秋の星空観察。秋の星座「やぎ座」や「みなみのうお座」の探し方

秋の星空の楽しみ方を紹介。華やかだった夏の星座と比べて明るい星は少ないですが、やぎ座やみなみのうお座など、大きく形も整って分かりやすい星座も多いので、ぜひ秋の星座も観察してみてください。

執筆者: 宇都 正明 職業:天体観測アドバイザー・星空案内人
秋の星空案内

こんばんは、天体観測アドバイザー・星空案内人の宇都正明です。

 

まだまだ昼間は暑い日々が続きますが、夜は、めっきり涼しくなってきました。
秋が深まりつつあることを感じさせてくれます。

 

今回は、今の時期に楽しめる秋の星座をご紹介したいと思います。

 

いて座と火星もまだ見える!

さて、夕方、西の空に目を向けると、まだまだ夏の星座も見えています。
特に、南西の低い空には、今年、スーパーマーズとして話題となった火星がまだ見えています。

 

これまでのコラムでもお話しした様に、火星を始めとする惑星は、時期によって位置を変えていくことは何回かご紹介してきました。
この夏、さそり座にいた火星は、東に移動して、いて座の南斗六星の近くにまで移動してきました。


この後、火星は、地球から遠ざかり、暗くなりながらも、暫くの間は、夕方西空低くに見えていますので、まだまだ注視してみてくださいね。
星座の中を移動しつつ、しつこく西空に留まっている様子を見ることができるかと思います。

やぎ座

いて座を確認したら、今度は目を少し東側に移してみましょう。
いて座の東隣りには、黄道十二星座のひとつ、やぎ座があります。

 

 

やぎ座はご覧のとおり逆三角形のような形をしています。
この形は、ギリシア神話に由来します。

 

山羊の姿をした「パン」という神様が、恐ろしい怪物「テュホン」に襲われたとき、魚に化けて、川から逃げようとしました。

しかし、慌てすぎて下半身しか魚に変身できず、上半身はヤギ、下半身は魚という姿で星空にあげられてしまいました。

 

やぎ座は形は分かりやすいのですが、暗い星が多いので、探すのは少し大変かもしれません。
もし、見つからない場合は、双眼鏡を使ってみるか、あるいは写真に撮って確認してみてください。

秋の唯一の一等星「フォーマルハウト」

さて、そのやぎ座よりさらに東側、南やや低いところに明るい星がポツンとあります。

 


空が明るい町中に近いところでは、ひょっとしたら、この星しか見えない…なんてこともあるかもしれません。
特に、この秋は、秋の星座に惑星が紛れ込んでいないこともあり、秋の空、唯一の一等星です。


もし、やぎ座が見つからない場合でも、こちらのフォーマルハウトはぽつんと一つ星が輝いているのが判ると思いますので、ぜひ探してみてください。

 

みなみのうお座

フォーマルハウトは、みなみのうお座のα星です。
星座は、基本的に一番明るい星から順番にα、β、γ、δ、ζ … といったギリシア文字が割り振られていきます。

 

例えば、北極星はこぐま座α星で、こぐま座の中で一番明るい星といった具合です。
つまり、フォーマルハウトは、秋の星座唯一の一等星ですから、みなみのうお座を構成する星の中で一番明るい星ということです。

 

 

周囲の星々はやはり暗い星が多いので結びにくいかもしれませんが、魚が水面から跳ねたような姿をしている整った形の星座です。
写真を参考にぜひたどっていってみてください。

おわりに

秋は物寂しい季節。

星空の方も、華やかだった夏の星座と比べて、目立つ明るい星もなく、寂しい印象を受けるかと思います。


しかしながら、暗い星々とはいえ、大きく、形は整って解りやすい星座も多いので、ぜひ秋の星座も見上げてみてください。

 
 コラムニスト情報
宇都 正明
性別:男性  |   職業:天体観測アドバイザー・星空案内人

銀河鉄道999や、ボイジャー2号の写真などで、子供の頃から宇宙に興味を持って以来、天文に興味を持ちました。
デジタルカメラのおかげでアマチュアでも、図鑑の様な写真が撮影できる様になり、すっかりとのめり込んでしまいました。
星空の魅力を伝えていければと思って、天体観望会のお手伝いなどもしています。

 おすすめ新着コラム
     

     生活のコラム

     写真・カメラのコラム

     趣味のコラム