iphoneカメラで人物を綺麗に撮影する方法は?写真写りが良く見える簡単テクニック3つ

iphoneの標準カメラは映りが悪い?スマホカメラも今や高性能。自然光や露出設定などあれば綺麗に撮影できるのです。映し方のポイントを紹介。

執筆者: 鍋谷萌子
iphoneカメラで人物をきれいに撮影する方法

旧世代のミニカメラなどと比べると、現在のiphoneの方が写りがよいとまで言われるほど、現在の携帯電話の性能は進歩していっています。


今回はそのなかでも、ユーザーが多いiphoneで、写真を綺麗に撮る方法をお教えします。

 

 

自然の光がやっぱり一番きれい!

iphoneに限った話ではありませんが、写真を撮る際には、基本的には自然光が一番よいと言われています。

もちろん、特殊なスポットライトなどを使えばこの限りではありませんが、一般的な写真を撮るときならば、できるだけ日中の明るい時間に撮りましょう。

 

iphoneにもフラッシュ機能がついていますが、これは使わない!

ほとんどの場合、不自然な陰影がついてしまいます。

 

手ブレがないよう両手で持つ

iphoneは一般的なカメラに比べてやはり手ぶれがしやすいので、しっかり両手で持って撮影しましょう。

自撮り棒などもブレやすいので、基本は「両手」です。

 

被写体にカメラを向けて長く押すと自動でピントが合わせられます。

 

露出調整をしよう

iphoneで「カメラ」を選んで画面をタッチすれば、画面に黄色い枠が出ます。

この枠の隣には、太陽のようなマークが表示されているはずです。


このマークは、露出(光の量)を調整できるという目印です。

上側に指をスライドすると明るく、下にスライドすると画面を暗くすることができます。

 

ちなみに画面を長押しすると、明るさなどを固定できるAFロック機能が搭載されています。

 

おわりに

機種にもよりますが、iphoneではパノラマ撮影も可能です。

広い範囲を美しく撮ることができるため、カメラとも遜色のない写真が撮影できます。

さらにはスローモーション動画なども撮影できるなど、その多機能性は目を見張るものがあります。


撮った動画を早く再生する「タイムラプス」の機能が搭載されているものもあり、いろいろと遊べます。

ちょっとしたカメラ顔負けの機能が搭載されたスマホで、綺麗な写真を撮ってくださいね。

 
 コラムニスト情報
鍋谷萌子

フードコーディネーター・フードアナリスト・コムラードオブチーズの資格を持ち、200件を超える食事系記事を手掛けてきました。
「速い・安い・おいしい」の料理記事、お任せください。
また、美容関係の記事も4000記事以上、福祉・医療・健康の分野でも各500記事以上のライティング経験を誇ります。
IT・骨董品・不動産(建築)・葬儀にも明るく、さまざまな質問にお答えすることができます。


ブログ:【記事屋】猫の手も借りたい
http://nabemoe-witer2012.seesaa.net/

 おすすめ新着コラム
     

     PC・家電のコラム

     写真・カメラのコラム

     生活のコラム