歯周病の知識を歯科衛生士が解説!歯周病の進行度と予防ポイント

歯周病の予防法を紹介。「私は歯周病なんて関係ない」「歳をとってからなるもの」「きちんと歯磨きをしていない人がなるもの」という考え方は間違い。歯の健康を守るために、今から始めましょう。

執筆者: 太田由美 職業:歯科衛生士
歯周病の正しい予防方法を、歯科衛生士が解説!

こんにちは、歯科衛生士の太田由美です。

今回は、歯周病の正しい予防方法をご紹介します。

 

 

若くても、歯磨きしていても「歯周病」になることも…

皆さん「私は歯周病なんて関係ない」「歳をとってからなるもの」「きちんと歯磨きをしていない人がなるもの」なんて思っていませんか?


いえいえ、歯周病は誰でもなる可能性があります。
若くても、きちんと歯磨きしていても、だから安心と思ってはいけません。


歯並びの悪いところや親知らず周辺、奥歯の歯と歯の間など、自分では気づかないところで歯周病菌は静かに、時に活発に活動しているからです。

まずは検査!歯周病の進行度を把握してみよう

「歯周ポケット」をご存知ですか?

また、きちんと測ってもらったことはありますか?

 

歯周ポケットの深さから分かる「歯周病の進行度」
  • 1~3mmで出血がない  ⇒ 健康な状態です。
  • 3mm以上で出血がある ⇒ 歯周病は始まっています。

 

早めに見つけて対処すれば後々、苦労しなくてすみます。
そのためには、まず知ること。

「歯周ポケット検査」を受けて、危うい箇所はないか、まずは知ることからスタートです。

 

自分に合った正しい歯の磨き方をマスターする
「磨けているつもり」はNG!

自分では磨けていると思っていても、多分手付かずになっている所があるはず。

そんなところから歯周病はスタートします。


歯周病菌が歯ぐきの中に住み着いてしまったら、非常に厄介です。
歯周病予防の要は“プラークコントロール”。


一度きちんと正しい磨き方をマスターすれば、その効果は絶大です。

 

細菌と戦う免疫力をつける

免疫力とは、細菌と戦う力のこと。

免疫力が弱まっていると、歯周病は進行しやすくなるのです。

 

免疫力を高める方法は、バランスの良い食事・質の高い睡眠・適度な運動・ストレス解消などですね。

 

「信頼できる歯科衛生士」を早く見つけるのもポイント!

定期的にプロフェッショナルケアを受けるようにしましょう。

 

歯周病予防は、日々のプラークコントロールが大切なので、セルフケアのチェックを受けるようにしましょう。

さらにプロフェッショナルケアで仕上げてもらえば安心です。

 

歯周病を予防するために必要なポイントまとめ

歯周病を予防するために必要なことをまとめると、次のようになります。

 

  1. まず歯周病とはどういうものかを知り、
  2. 歯周精密検査を受けて自分の状態を把握し、
  3. 正しい歯磨きの仕方を習得し、
  4. 細菌にたやすく負けない免疫力をつけ、
  5. かかりつけの歯科でメンテナンスをうけること。


これができていれば、生涯「歯」で困ることはなく、ブリッジや入れ歯で不自由な思いをすることがなくなるでしょう。

 

若いうちから取り組んで、自分の歯で過ごそう

20代から取り組み行動すれば、100歳まで自分の歯で過ごすことも不可能ではないでしょう。

たとえいくつになっても、気づいたときが良くなるチャンス!
そのチャンスを逃さないでください。

 
 コラムニスト情報
太田由美
職業:歯科衛生士

はじめまして歯科衛生士歴27年、歯周病認定歯科衛生士の太田由美です。
現在フリーランスとして2軒の歯科診療所で、予防歯科・歯周病治療とメインテナンスを行っています。
『100歳まで自分の歯を保つ方法とは?』を【歯周病を予防しようblog】というブログでお伝えしています。
こちらも是非ご覧になってください。

・日本臨床歯周病学会認定歯科衛生士
・ホワイトニングコーディネーター
・健康医療コーディネーター

 おすすめ新着コラム
     

     健康・医療のコラム