「魚際(ぎょさい)」のツボを押してみて!夏の隠れ冷え性チェック

「魚際(ぎょさい)」のツボを利用した隠れ冷え性チェックと、漢方的対処法(養生法)。汗っかきで暑がりな人ほど、実は冷え性の可能性があります。

執筆者: 漢方Kaon 職業:漢方アドバイザー
あなたも隠れ冷え性かも?

こんにちは、漢方アドバイザーの寺井麻友です。

暑い日にエアコンの効いた涼しい場所に入ると「フーッ」と落ち着きますね。
気持ちいい反面、実はこの急激な温度変化は、身体が本来もっている体温調節機能に負担をかけます。

脂肪は一度冷えると温まりにくいため、このような温度変化は、冷え症につながる原因の一つと言われています。

 

ですので、「エアコン大好き」汗っかきで暑がりな人ほど、実は隠れ冷えがあるかもしれません。

早速、セルフチェックしてみましょう。

簡単!隠れ冷え性セルフチェック
1.お腹のおへその下あたりを手で触ってみましょう。

手の温かさが気持ちいいと感じたあなた、それはお腹の温度が低いから。
実は顔から汗をかきやすい人ほど、お腹や下半身の冷えが多く見られます。

 

2.手のひらの、親指の付け根あたりを見てみましょう。

血管が青黒く見えていませんか?
さらに、親指の付け根の膨らんだところの少し外側を押してみましょう。
ここは「魚際(ぎょさい)」と言われるツボです。

 

押すと痛い、あるいは気持ちいいと感じたら、それはお腹まで冷えているシグナルかもしれません。

 

 

隠れ冷え性の症状

冷えの自覚はあまりなくても、隠れ冷えは「お腹=体の中心」が冷えている黄色信号の状態です。

次の症状の中に、当てはまるものはありませんか?

 

☑ 便秘や下痢

☑ トイレが近い

食欲があまりない、あるいは食べ過ぎてしまう

夜眠れない

眠りが浅い

疲れやすい

肩がこる

目が疲れる、など


そこで、エアコンなどで冷えやすい現代の夏を上手に乗り切る、5つの養生法をご紹介します。

 

冷えやすい現代の夏を上手に乗り切る、漢方的養生法
エアコンの設定温度は、外気温マイナス5℃以内にする

自分で設定温度を変えられない外出先では「ストール」と「貼るカイロ」が重宝します。


カイロはおしゃれも楽しみながら、冷えから守ってくれる優れものです。
バッグに2枚のミニカイロ(お腹と腰に貼る用)があると、エアコンが強すぎる時にすぐ貼れて安心です。

 

水分補給は温かいものをこまめに飲む

たくさん汗をかく夏に、水分補給は欠かせません。

「冷たいものをごくごく」よりも、「温かいものをちびちび」が、お腹を労わる上手な水分補給法です。

 

 

食べ合わせ「冷たいもの×油っこいもの」の組み合わせは控える

ビールと唐揚げ、アイスとウナギなどを一緒に食べると、胃に負担がかかり、お腹の冷えにつながります。
アジやカボチャなど、夏が旬で体を温める作用がある食材がお勧めです。

 

入浴はシャワーで済ませず、湯船に浸かる

1日のうち、1回でも「寒っ」と感じたら、体が冷えたサインです。

そんな日は、3分間でもいいので湯船に浸かると、その日の冷えが抜けます。


38~40℃くらいのぬるま湯に30分くらいゆっくり浸かれるとベストです。

 

 

●関連コラム

ぬるめのお風呂に入浴する効果って?慢性疲労回復や心の疲れを癒すコツ

 

昼食後に10~20分くらいお昼寝をする

イスに座って目を閉じるだけでも違ってきます。

体の筋肉をゆるめて深い呼吸を意識すると、血液にたっぷりと酸素が送り込まれ、血行が良くなります。

 

自分が隠れ冷え性かセルフチェックしてみてくださいね

自分が隠れ冷え性だと気づかずに過ごしている人がたくさんいます。

チェックして体が冷えていることがわかったら、取り入れやすそうなものからまず一つ始めてみてくださいね。

 
 コラムニスト情報
漢方Kaon
性別:女性  |   現在地:東京都中央区銀座2-6-5銀座トレシャス7F 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座内  |   職業:漢方アドバイザー

漢方Kaonは
”人生を楽しく元氣に生きる”をテーマに
漢方を取り入れた生活をご提案しております。

漢方は難しいものでも、遠い存在でもなく、自然からの贈り物。
そして
私たちの生きる力を優しく支えてくれるもの。

漢方をもっと身近に
もっとあなたらしく

さあ、漢方の扉を開いてみませんか。



-こころとからだを軽くする漢方カウンセリングを行う-

≪漢方カウンセリングルームKaon≫
   
   http://kampokaon.com/
 


-今までにない、実践主義、本物主義の漢方の学校-

≪Kaon漢方アカデミー≫
   
http://academy.kampokaon.com/



   facebook
   https://www.facebook.com/kampokaon

   ブログ
   http://ameblo.jp/kaon2010/

 

 健康・医療のコラム