あなたのお給料は高い?安い?年代別で見る平均年収・給与額

同年代の人と比べて、自分のもらっている給料は多い?少ない? 気になる年齢別の平均給与額(年収)を紹介。年代ごとのデータを見てみましょう。

執筆者: 鍋谷萌子
自分のお給料は高い?低い?年齢別の平均年収・給与額

「どのくらい給与をもらっているのか」というのは、だれもが気になるところでありながら、人に聞くのがなかなか憚られるものでもあります。

 

自分のお給料は高いのか低いのか、平均年収額を年齢別に見ていきましょう。

 

 

求人情報・転職サイト調べの年齢別平均年収・給与額

「年齢別の平均給与額」は、データによって多少違いがあります。

たとえば、求人情報・転職サイトの「DODA(デューダ)」が出している平均年収のデータを見てみましょう。

 

全体
  • 20代 354万円
  • 30代 467万円
  • 40代 564万円
  • 50代 701万円

 

男性の場合
  • 20代 374万円
  • 30代 501万円
  • 40代 616万円
  • 50代 744万円

 

女性の場合
  • 20代 324万円
  • 30代 390万円
  • 40代 425万円
  • 50代 461万円

 

このように、かなり大きい金額が計上されています。

 

参照情報 転職・求人DODA 平均年収ランキング2016(年齢別の平均年収)

 

一方、国税庁調べの年齢別平均年収・給与額

対して、国税庁の出した「民間給与実態統計調査」では、次のような数字になっています。

 

この調査は、源泉徴収義務者(民間の事業所に限る)に勤務している給与所得者を対象としており、源泉所得税の納税がない事業所の従事員や、官公庁等に勤めている公務員は含まれていません。

 

民間の女性の場合
  • 20代 264万円
  • 30代 299万円
  • 40代 290万円
  • 50代 280.5万円

 

民間の男性の場合
  • 20代 321.5万円
  • 30代 474万円
  • 40代 596.5万円
  • 50代 628.5万円

 

このように、「どこを母体にして統計をとるか」によってこの数字はたやすくゆらぐため、統計の取り方には注意が必要です。

 

参考資料 国税庁 民間給与実態統計調査 平成26年分調査(1年を通じて勤務した給与所得者-平均給与-年齢階層別の平均給与)

 

男女で平均年収・給与額が大きく違う理由は?

データを見ると分かるのですが、女性と男性の間には大きな収入格差があります。

これは、「女性の働き方が、男性に比べて変化しやすいこと」にもあるのだと思われます。

男性の場合、会社に正規の正社員として勤めていく、というスタイルが基本となるでしょう。

ですが、女性の場合は、「結婚前までは正社員で働いていたが、結婚したのでパートタイマーになった」「今まで長く一つのところで勤めていたが、介護のために辞めた」「夫の転勤についていくために、仕事を辞めて新しい分野で一から経験を積んでいる」などのように、ライフスタイルにあわせて働き方も変わってきます。

これは、「良い・悪い」という一元的な問題で論じられる話ではなく、それぞれの人生の選択によるものです。

そのためか、男性の年収は年齢に応じて右肩あがりになっていくのに比べて、民間で働く女性の場合は300万円前後で推移しやすいと考えられます。

 

皆の平均年収額と比べて、自分の給与は多い?少ない?

この数字は、現在のあなたの給与と比べていかがでしたでしょうか。


もちろん、「お金」「年収」「給与額」では、人生の幸不幸は決定づけられません。
しかし、お金がある方が人生の選択肢は広がりますし、希望をかなえやすくなるというのも事実です。

 
 コラムニスト情報
鍋谷萌子

フードコーディネーター・フードアナリスト・コムラードオブチーズの資格を持ち、200件を超える食事系記事を手掛けてきました。
「速い・安い・おいしい」の料理記事、お任せください。
また、美容関係の記事も4000記事以上、福祉・医療・健康の分野でも各500記事以上のライティング経験を誇ります。
IT・骨董品・不動産(建築)・葬儀にも明るく、さまざまな質問にお答えすることができます。


ブログ:【記事屋】猫の手も借りたい
http://nabemoe-witer2012.seesaa.net/

 

 ビジネス・経済のコラム

 お金・資産運用のコラム