポイント」をご紹介します。

 

 

一時的に腰痛ベルトを使って、腹圧を高める

お腹に力を入れた状態(腹圧を高めた状態)は、腰痛の予防においては非常に効果的です。

腰痛ベルトを使えば、簡単に腹圧を高めることができます。

 

手元にない場合、布などを、ベルトのようにして腹部に巻きつけておくとよいでしょう。

 

あらかじめどのような動きをするのか、イメージしておく

スポーツ選手がよく行う「イメージトレーニング」と同じです。

動作の前にそのイメージをしておくことで、身体は力を入れる準備が行いやすくなります。

 

あらかじめ動きをイメージしておけば、急な動きの変化にも身体が素早く対応でき、腰などへの負担を減らすことに繋がります。

 

物を持ったり、運んだりするときは、その動作に集中する

特に重いものを持ち上げたり、運んだりする時には、他のことを考えたり、話しながら行ったりするのは危険です。

 

上記の「動きをイメージしておく」ことでお話しした様に、予期しない急な動きの変化が起こった際に素早く反応できれば、腰などへの負担を減らせます。

 

その動作に、集中しておきましょう。

 

重い荷物を持つときは、できるだけ体に密着させる

重い段ボール箱などの荷物を運ぶときは、荷持を体に密着させておいたほうが、腰への負担が少なくなります。

できるだけ密着する部分を広くするよう、心がけてください。


また、お腹に荷物を押し当てることで、腹圧が高まるという効果も期待できます。

つまり、荷物が腰痛ベルトの役割を果たしてくれるのです。

 

腰に最も悪影響を与える、やりがちな行動とは?

上記の注意点以外に、特に留意するべきことがあります。
それは「同じ動作ばかり繰り返さない」ということです。

 

同じ動作ばかり繰り返すのは、NG!

例えば、持ち上げる動作をすれば、次は他のことをするなど、同じ動作を何度も繰り返さないことです。

この一見非効率のように思われるポイントが、じつは大変重要になるのです。

 

同じ動きをしている = 同じ筋肉ばかり使うので、疲労がたまる

その理由は、同じ筋肉ばかりを連続して使うことで、疲労や痛みが出やすくなるからです。
同じ動きをしているということは、同じ筋肉ばかりを使っていることになります。

 

作業内容を頻繁に変えて、筋肉を休めよう

もし、途中で違う動きに変えれば、その筋肉は(他の作業をしている間)休むことができます。

 

例えば、段ボール箱に荷物を詰めていく作業をしている場合、常に体(腰)を折り曲げての作業が続きます。

ある程度の時間が経過したら、その作業を一旦やめ、カーテンを外すなどの立って行う作業に変えれば、その時間は腰を休めることに繋がります。


同じ部位ばかりに負担がかかることを避ける意味でも、同じ作業や動きを長時間続けることはやめましょう。

まとめ
引っ越し作業中の腰への負担は、軽減できる

引っ越し作業は重量物を持ち上げる機会が多くなるため、腰への負担が大きくなります。

そのため、腰痛を予防する体の使い方が重要になります。

 

一時的に腰痛ベルトを使う、あらかじめ頭の中で動きをシュミレーションしておくことなどで、腰への負担は軽減します。

 

一番ダメなのは、同じ動作ばかり繰り返すこと

それ以上に重要なポイントは、「同じ動作ばかり繰り返さない」ことです。

軽い負荷であっても、同じ動作を繰り返すことは、筋肉の疲労や痛みの原因になります。


十分な休憩時間を取ることができない引っ越し準備作業では、作業内容を頻繁に変え、特定の部位(腰)への負担を減らすように心がけましょう。

 
 コラムニスト情報
西村 猛
性別:男性  |   職業:理学療法士/子どもと姿勢研究所代表/神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表

■子どもと姿勢研究所代表。
子供の姿勢や体の発達の仕組みや取組方法について、医学的視点をもとに、どなたにも分かりやすくをモットーに情報発信しています。保育士さん向け情報も。姿勢や体作りに関する講師依頼もお受けしています。
http://kodomotoshisei.kokage.cc

■神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表
言葉や体の発達に不安があるお子さんとママさんのための相談室です。
言語聴覚士や理学療法士といった、国家資格を持つスタッフがお子さんの発達を評価し、必要に応じて個別レッスンをするスタイルの教室を運営しています。
http://yuzu-kobe.jp

■「ムズカシイ医療の話を分かりやすく伝える」がモットーです。
こちらのコラムでは姿勢や動作のプロとして、身体のこと、健康のこと、姿勢のことなどについて「そうだったんだ」、「それは知らなかった」などあなたの日常に役立てていただけるようなコラム記事を書いていきたいと思います。
あなたが「普通」と思っていたことが「実は少し違っていた!」というお話が、きっとそしてたくさん出てくると思います。

■業務における講師活動
・武庫川女子大学文学部心理・社会福祉学科「リハビリテーションと障害について」(平成22年~平成25年、27年 フィールドインストラクター講義)
・高齢者への健康教室、生活介護施設での介護方法などの指導、小学校における車いす啓発、その他。

■取材・出演依頼
・関西テレビ「ANCHOR」:けん玉が体に及ぼす効果について
・テレビ朝日「中居正広のミになる図書館」:ストレッチの効果について
・スポーツをする子どもを応援するフリーマガジン「Spody α」:「体幹はカラダの基本」ページ記事
・その他(雑誌などのライターさんからの取材等)

■日本うんこ学会所属

 

 住宅・不動産のコラム

 健康・医療のコラム