理学療法士おすすめ!「呼吸の仕方」で風邪を防げるって知ってた?やり方を伝授 (2/2)

風邪を引かないためには、呼吸機能を高めるのが効果的!鍵盤ハーモニカで、子供も大人も病気を予防する方法を紹介!呼吸のやり方次第でカゼ対策が出来ちゃうのです。

執筆者: 西村 猛 職業:理学療法士/子どもと姿勢研究所代表/神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表
肺活量が増えていく

また吐き続けた後、次の音を出すために、できるだけ素早く、そして大きく空気を吸い込む必要がありますが、空気が完全に出て行った肺は、「陰圧」という状態になっています。

 

陰圧とは、風船の空気が全部抜けている状態とお考えください。

 

そこに早いスピードで空気が入ってくると、肺は大きく膨らみます。

風船でいうと、ペシャンコになっていた風船に、一気に空気を注入した状態をご想像ください。

 


空気を大きく吸い込むことで、肺は柔軟性が高まり、そして広がりやすくなります。
それを繰り返すことで肺は鍛えられ、その容量(肺活量)は増えていきます。

このように鍵盤ハーモニカは、呼吸機能の向上に、非常に効果的な楽器だといえます。
漠然と深呼吸の練習をするよりも、鍵盤ハーモニカで呼吸機能を向上させるほうが、子供さんも楽しみながら取り組むことができますね。

大人でも同様の効果が

鍵盤ハーモニカを吹くことは、発育中の子供はもちろんのこと、大人の方でも効果があります。
また、呼吸機能が高まると、次のような様々な副次的効果が得られます。

 

  • 便秘の解消
  • ストレス発散
  • 血圧が落ち着く
  • リラックス効果を得られることから寝付きが良くなる など

 

まとめ

風邪の季節、「風邪のウイルスに対抗する」手段として、呼吸機能を高めておくことも重要です。
呼吸機能を高めるのに有効なのは、深呼吸をすることです。


深呼吸は「吸うこと」よりも「吐き出すこと」のほうが重要で、なおかつ「ゆっくりと吐き出す」ことがポイントになります。
鍵盤ハーモニカは、息をゆっくり、長く吐き出すことにつながるので、子供さんが楽しみながら呼吸機能を高めることが出来ます。


大人でも同様の効果が期待できますので、鍵盤ハーモニカやハーモニカを、健康のために始めてみてはいかがでしょうか。

 
 コラムニスト情報
西村 猛
性別:男性  |   職業:理学療法士/子どもと姿勢研究所代表/神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表

■子どもと姿勢研究所代表。
子供の姿勢や体の発達の仕組みや取組方法について、医学的視点をもとに、どなたにも分かりやすくをモットーに情報発信しています。保育士さん向け情報も。姿勢や体作りに関する講師依頼もお受けしています。
http://kodomotoshisei.kokage.cc

■神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表
言葉や体の発達に不安があるお子さんとママさんのための相談室です。
言語聴覚士や理学療法士といった、国家資格を持つスタッフがお子さんの発達を評価し、必要に応じて個別レッスンをするスタイルの教室を運営しています。
http://yuzu-kobe.jp

■「ムズカシイ医療の話を分かりやすく伝える」がモットーです。
こちらのコラムでは姿勢や動作のプロとして、身体のこと、健康のこと、姿勢のことなどについて「そうだったんだ」、「それは知らなかった」などあなたの日常に役立てていただけるようなコラム記事を書いていきたいと思います。
あなたが「普通」と思っていたことが「実は少し違っていた!」というお話が、きっとそしてたくさん出てくると思います。

■業務における講師活動
・武庫川女子大学文学部心理・社会福祉学科「リハビリテーションと障害について」(平成22年~平成25年、27年 フィールドインストラクター講義)
・高齢者への健康教室、生活介護施設での介護方法などの指導、小学校における車いす啓発、その他。

■取材・出演依頼
・関西テレビ「ANCHOR」:けん玉が体に及ぼす効果について
・テレビ朝日「中居正広のミになる図書館」:ストレッチの効果について
・スポーツをする子どもを応援するフリーマガジン「Spody α」:「体幹はカラダの基本」ページ記事
・その他(雑誌などのライターさんからの取材等)

■日本うんこ学会所属

 

 健康・医療のコラム

 育児・子育てのコラム