喉や口内がチクチク…花粉症の人がアレルギーを起こしやすい食材まとめ

執筆者: 水谷俊江 職業:管理栄養士 ダイエットコーディネーター
はじめに

こんにちは、管理栄養士・ダイエットコーディネーターの水谷俊江です。

ある日突然、果物や生野菜を食べた後に「急に口がチクチクする。唇が腫れる。喉がイガイガする」という症状が現れたら、それはOASという症状かもしれません。

 

OAS(口腔アレルギー症候群)とは?

OASとは「oral allergy syndrome」の略で、口腔アレルギー症候群のことです。

 

OASは、花粉症の症状が出るようになった後、特定の果物や生の野菜を食べると、口の中がチクチク・ヒリヒリしたり、喉がいがらっぽくなったりし、咳や声がかれるなどの症状が現れます。

 

豆腐はOK、でも豆乳はNGという例も

豆腐ではアレルギー症状が出ないにもかかわらず、豆乳を飲んだ時には発病するという事例も確認されています。

 

原因は?

その原因は、特定の果物や野菜のタンパク質と、アレルギー反応を起こす花粉のタンパク質がよく似ており、花粉に反応する人は、これらの果物や野菜にも反応してしまうことがあるからです。

 

花粉症の人がアレルギーを起こしやすい食材

花粉症の人が、次の食材を食べた時にアレルギー症状が起こることがあります。

花粉の種類別に、気をつけるべき果物・野菜などをご紹介します。

 

 

カバノキ科 シラカバ
  • バラ科 りんご、桃、さくらんぼ、洋ナシ、スモモ、アンズ、イチゴ、梅、ビワ、アーモンド
  • セリ科 セロリ、人参、フェンネル、クミン、コリアンダー
  • ナス科  ジャガイモ、トマト
  • マタタビ科 キウイフルーツ
  • クルミ科 クルミ
  • その他 豆乳、ヘーゼルナッツ、ココナッツ、ブラジルナッツ、ピーナッツ

 

キク科 ブタクサ
  • ウリ科 メロン、スイカ、キュウリ、ズッキーニ
  • バショウ科 バナナ
  • バラ科 リンゴ

 

キク科 ヨモギ
  • セリ科 セロリ、人参、フェンネル、クミン、コリアンダー
  • ウリ科 メロン

 

イネ科 カモガヤなど
  • ナス科 ジャガイモ、トマト
  • ウリ科 メロン、スイカ
  • ミカン科 みかん

 

スギ科 スギ
  • ナス科 トマト


文献:Egger M.et.:Allergy61:461-476,2006

 

特にシラカバ花粉症の人は、ナッツに注意!

シラカバの花粉にアレルギーのある人は、果物や生の野菜だけでなく、豆乳やナッツ類で口腔アレルギーを起こすことが有ります。


 

野菜や果物の場合は、消化器官の消化酵素でタンパク質の構造が崩れ、アレルギー症状が出なくなるため、口や食道に限定された反応となります。

 

しかし、ナッツアレルギーの場合は、ニキビやかゆみを伴う皮膚炎や、アナフィラキシーまで進展する場合が報告されていますので、十分に注意が必要です。

 

おわりに

花粉症をお持ちで、口の中がチクチクイガイガするというような違和感を感じた方は、食事記録をつけてみてください。

 

口腔内やニキビを重症化させないために、有効な方法の一つです。

 
 コラムニスト情報
水谷俊江
性別:女性  |   職業:管理栄養士 ダイエットコーディネーター

2014年夏 ブラジルサンパウロから帰国しました。
サンバも踊る管理栄養士

 

 健康・医療のコラム