コンビニ弁当は身体に悪い?危険?食品添加物の悪影響は真実か

今や、ほとんどの料理に食品添加物が含まれています。コンビニ弁当や総菜は身体に毒、発がん性がある、妊婦は絶対駄目など言われていますが、影響はどのくらいなのでしょうか?

執筆者: 鍋谷萌子
市販の惣菜やお弁当を食べていますか?

最近では「中食(なかしょく)」と呼ばれる形態が増えています。

中食とは、市販の惣菜やコンビニ弁当などの調理済み食品を、自宅で食べること。

 

「家庭での調理」と「外食」の真ん中に位置する中食ですが、これらに含まれている「食品添加物」について気にしたことがありますか?

 

今回は、このことについて考えていきましょう。

 

 

そもそも「食品添加物」とは何でしょう。
必ずしも悪ではない!

「食品添加物」は、食品を加工する際に添加するものを言います。

 

食品添加物は、体に悪いイメージを抱く人も多いかもしれませんね。

しかし、それは必ずしも正しい解釈とは言えません。

 

人工か天然かによる

食品添加物には、香料や発色剤といった人工的な物と、かん水(アルカリ塩水溶液)やにがり、ビタミンのような天然系の物があります。

 

天然系の物は、体に害があるとは考えにくいでしょう。

 

 

食品添加物のデメリット
味覚異常が起こる?

食品添加物を過剰摂取することにより、味覚異常が起きる可能性があると言われています。

特に、塩分が多く入っているものについては要注意です。

 

医師の中には「食品添加物は、舌にある味蕾(みらい)と言う、味覚を感じる器官に必要な亜鉛の吸収を妨げる」と指摘している人もいます。

 

発がん性物質を含む可能性も?

また「食品添加物には、発がん性物質が含んでいるものがある」と示唆する専門家もいます。

 

バランス良く食べれば問題なし
食品添加物を完全排除しなくても大丈夫

食品添加物には、確かにデメリットがあります。

インスタント食品や賞味期限が異様に長いものなどは、危険なものもあるかもしれません。

 

しかし、現在使われている食品添加物は、国に許可された種類のものです。

そのため、アレルギーのある人や、極端に大量に食べるようなケースではない限り、神経質に問題視する必要はないと考えるのが妥当でしょう。

 

そもそも、味付けに必要な塩なども食品添加物に含まれるため、完全な「食品添加物フリー」の食べ物は、加工食品においてはほぼないと言えます。

 

 

適度に摂取する分には大丈夫

食品添加物の有無に限らず、何かを食べ過ぎたり、何かを全く食べなかったりすること自体、体に良くありません。

添加物の加えられた加工食品も、このような考え方から逸脱しない限り、問題ないでしょう。

 

おわりに

多くの人が美味しいと感じる惣菜やコンビニ弁当を、時々楽しむのも良いでしょう。
ただ、味付けが濃かったり、似たような味わいであることも多々あります。


食品添加物がデメリットばかりではないとしても、やはり「家で作る料理」を基本にして、様々な味を感じるようにしましょう。

 
 コラムニスト情報
鍋谷萌子

フードコーディネーター・フードアナリスト・コムラードオブチーズの資格を持ち、200件を超える食事系記事を手掛けてきました。
「速い・安い・おいしい」の料理記事、お任せください。
また、美容関係の記事も4000記事以上、福祉・医療・健康の分野でも各500記事以上のライティング経験を誇ります。
IT・骨董品・不動産(建築)・葬儀にも明るく、さまざまな質問にお答えすることができます。


ブログ:【記事屋】猫の手も借りたい
http://nabemoe-witer2012.seesaa.net/

 

 グルメ・レストランのコラム

 生活のコラム

 健康・医療のコラム