リンゴの北欧アレンジレシピ!林檎の手作りお菓子で秋の味覚を楽しむ♡ (1/2)

執筆者: Yukki 職業:スウェーデン・北欧ガイド
北欧の「リンゴ」スイーツの作り方

こんにちは、スウェーデンから情報をお届けしているYukkiです。


前回のコラムでは、日本人の口に合わないかもしれないものを取り上げましたが、今回は、ちゃんと美味しいものについてお話します。

 

ストックホルムも、気温がだいぶ下がり、葉も秋らしく色づいてきました。

ということで、今回はこの時期にぴったりな、スウェーデンの秋レシピから、特にリンゴレシピをご紹介します。

 

スウェーデンの秋

秋と聞いて、必ず真っ先に思いつく言葉といえば、「食欲の秋」ですよね。

 

日本の秋と同じように、スウェーデンでも、キノコやカボチャ、りんごなど、季節の美味しいものがたくさん採れる季節でもあります。

 

最近では、柿や栗などなど、日本では一般的に食べられているものも、だいぶ手に入るようになりました。

 

フィーカのお供にアップルスイーツ♪

この時期になるとフィーカの時に無性に食べたくなるのが、アップルパイやリンゴケーキ、アップルロールパンなどなどです。


リンゴに関するレシピは様々ですが、まずはスウェーデンで一般的に食べられているアップルパイからご紹介します。

 

 

スウェーデン風アップルパイ

スウェーデンのパイは、綺麗な網目模様には、なっていません。

 

バターと小麦粉、グラニュー糖、オートミールを混ぜて、きちんとまとめず、ぽろぽろしたままの状態のものを、果物の上に乗せて、オーブンで焼いたものを言います。

 

食べるときは、バニラソースやホイップクリームと一緒に食べます。

 

 

作り方

1.

りんご5個~6個(大きさによります)を角切りにし、バターを溶かしたフライパンで柔らかくなるまで炒めます。

このとき、砂糖小さじ1~2も一緒に入れます。

 

2.

リンゴが柔らかくなったら、軽くシナモンパウダーをふり、味付けをします。

 

 

3.

小麦粉200ml、オートミール100ml(粉末ではなく、形がちゃんと残っているもの)、グラニュー糖100ml~150ml、冷たいままのバター130gをボールに入れて混ぜます。

 

4.

ぽろぽろした状態になったら、リンゴの上に乗せ、225℃に温めたオーブンで20分焼いて完成です。

 

オーブンによって熱回りに違いがありますので、途中で焦げないようにチェックをお忘れなく。

ご家庭のオーブンによって、焼き時間や温度は加減してください。

 

スウェーデン風アップルムース

スウェーデンではリンゴとグラニュー糖、水で作ったジャムのようなものを指します。

アップルムースを作るにあたってお勧めなのは、酸っぱいリンゴです。

 

朝食のグラノーラやミューズリーと一緒に食べたり、クリスマスのハムと一緒に食べたります。

 

 

作り方

1.

リンゴの皮を剥いて、1~2cm角ほどに切ります。

鍋に、水50mlとリンゴを入れて蓋をし、弱火で10分ほど煮込みます。

 

2.

10分ほど経ったら、形を潰すようにへらなどで混ぜます。

 

3.

リンゴの塊がなくなったら、弱火にかけながら、グラニュー糖を100ml~150ml入れます。

 

 

砂糖が溶けるまでまぜ、消毒した瓶やタッパーなどに入れて保存しましょう。

一部は冷凍庫で保存すると、長持ちします。 

 コラムニスト情報
Yukki
性別:女性  |   現在地:スウェーデン  |   職業:スウェーデン・北欧ガイド

スウェーデン在住のYukkiです!コラムLatteを通して、スウェーデンの生活の中で見つけた面白いことや、美味しいものをたくさん紹介していきたいと思います。よろしくお願いします☆
ブログFinfintにもスウェーデン生活をのせています。また、以前はSveriges torgというブログもやっていました。また、Google+も使っていますので、こちらもよろしくお願いします。
Finfint:http://finfint7.wordpress.com/
Sveriges torg: http://swezukan.blogspot.se/
Google+: https://plus.google.com/u/0/+ShioriY-in-sweden/posts/p/pub