冬野菜の準備は9月~10月!初心者が家庭菜園(プランター)で育てやすい冬野菜17選 (1/2)

執筆者: 嶋村 知香 職業:ピアノ調律師・暮らしガイド
秋に準備する家庭菜園、冬野菜編

残暑厳しい毎日が続き、まだピーマン、オクラといった夏野菜が元気に育っている最中だとしても、夏休みも終わりに近づく8月末からは、心は徐々に冬野菜にシフトしましょう。

 

 

今回は、秋に準備して冬に収穫できる野菜を、難易度つき(☆☆☆)でご紹介します。

 

  • 難易度☆(初心者におすすめ)
  • 難易度☆☆(中級者向け)
  • 難易度☆☆☆(上級者向け)

 

9月が植え時の野菜
白菜(☆☆)

鍋に漬物にと、冬の食卓に欠かせない冬野菜の王様「白菜」は、9月が苗の植え時です。

虫がつきやすく、害虫対策が必要です。

 

大根(☆)

おでんや煮物に大活躍の「大根」は、種をまくだけで簡単に栽培できます。

本葉が出てきたら、間引くのがポイントです。

 

 

間引いた葉は、まさにカイワレ大根。

捨てずにサラダなどでお召し上がりください。

 

かぶ(☆)

コカブはベランダでも栽培しやすく、比較的短期間で育つので、初心者にもお勧めです。

ほうれん草(☆☆)

緑黄色野菜の代表格「ほうれん草」は、日当たりのよいベランダで十分育ちます。
明るすぎるとトウが立ちやすいので、夜間外灯などが当たらない、暗い場所で育てましょう。

春菊(☆)

真夏以外いつでも栽培できますが、秋まきすると、春にかわいい花を楽しめるのでお勧めです。
種を蒔くときに、土をかぶせすぎないのがポイントです。

 

 

レタス(☆☆)

種が細かいので、雨などで流れない様に注意が必要です。

気温が25度以上では発芽しにくいので、種蒔きは涼しくなってから行なうのがコツです。

 

 

芽キャベツ(☆☆)

芽キャベツには、ビタミンCがキャベツの4倍、たんぱく質、カルシウムも含まれており、小さい実の中に栄養がぎっちり詰まっています。


春植えより害虫被害が少ないので、秋植えがお勧めです。

ニンニク(☆☆)

元気が出る野菜の代表格、強くて丈夫なイメージのニンニクですが、暑さ寒さに意外と弱いです。

10月が植え時の野菜
小松菜(☆)

小松菜は、ほぼ年中育てられ、暑さ寒さに強いです。

やや日陰のベランダでも育ちます。

 

秋から冬が、味が良く美味しくできます。

水菜(☆)

鍋にもサラダにも使える「水菜」は、プランターでも簡単に育てることのできる、初心者向きの野菜です。

生でも食べられるので、冬のビタミン補給に重宝します。

 

 

エンドウマメ(☆)

豆をさやごと食べる「サヤエンドウ」、さやから取り出した豆を食べる「グリーンピース」、丸く育った豆とさやを一緒に食べる「スナップエンドウ」、どれも秋が種まきの時期で、簡単に育ちます。

 

夏育てたゴーヤの支柱を、そのまま利用できます。
スイートピーのような可愛いお花が咲くのも、楽しみのひとつです。

 

 

空豆(☆☆☆)

空に向かって伸びる「空豆」。

下を向いたら食べごろです。

 

 
 コラムニスト情報
嶋村 知香
性別:女性  |   職業:ピアノ調律師・暮らしガイド

はじめまして
Latteでは音楽や古典芸能、暮らしのコラムを書いています。
どうぞよろしくお願いします♪

 

 趣味のコラム