食べきれなかったお刺身のリメイクレシピ!サーモンフレークと、マグロ唐揚げの作り方

執筆者: 新崎 亜子 職業:料理研究家
はじめに

お祝いごとなどが続き、お刺身やお寿司が食べきれなくてどうしよう。

そんなシチュエーションは誰にでもあるのではないでしょうか。

 

お皿は大きくて冷蔵庫に入りきれない。

今はお腹一杯だから、この大量のお刺身をどうしていいのか思いつかない。

 

そんな時は、冷蔵庫にしまう前に少しだけ手をかけてあげましょう。

 

お刺身の保存方法

美味しいお刺身をいただいて、食べきれなかったお刺身は大根のツマなどは処分します。

お魚の臭いがついてしまっているので、翌日はリメイクは不可能と思ってくださいね。

そしてお刺身を種類別に保存容器に移します。

そうしてあげると冷蔵庫の中にしっかり収まり、翌日のリメイクに便利です。

 

 

サーモン刺身のリメイク

サーモン刺身をお酒に漬け込んで臭みを取り、レンジで加熱すればすぐに鮭フレークが出来上がります。オニギリやご飯のおともに最適です。保存の為にも少し塩を効かせてあげましょう。

 

サーモンフレークの作り方
  • サーモン刺身200g
  • 酒大さじ2
  • 粗塩小さじ1

 

  1. サーモンに酒をふりかけ、30分程度放置します。
  2. 水分を拭きとり、耐熱容器やスチームケースなどに入れます。粗塩をまぶして(濃いめの味付けがおすすめ)レンジで3分程度加熱。冷めるまで放置し、冷めたらほぐします。
  3. 保存容器に移して冷蔵庫で保存しましょう。4日~5日は保存可能です。

 

 

マグロのお刺身のリメイク

マグロのお刺身は、ニンニク醤油など旨みの詰まったタレに漬けこみ、カラリと揚げます。

 

 

マグロのからあげ
  • マグロ刺身200g
  • ニンニク醤油大さじ1
  • 大葉2枚
  • 天ぷら粉+水(商品に記載の分量で天ぷら液を作ります)
  • 揚げ油適量

 

  1. マグロはニンニク醤油(ニンニクを醤油で漬け込んだもの)に1時間漬け込みます。
  2. 作っておいた天ぷら液の中に浸しゆっくりすくい180度に熱した油でカラリと揚げます。
  3. 千切りにした大葉を絡めます。揚げたてはもちろん、冷めても美味しい天ぷらの出来上がりです。

 

ニンニク醤油の作り方

保存瓶に潰したニンニク5つ、醤油300ccを入れ冷蔵庫で保存しましょう。

唐揚げや炒め物に便利なタレが出来上がります。

 

おわりに

お刺身は鮮度の良いうちにいただくのが一番ですが、そうもいかない時は、そのまま冷蔵庫にしまってしまうと翌日も手を付けないことがほとんどではないでしょうか。

 

 

下味をつけておいたり、一手間をかけて上がると新しい食材として生まれ変わる事ができます。

自然の恵みに感謝をし、食べ残しゼロを目指して是非お試しになってくださいね。

 

ちなみに、お刺身の写真のカマとアラは一度湯引きしてお味噌汁にしました。

濃厚な粗汁を楽しむことができましたよ。

 
 コラムニスト情報
新崎 亜子
性別:女性  |   職業:料理研究家

沖縄在住の料理家。野菜ソムリエ協会認定校・豆腐マイスター講座認定指定校 おもてなし料理教室 HEARTY  PARTY 調理師、ジュニア野菜ソムリエ、豆腐マイスター、沖縄食材スペシャリスト、食育指導士によるおもてなし料理教室。沖縄の食材、グルメ情報、簡単レシピ、沖縄料理、食に関わる事を発信します。

おもてなし料理教室 HEARTY PARTY http://heartyparty.ti-da.net/
すぐできるちょいカワお弁当http://ameblo.jp/thiyoikawaobentou/

 

 グルメ・レストランのコラム