チワワの毛色にも種類がある!茶色や白黒、レッド…選び方のコツは?

チワワは、毛色の種類が豊富な犬種。黒系、レッド系、ホワイト系、チョコレート系など、どんな毛色があるのか見てみましょう。

執筆者: 堀内フローラ 職業:ブリーダー、ペットガイド
不思議なチワワの毛色

世界最小の犬として有名な、チワワ。

 

実は、とても毛色の種類が豊富なのです。

大きく分けて「黒系、レッド系、ホワイト系、チョコレート系」と分かれます。

 

チワワに興味のある方は、ぜひ毛色についても学んでみてください。

 

チワワの毛色1 黒系

まずは、黒系。

「ブラック、タン」と呼ばれる毛色です。

 

トライ

全身黒い毛で、目の上、あごの辺り、足、おしりにタン(茶色)が入ることが多いです。
首回りや、足、顔に白が入ると、3色の「トライ」と呼ばれます。

 

 

ブラック&クリーム

タン(茶色)のない、ほとんど全身が黒いものは少ないです。
タンの色が薄いものは、「ブラック&クリーム」と呼んだりします。

 

フォーン

ベビーの頃に黒っぽい毛だったものが、だんだんと薄い茶色に変化する毛色は、「フォーン」と呼びます。
大きくなるにつれて、黒い差し毛が抜けてすっきりとした、薄い茶色になります。

 

 

ブラックマスク

口の周りが黒い犬は「ブラックマスク」と呼びます。
濃淡は個体差があり、赤っぽい毛や、黄色味の強いもの、青みがある毛の犬もいます。

 

一番チワワらしいイメージの色だと思います。

 

チワワの毛色2 レッド系

次にレッド系。

 

 

オレンジ

全身きれいな赤毛のチワワは、ベビーの頃は黒い毛が多くて、見栄えが少し悪く見えたりします。
明るいレッドは、「オレンジ」と呼ぶこともあります。

 

クリーム

うんと色が薄くなると、「クリーム」と呼びます。

ミルクティーのようなやさしい色合です。

 

レッドの毛は、白い部分があまり目立ちません。

「レッド&ホワイト」となっていても、毛色の境界はあいまいなことが多く、赤から白へとグラデーションになっている場合もあります。

 

チワワの毛色3 ホワイト系

次にホワイト系。

全身が真っ白のチワワはとても少ないので、人気があります。

 

 

特徴

色素の濃い犬は、目、鼻が黒くて、大変可愛い顔になります。

涙目になると、白いお顔が台無しになりますので、目の周りのケアが大切です。

 

他の色が混じると?

白地に他の色の斑が入る毛色は、「ホワイト&ブラック」、「ホワイト&レッド」などと呼ばれます。

白と他の色が半々くらいですと、「パーティーカラー」と呼ぶこともあります。

 

 

特徴

斑の大きさや色の濃さで、個性的な毛色となり、模様によっては、世界で1匹の毛色の犬にもなります。
選ぶ際に、気になる模様の子犬だから購入を決めた、ということもあるようです。


「ホワイト&クリーム」の子犬は、ほとんど白く見えますが、成長すると、クリーム色が濃くなってくるものが多く、だいぶ印象が変わります。

 

チワワの毛色4 チョコレート系

次にチョコレート系。

チョコレート色とタンのマーキングがあるものは、略して「チョコタン」と呼ばれています。

 

 

色に濃淡があり、濃いチョコレート色から、薄いココアのように見える「イザベラ」ものもあります。

 

特徴

チョコレート系の犬の目は、明るい色になっていることがほとんどです。

また、毛色と同じような鼻の色になっています。

チョコレート系のチワワは、優しい雰囲気が好まれるようです。

 

黒系のトライと同じように、首回り、顔の中の白いすじ、尾先、足先などに白が入る場合が多いのですが、こちらは「トライ」とは呼びません。

「チョコタン&ホワイト」と呼んでいます。

 

珍しいブルー系など

少し珍しい毛色としては、ブルー系があります。


ぼやけた黒毛がわずかに青味がかっています。

濃いグレーとあまり見分けがつきません。

 

ブルーマール

そして、シェルティーなどのような「ブルーマール」。

模様次第では大変美しい毛色なのですが、この毛色同士の組み合わせは、健康上問題のある子犬が産まれることがあり、チワワ犬種のスタンダードでは、認められていません。


他にも、「チョコレートマール」、「ブリンドル(虎毛模様)」「セーブル(茶系)」などがあります。

 

子犬を選ぶときは、色調の濃い犬を!

子犬を選ぶ場合は、色調の濃い犬を選ぶと良いでしょう。

色素の薄い犬はたまに皮膚が弱かったり、毛質があまり良くない場合も見受けられるようです。

 

 

おわりに

チワワはもともと何色でも良いことになっていたため、違う毛色同士を組み合わせることも多く、両親犬と違う毛色の子犬も産まれてきます。


遺伝的にはとても複雑で、ブリーダーにとっては、勉強のしがいのある犬種でしょう。
犬を飼う人には、好みの毛色を選ぶ楽しみがあります。

 

チワワを飼育している方や興味のある方、公園などで、見かけたチワワを記録してみてはいかがでしょうか?
飼育頭数も多いので いろいろとコレクションできると思います。

 
 コラムニスト情報
堀内フローラ
性別:女性  |   職業:ブリーダー、ペットガイド

犬のブリーダーをしています。動物に囲まれて生活していて毎日、多忙ですが、
色々な発見があり楽しいです。ペットに関してのご相談お受けいたします。

 

 生活のコラム

 ペットのコラム