「朝からイライラ」を解消する"一日一善"効果って?イラつく前に〇〇をしてみよう

朝からイラついた気持ちを抑えるため、機嫌よく一日を過ごすコツとは?家族や周りの人も自分も幸せになれる「一日一善」の開運効果を紹介。

執筆者: 梅田 孝男 職業:整体師・気エネルギー療法師・カイロプラクティック師
「一日一善」をもう一度!

こんにちは、梅田整体療院院長の、梅田孝男です。

 

日々、気持ちよく過ごすためには、考え方や行動が大切ですね。

私が小さい頃は「一日一善」という言葉をよく耳にしました。

「常識的に、1日に1回は何か良いことや人のためになることをしよう」という意味ですね。

 

 

効果抜群!イラついた気持ちを抑えるために考え出したルールとは?

以前、車で通勤していたときに、どうしても渋滞やノロノロにイライラしていました。

それを解消するため、あるときから自分自身にルールを課しました。

「到着するまでに1回は譲る」というルールです。

 

自動車通勤が多い地域性なので、渋滞や信号等でどうしてもイライラしがちです。

後悔先に立たず、トラブルを起こしては、ただ悔やまれるだけです。


そうならないためにも、朝からイラついた気持ちを抑えるため、また機嫌よく一日を過ごすために考え出した答えが、このルールでした。

良いことをすると、相手も自分も心が穏やかに!

「到着するまでに1回は譲る」とは、具体的には、右折対向車があれば譲る、合流車があれば入れてあげる、といったものです。

 

積極的に譲ることで、自分も相手も心穏やかでいられます。

 

「今日は到着するまでに3回譲ったぞ!」と、朝から気持ちも満足のニコニコ笑顔になれます。

反対に、「今日は譲るところがなかったなぁ」といった残念な気持ちになることもあります。

 

さらに不思議なことに、イライラするどころか、反省する気持ちになることもあります。

「ああ、あそこで譲るべきだったなぁ」と。

朝からイラつくと、残念な一日に…

その日をどれだけ気持ちよく過ごせるか、出勤時の朝のルールが、自分自身へのすごい活力になっていました。

 

いつも患者様と接する仕事ですから、よい笑顔での対応を心がけていますが、イラついて出勤してきた作り笑顔が、本物の笑顔に勝るはずがありません。

イラついていると顔がこわばりますし、肩も凝ってきます。

 

気持ちに余裕がなくなっていますから、ちょっとしたことでさらに機嫌が悪くなってしまいます。

朝の一善が、心の余裕を生む
心が張りつめないように…

この気持ちの余裕は、風船と同じです。

風船が膨らんでいない状態は、心が安定している状態です。

 

ここから感情が高まると、風船が膨らみ始めます。

風船に許容量があるのと同様、感情にも許容量があります。

許容量を超えてしまえば、心が破裂してしまうのです。


一気に大きく膨らむこともあれば、少しずつ膨らんでくることもあります。

風船が膨らまないようにすることや、息抜きをして風船を小さくすることが大切です。

 

そのために、朝の一善はとても良い方法の一つです。

 

 

おわりに

一善は、家族に対してでも良いですし、周囲の人に対してでも良いでしょう。

せめて、一日の前半である午前中に一善を目標にできるといいですね。

 

それも難しいようでしたら、一日のうちで一善、つまり一日一善を目標に切り替えてみてはいかがでしょうか。

 
 コラムニスト情報
梅田 孝男
性別:男性  |   職業:整体師・気エネルギー療法師・カイロプラクティック師

群馬県高崎市の、梅田整体療院の院長として、日々施術をしております。

2000年3月に独立開業。整体、カイロ、東洋医学の他、筋肉反射療法や気エネルギー療法の気導術を習得。症状をなるべく速く、少ない回数でよくしたい気持ちで、ご対応させていただいております。

施術現場で起こる不思議な現象に、多くの体のことを学ばさせていただいてます。これまでの常識や知識ではなく、施術から得られた人の体の本質を、皆様のお役に立てるようお伝えしたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

施術録や日記等をお伝えしていますブログ「梅田整体療院のツッパリ解消ロックンロール」もご覧になってください。
http://umedaseitai.seesaa.net/

厚生労働大臣認可 日本健康サポート協同組合会員